昨日の神戸サンボー大会のエンディングで、吉野さんの重大発表がありました。

DGオフィシャルブログに吉野さんの言葉がそのまま書かれてあり、改めて内容を噛みしめました。

首のお怪我の影響とあれば、致し方のない事です。

これ以上ご無理を続けられるのは、ファンとしてはもっと心配ですので、吉野さんのご決断を全面的に支持させて頂きます。

首のお怪我の影響で引退されたプロレスラーとして、私の頭に真っ先に浮かぶのは元・WWEスーパースターのEDGE(エッジ)です。

私が初めてプロレスを観たのは、2009年に遡ります。

J Sportsで偶然WWEを観て、華やかでスケールの大きな世界観に釘付けになりました。

EDGEはその当時、押しも押されもせぬ超スーパースターの一人でした。

私が大好きなクリス・ジェリコのライバルとして、2010年のレッスルマニアではWWE王座戦を闘っています。

二人の過激なやり取りは、本当に面白くて大好きでした(*^^*)

ところが、その後しばらくしてEDGEが突然の引退表明…

それまでどんなに過激な事もいとわずに無理を続けてきた彼の身体は、既に悲鳴を上げていたようです。

このままリングに上がり続けたら、一生車椅子生活になってしまうだろうと医師に言われるほどの首の状態…選択の余地は無かったと思われます。

首の怪我は、損傷した頸椎の位置のわずかな違いでも回復の度合いが変わってきます。

仮に無事に「回復」出来たとしても、日常生活とプロレスの動きには大きな隔たりがあります。

吉野さんも大きなお怪我をされていますので、数年前からかなりご無理を重ねてこられた事は十分に想像が出来ます。

実は、内心吉野さんを心配していたところがありました。その不安が的中してしまった感じです。

吉野さんについては、ファンとして想うところがたくさんありますので、また改めて更新させて頂きます。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
2019年最終戦となる神戸サンボー大会を、DGネットワーク生配信で観戦させて頂きました。

先日の後楽園大会後から始まった「闘龍門世代」「ドラゴンゲート世代」「R.E.D」の三軍抗争は、今後も続いていきます。



↑第0試合に登場された、小舩選手(写真左)と亀井選手のデビューも楽しみですね♪

今年はなかなか会場観戦出来る機会がなく、3月の長野大会と6月の横須賀大会の観戦にとどまってしまいました…

来年の観戦予定は未定ですが、神戸サンボー大会を最後まで観ていて、出来るだけ多く会場に行きたいという気持ちになりましたね。

…それがファンとしてせめてもの「恩返し」というか、感謝の想いを伝える事になると思っています(*^^*)

年内最終戦本当にお疲れ様でした。来年も引き続き、ドラゴンゲートで楽しませて頂きたいと思います。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1