観戦されたんですね!昨年11月にビッグマッチを観ましたが、確かに相撲会場になるとかなり雰囲気が変わるでしょうね。

そういえば、確か名古屋場所は愛知県体育館で行われるんでしたよね?

相撲とDGが同じ会場を使っているなんて、何となく親近感が湧いてしまいそうです。

コラムの写真によると、吉野さんは結構前の方で観戦されたようですが…

私がビッグマッチでシングル戦を拝見した時のような感じだったかもしれませんね。迫力があったでしょうね。

良い刺激を受けられて、ますます気合いが入られたことでしょう♪

相撲の"心技体"の精神も、プロレスに通じるものがありそうです。

相撲ではなく、WWEを数年前に両国国技館で観戦したことがあるのですが…

実はDVDを購入してハガキで応募したら、マス席ペアチケットが当選してしまったんです!

向正面マス席独り占め状態で、凄く楽しめました♪メインにジェリコが出ていて最高でしたね。ジェリコ&シェイマス対ヨシ・タツ&ジョン・シナのカードでした。

当たり前のことですが、テレビのようなスイッチングが無いので、コーナーで待っている間もジェリコの姿をずっと見つめていられて、凄くハッピーでした♪

ジェリコは私にとって、プロレスの面白さを最初に教えてくれた選手だったりします。WWEでは、彼を超える選手は残念ながら現れてはいませんね。





↑その時両国で着ていたTシャツです。2010年のレッスルマニアでエッジに対して見事に世界王座を防衛した記念のデザインです♪

最近ほとんど観なくなってしまいましたが、この頃のSmack Downはとても面白かったですね。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
チェックさせて頂きました。お料理の話からプロレスのお話へ…なるほど、と感じ入るところがありましたので、ネタにさせて頂きます。

それにしても、コラムに紹介されていたラーメン屋さん、CIMAさんがそこまで絶賛されるお味を一度試してみたくなってしまいましたね♪

気持ちの籠ったお料理には、美味しいだけでなくその一歩先の味わいがある、という事なんですね。

そういえば先日観たテレビで番組で、料理研究家のコウケンテツさんがネパールに旅をして、お正月料理などを紹介していらっしゃいましたが…

コウケンテツさんは本当に美味しそうな顔をしていらして、作って下さった現地の方も皆さんニコニコで、観ているだけでこちらまで幸せな気持ちになってしまいました♪

美味しい料理を作ってたくさん食べて欲しいという、純粋なおもてなしの心も感じましたね。

そのような気持ちの籠ったお料理と言うのは、単に高級な食材を使っただけでは決して味わえないものなのかもしれません。

…そういうの、何となく分かる気がします。

プロレスに置き換えてみると、「気持ちの入った試合は人の魂を打つ」…本当にその通りだと私も思います。

「魂」という言葉は、素人の私には思い付きませんでした。「魂の入った試合」…なるほど、見事に表現されていると思います。さすがですね。

でも確かに、選手の方の「気持ち」「気合い」が伝わった、という言葉では表現しきれない、私自身が強く感情を揺さぶられるような試合を観せて頂くと…

本当に感動して、また何度でも観たくなってしまいます!まさに「魂を打たれた」という表現がぴったりですね。

魂を打つ試合がドラゴンゲートプロレスの肝…だからこんなにもはまってしまうのかと納得しました!

CIMAさん、ありがとうございました。これからも選手の皆さんの"魂"を感じ取れるような素晴らしい試合を観せて下さい♪
[Web全体に公開]
| この記事のURL
あったみたいですね。再配信はあるのかもしれませんが、録画みたいな事はきっと出来ないんでしょうね…。

さすがにずっとPC画面を観ている時間の余裕はありませんし、画面そのものを長時間観ているのも苦手なので、配信ではなく無限大を待つ派なのですが…

待ちきれなくて、結果を先に見てしまうと思います。でも、あくまで自分が見たいタイミングで確認します。

そうそう、配信と言えば、映像や音楽などが手軽に入手出来て便利だと思うのですが、実は余り得意ではありません。

特に音楽配信…実は、今だかつてSmack Downのテーマ1曲しか購入した事がありません。

流行の音楽も、よほどCMなどで流れない限り耳にする事がないので、ほとんど知らないに等しいです…(苦笑)

