現地で3月5日に行われるPPV 「ファストレーン」でクルーザー級王座をかけて戦う二人の公開調印式が、先週のRAWで行われました。

王者ネヴィル(PAC)、挑戦者ジャック・ギャラハーともイギリス人という事もあって…

英国ティータイム風の、一見和やかな雰囲気でしたが…

ネヴィルは挑戦者を「紳士ぶっているだけだ」と痛烈に批判。

「私は正真正銘の紳士だ!」と反論したギャラハーとの間に不穏な空気が…

最後は殴り合いになり、キレると危険なタイプのギャラハーが、不意打ちの頭突きで王者を撃退しました。

クルーザー級の中で最もエンターテイメント性が高く、会場人気も高い今回の挑戦者。

5Way戦で、初代王者のTJパーキンスを破ってチャンスをモノにした強者でもあります。

今回のPPVの王座戦は、レッスルマニアでの王座戦を占う非常に重要な一戦です。

一筋縄では行きそうもない相手に対して、ネヴィルがどう出るのか注目ですね。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・やっぱり花粉来てますよね⁉
2017年02月28日  [Web全体に公開]
【閲覧中】クルーザー級王座調印式(お茶会風:笑)
2017年02月27日  [Web全体に公開]
・連戦お疲れ様でした。次は大阪2Days…
2017年02月27日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。