先日、久しぶりにJ SportsでRAWを観てみました。

5月くらいに観てみた時はもちろん無観客で、試合をする選手と実況解説陣しかいない、ちょっと寂しい印象がありましたが…



↑あれ?アクリル板の向こうに立っているのは、どう見ても観客ではなく選手の方々ですね(°▽°)

最近のWWEは、試合に出場しない選手を客席に見立てたエリアに配置しているようです。

彼らはマスク着用で、距離を取ったうえで応援したりブーイングしたりしていました。

なるほど、メディカルチェックを徹底した選手なら、試合に出場するだけでなくこういう形で番組に参加する事が出来るんですね。

声援が聴こえるだけで、雰囲気はかなり変わります。

特にヒールキャラの選手がやりやすそうでした(笑)



↑気になってWWE Shopをチェックしてみたところ、RAWなど番組のロゴや選手のデザインのマスクがいくつかありました。

アメリカから取り寄せる送料を考えると迷ってしまいますが、以前は考えられなかったグッズですから、かなりレアではありますねd(^-^)
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・放送大学の単位認定試験が前倒しに…
2020年07月02日  [Web全体に公開]
【閲覧中】WWEは選手が観客の代わりに応援しているんですね
2020年06月30日  [Web全体に公開]
・週末は久々レベルの筋肉痛に…(^_^;)
2020年06月29日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。