スーパーラグビーはいよいよ今週末に開幕しますが、欧州では現在シックス・ネーションズと呼ばれる6カ国対抗戦の真っ最中です。



↑写真上左からアイルランド、スコットランド、ウェールズ、イングランド、フランス、イタリアの中心選手になります。



↑最近J Sportsで観ないな、と思っていたら、WOWWOWで放送していたんですね。

スカパー!でJ Sports4チャンネルフル契約をしているので、さらにWOWWOWに加入するのはちょっと難しいです…

でもNHKのサンデースポーツで、アイルランド対スコットランドの映像が少し観られて良かったです♪

両チームともW杯で日本と同じプールなので、話題にして頂いたのかもしれませんね。

アイルランドは隙のないとにかく強いチームですが、スコットランドは2015年のW杯で日本のベスト8進出を阻んだ相手です。

今回はアイルランドが勝利しましたが、果たしてW杯は如何に!?

実は、私が初めてラグビーの試合を観たのは2014年のシックス・ネーションズでした。

当時ラグビーの知識はほとんどなく、偶然J Sportsで目にしてその迫力に目が釘付けになりました。

スーパーへヴィー級のプロレスラーのようなフォワードの選手が何人も、ガチでぶつかり合っていましたからね、それは迫力満点ですよね(笑)

ホワイトのジャージ姿だった記憶があるので、イングランドの試合を観たのかもしれません。

だから、今でも欧州の強豪国の試合を観るとワクワクしてしまいます♪

9月に開幕するW杯はJ Sportsで全試合放送して頂けると思うので、今からとても楽しみですねd(^-^)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
鹿児島大会のカードをチェックしていませんでしたが、先ほど望月さんのブログを読ませて頂いてなるほど、と思ったところがありました。

先日のブログで望月さんが第0試合について触れていらっしゃいましたが、鹿児島大会では実に素晴らしい試合になったそうです。

何と、Kagetoraさんと箕浦選手の一戦でしたか!

なるほど、カードを拝見しただけで良い試合になるのは間違いないと思わせる好カードでしたねd(^-^)

出来れば会場で拝見してみたかったです。

箕浦選手の試合をまだ一度もこの目で拝見した事がないので、余計に観たかったですね~

例え試合時間が短くても、タッグとシングル戦は違いますから、箕浦選手の良さが存分に分かる一戦だったと思います。

Kagetoraさんという実力者相手に、望月さんを納得させる試合をこなされた箕浦選手は素晴らしいですね(*^^*)

ますます会場で試合を拝見したくなりました。

来月のメルパルク長野には行かれると思いますので、もし箕浦選手がカードに入られたらとても嬉しいです♪
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日の博多スターレーン大会は、開始時間が早めだったので生配信を観るのは難しいと思っていました。

それでも、スポーツクラブでバーベルレッスンとフリーウェイトトレーニング、ストレッチをすべて終えて、帰り際の18時近くにDGネットワークをチェックしてみました。



↑ちょうど、セミのスペシャル8人タッグの選手入場のタイミングでした。

先日の後楽園大会は無限大用の映像だったので、解説も入りカメラワークも見慣れたものでしたが…

DGネットワーク用の映像は、定点カメラになるんですね。

スマホの画面では選手の皆さんの姿がとても小さい上に、スポーツクラブの営業時間の関係もあってとても最後まで観られないので、結局途中で観るのを諦めました。

見逃し配信があるはずなので、改めてタブレット画面で観たいと思います。

せっかくのリーダーKzyさんのドリーム戦を、出来るだけ大きな画面でじっくり見届けたいですから(*^^*)

…だから、実は博多スターレーン大会は結果を全く知りません。

見逃し配信が始まったら、今夜にでも早速観たいと思いますd(^-^)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今日はスポーツクラブトレーニングの日です。

ラスト博多スターレーン大会なので、出来ればDGネットワーク生配信観戦をしたいのですが…

何と、生配信開始時間の15:45とバーベルレッスン開始時間が全く同じなので、どうしても途中までは観られません。



↑でも、もし可能であればセミのスペシャル8人タッグとメインのドリーム戦だけでも観たいですね。



↑もし観られなかったとしても、もちろんKzyさんを応援させて頂きます。頑張って下さい\(^o^)/
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先ほど、望月さんのブログを読ませて頂きました。

昨日の下関大会ではワタナベヒョウさんと箕浦選手の第0試合が行われ、それを観ていて思うところがおありだったそうです。

「特に若手同士の場合は、試合の決着がつかなくてももっとガンガン行け」…

「第0試合で初めてプロレスを観る人もいるんだから」…など、なるほどと思う内容でした。

個人的に第0試合は好きです。

実は、私が2013年3月8日にDGを長野の会場で観戦した時、DG初生観戦になった試合はススムさんと問題龍さんの第0試合だったんです(@_@)

今では考えられない事ですよね。

今までに一番印象的だった第0試合は、2015年11月5日メルパルク長野での堀口さんと石田さんの一戦でした。



↑まだデビューされて間もない石田さんが全力で堀口さんにぶつかっていかれた姿は、良いものを観たというお得感がありましたねd(^-^)

もちろんそれ以外の会場でも、若手の方中心にもっと観たいと思わせる第0試合をいくつも拝見しています。

望月さんが仰る通り、第0試合の意義は大いにあると思います。

5分間という短い時間の中では、試合の組み立てを考えるのは難しいかもしれません。

でもだからこそ、その中で持てる力を出し切られれば、密度の濃い一味違うプロレスを観せる事が出来ると思います。

私はこれからも、会場観戦でまだ拝見した事がない若手の皆さんの試合を、第0試合を含めてじっくりと観させて頂けるのを楽しみにしています(*^^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4790件中 16~20件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>