昨日の後楽園大会生配信は、第4試合から観る事が出来ました。

NATURAL VIBESの皆さんの試合を見逃さなくて良かったです♪

試合後には、再びススムさんがフラミータに渾身のスペイン語でメッセージを送られ、対するフラミータが丁寧な日本語で応えるというシーンが見られました。

数年前にフラミータに話しかける機会がありましたが、彼は結構日本語が分かるみたいで、感心したのを思い出しましたd(^-^)

後楽園大会では、何と言ってもメイン戦に一番注目していました。




↑初めて映像で拝見したアンソニー・W・森さんは、まさしく"王子様"のような方でした。








↑試合では、上品さを漂わせながらも激しい攻防を観せて下さって、森さんから目が離せませんでした。

引退されて10年という時間が経っても、きっと当時と同じような試合をしていらしたんだと思います。

菅原選手のお陰で、素晴らしいプロレスを観させて頂く事が出来ました。ありがとうございました。

試合後に森さんの言葉を聴きながら、またDGの会場に脚を運びたくなりましたね。

森さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました(*^^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先ほど今日の後楽園の全カードを確認しました。

何と、第2試合に新井健一郎さんが再びご登場(°▽°)

フジイさん、Gammaさんと共に、吉岡さん、ワタナベヒョウさん、箕浦選手の若手トリオと対決されるのはとても楽しみですねd(^-^)

もちろん、望月さんと奥田選手の一騎討ちにも大注目です。

第4試合はNATURAL VIBES対トライヴ、ブレイブ王座の前哨戦に当たりますが、ススムさんとKAI選手の攻防も観てみたいですね。

そして、何と言っても豪華なメイン戦!



↑アンソニー・W・森さんは、お写真くらいしか拝見した記憶がありません。

まともに試合を拝見出来るのは初めてなので、森さんのエレガントなプロレスに凄く期待しています(*^▽^*)



↑DGネットワーク生配信で観させて頂きます。

無限大は完全版の放送予定もあるそうなので、そちらも要チェックですね。

今日の後楽園大会もとても楽しみです(*^^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日はスポーツクラブの日でした。

バーベルレッスン中も、フリーウェイト中も結構暑かったです(^_^;)

特に、ベンチプレスをやっていると胸周辺が熱くなってくるので、気温が高いとダブルでホットに(笑)

そういう事情もあるのか、フリーウェイトコーナーは一番冷房が効いている気がします。

昨日はバーベルレッスン後だったので、ベンチプレスは余り無理をしませんでした。

日曜日に初めて27.5kg×10回×3セットに成功しましたが、8回×3セットにとどめておきました。

でも、続けて25kg×10回×3セットもこなせたので、合計6セットはなかなかの負荷だと思いますd(^-^)

さて、筋トレは無理をせずに楽しむスタイルではありますが、負荷を上げられるとちょっと欲も出てくるようです。

トレーニング後にはプロテインはもちろん、適度な糖質補給と疲労回復効果があると言われるクエン酸の摂取も心掛けようと考えています。

後は、普段の食事と睡眠を含む休息にももう少し気を配った方がいいかもしれませんね。

これからは暑い時期の体調管理も大切になってきますし、夏場にやつれないように気を付けます。

適度な運動と、適切な栄養補給、そして上手な休息のバランスがやっぱり大切だと思います。もっと知識を深めていきたいですね(*^^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
中2日のハイペースですが、今日もスポーツクラブに行く予定です。

バーベルレッスンやフリーウェイトそのものが楽しいのですが、実は毎回トレーニングコーデを考えるのがもう1つの楽しみだったりします♪

コーデと言っても、前回はタイツを合わせたから今度はハーフパンツにハイソックスにしようとか、色の組み合わせを変えてみようという程度のものです。

でも、普段いわゆる短パン的な格好で外は歩けませんから、十分気分転換になりますね。

先日、ネットで見つけて気に入った、レギンスというかタイツのようなものを2種類購入しました。

しかも、ブラックではなく薄めのカラーなので個性的だと思います。



↑さらに、アマゾンで見つけたフレアキュロットのブラックも購入してみました。

こちらもカラフルでいい感じです。

一枚では絶対にはけませんが、タイツを合わせれば大丈夫。

タイツ+ショートパンツより、こちらの組み合わせの方が好きかもしれませんd(^-^)

コーデの幅が広がったので、これからもトレーニングコーデを楽しみたいと思います。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
日曜日にスポーツクラブに行きましたが、イベント期間中だった事もあってさらに会員さんの人数が多く、フリーウェイトコーナーがなかなか空きませんでした。

しばらく待っていようと思って座ったところ、目の前にあったマガジンラックの、ある雑誌の表紙に目が止まりました。



↑そこには、新聞の広告を見て気になっていたNumber最新号が(@_@)

この棚橋選手の華やかなビジュアル、目に止まらないはずがありませんねd(^-^)

「やった、ラッキー♪」と手に取り、棚橋選手のインタビューをじっくり読ませて頂きました。

Numberはスポーツ系の一般誌ですから、ここで上位に選ばれるという事は大きな意味を持つと思います。

しかも、内藤選手の連覇を僅差で阻止しての1位返り咲きという事で、さすがだと思いました。

今までに大きなお怪我でたびたび休場を強いられてしまった事は、実は余り知りませんでした…

新日のエースとして、常に試合に出場しなければいけないという使命感との狭間で、棚橋選手は苦しまれた事も多かったのでしょうね。

2012年頃に、地元の会場で思いの外近くで棚橋選手の試合を拝見した事があります。

とても華やかで大きくて強くて、感動でテンションが上がってしまった事を今でも覚えています(*^^*)

プロレスファンになったのは、WWEがきっかけでした。

でも、いわゆる日本のプロレス界で最初に凄いと感じたのは、間違いなく棚橋選手です。

それから数年経った今でも、こうして新日の、そして日本のプロレス界のエースと言っても過言ではない存在感を放つ棚橋選手は、本当に素晴らしいですね。

インタビュー記事からは、プロレスの現状を変えたい、という強い想いを感じました。

「もっと感情を込めたドロドロしたプロレスを!」

最近主流の身体能力を活かした過激とも言えるスタイルに、違和感を感じていらっしゃるようですね。理解出来る部分があります。

今後の棚橋選手のさらなるご活躍に、私も注目させて頂きたいと思います。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5053件中 11~15件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>