それに、何かのきっかけでこのバンドのアルバムが聴きたい!…と思ったらやはりCDを買いますね。

音楽は好きなので、曲そのものだけでなく、ジャケットやブックレットのデザインも含めて一つの作品として観ているところがあります。

何となく、配信で一時的に流行っても、じきに聴き捨てられてしまいそうな気がしてしまって、もったいない気がします。

好きなバンドの曲や好きな曲は、何年も聴き続けたいですから♪

CDそのものを購入する時は、ここ数年はAmazonで輸入版を買うことが多いですね。

国内盤は特典があったりすれば購入を考えますが、輸入版はアーティストのオリジナルに近いので、そちらの方が好きです。

時々"紙ジャケ"みたいなのがあって、プラケースよりかさばらないし、裏表全面アートのようなデザインのものもあるので素敵なんです♪

やっぱり、作り手の美意識や、作品に対する思い入れの強さが表れているものは"アート"として扱っていいと思いますね。

アートといえば、絵を観るのも基本的に好きなのですが、なかなか美術館に行く機会が無いですね…。

最近はもっぱらDG観戦がメインですから。あ、でも…プロレスもある意味未完のアートじゃないかな、なんて思うことがあります。

アートは、何回観ても、何年経っても飽きない普遍の魅力を持っていると思います。定番の必殺技なんて、まさにアートそのものかもしれませんね♪
[Web全体に公開]
| この記事のURL
やはり今回の目玉はスト市大先生だったようですね(笑)写真付きのレポート(ブログ)ありがとうございました。

いつでもどこでも、どんな試合でも決して外さない"スト市ワールド"を観せて頂けるのは、さすが大先生ですね♪

問題選手に対しては大ブーイングが起こったみたいですし…

若手だけを目立たせてなるものか、という先輩選手の皆さんの気合いが見えるようで、いいと思います。

全くの個人的意見ではありますが、問題龍は結構、どんなに負けてもへこたれないタフさを持っているような気がします。

それに、フラミータが突然大阪の会場に現れた時、他のMBメンバーは誰も我関せずだったのに、彼はたった一人で立ち向かいましたよね。

意外と勇気もありそうです。褒めすぎはいけませんが、彼の今後の動き次第で何か変化が起こるかもしれませんね。

Kzyが抜けた事が、彼にとってはプラスになっているのかも…。個人的にはKzyよりずっと良くなっていると思います。

その気になれば結構強いですし、皆さんが苦手とするマリアの事も恐れていないみたいですし…

彼に注目してみたら、ちょっと面白いかもしれませんね。問ちゃん、これからもそれなりに頑張って下さい(笑)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
最近、いろいろ考えていろいろ書いているうちに深夜帯になってしまうことが多くていけませんね…(苦笑)夕べ書ききれなかった分をようやく更新します。

それにしても、花粉の飛散量が半端じゃないみたいですね。全国の同じ悩みを持つ皆さん、この試練を何とか乗り越えましょう!

…選手の皆さんの中にも同胞の方がいらっしゃると思いますが、お察しします…。

気を取り直して、今日の神戸サンボーのカードをチェックしてみましょう。

第0試合は、先日も対戦したような気がするマリアと問題龍のシングル。

マリアは完全に嫌がっていますね。問ちゃんは"マリアキラー"になりつつあるのかも…。

マリア戦は積極的に観たいとは思いませんが(笑)この対決だけは何か興味がありますね。

第1試合…これは間違いなく"先生"が登場されますね。今後の展開がとても気になります。

それにしてもDGには、大先生、師匠、テクニックマスターといった畏れ多い方々が何人もいらっしゃいますが、最近登場された「了八先生」も素晴らしい方だと思います。先生の生き様を見せて下さい!

先日、会場でリンダマンさんとビッグさんのシングル戦を観ましたが、見た目や名前が変わられても、その試合のスタイルは基本的に変わっていない印象がありました。

「リンダマン」ってちょっと呼びにくいので、思わず「林コール」をしたい気持ちになりましたね。やっぱり、応援したくなるものを持っていらっしゃいますね。

今日はサイバーとの初シングルですが、以前と変わらぬ思い切りの良いファイトを観せて下さい!

ススムさんと神田さんの合体技「アクアライナー」も、土井さんとCIMAさんのタッグも気になりますね~!

そしてセミは、我らがMEと宿敵Diaの6人タッグ!吉野さん、鷹木さん、しゃちさん、見事な勝利でメインのブレイブ戦に勢いをつなげて下さいね。

ダイアの結束なんて言ってますが、私にはとてもそうは見えません…。本当に結束が強ければ、観ているだけで伝わりますので。

無限大の放送やコラム、ブログなどを拝見して、戸澤さんのブレイブ王座に懸ける強い想いはしっかりと受け止めました。

私はただ応援して見守ることしか出来ませんが、改めて、防衛を心から信じていますので頑張って下さい!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

71件中 11~15件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>