先週2日間に渡って行われた、WWEUKとNXTUKがとても面白かったです。

NXTのPPV「Takeover」を、何度かイギリスで行う事になったみたいですね。

その初回を拡大バージョンで2日間開催したのですから、盛り上がらないはずがありません!

2日目のNXTUKの初戦では、NXTのタッグ王座にWWEUKの選手が挑戦。

これがいきなり超盛り上がりました(≧∇≦)

初代WWEUK王者は、レッスルマニア前のクルーザー級トーナメントに参戦したほどの実力者です。

サイズは大きくありませんが、高いテクニックだけでなくパワーもあります。





↑スリーパーホールドをかけられながらも、何と王者組の二人を一気にジャーマンでぶん投げました(@_@)

会場の熱気が最大になったシーンです。

やっぱり、豪快な投げ技はウケますね。ジャーマン大好きな私も大満足でした(*^▽^*)

ちなみに初代WWEUK王者は、初日のタッグ戦ではジャイアントスイングで会場を沸かせていました。

イギリスのファンは、かなり「身内びいき」のようです。

大「UKコール」の中、挑戦者チームは見事にベルトを奪取しました!



↑新王者コンビは、客席に飛び込み大いに祝福を受けていました。

もちろん、NXTのアメリカ出身の選手も人気がありますが、対戦するとなるとUKの選手を応援してしまうみたいです。

イギリス出身であっても、マンチェスター出身の選手には温かい拍手、リバプール出身の選手にはブーイング…(^_^;)

急に歌い出したり、観客が思い思いにプロレスの試合を楽しんでいる感じでした。

もしかしたら、サッカーの応援に近いノリなのかもしれません(サッカー良く知りませんが…)

RAWなどの「USA!USA!」というコールはピンときませんが、WWEUKの「UK!UK!」コールには愛を感じて微笑ましかったですね(*^^*)
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】WWEUKは、独特のノリで面白いですd(^-^)
2018年07月03日  [Web全体に公開]
・キッドさんのTwitterにスペル師匠がご登場!?
2018年07月02日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。