神戸ワールドでこのような形で王座戦が行われるとは、思ってもいませんでした。

1日で3勝しなければベルトが獲得出来ないというのは、実に過酷ですね…

王者チームが王者チームなので、正直王座戦そのものには余り関心がありませんでした…(苦笑)



でももちろん、私はジミーズのお三方を応援させて頂きます。

思わずススムさんのブログのお写真をお借りしてしまいましたが、堀口さんもススムさんも了さんもとても素敵ですね♪

トライアングル王座がワンデイトーナメント形式になった事で、全てのユニットが二つのベルトを保持する可能性が出てきた訳ですね。

ワールド後の展開を占う上で、ユニットにベルトがあるかどうかは、重要な要素になりそうです。

何よりも、まずは今日の神戸ワールド本番!

私は、特にツインゲート戦とブレイブ戦に大注目しています(^ー^)

具体的にはジミーズの皆さん、そして土井吉のお二人を応援させて頂きます。

皆さん頑張って下さい\(^o^)/
[Web全体に公開]
| この記事のURL
205LIVE前日のRAWのシングル戦で、左肩を痛めてしまわれた戸澤さん…



心配して試合を止めたオニールに対し、怒りが収まらないご様子でした。

アポロ・クルーズがオニールを擁護していたようですが、それでも戸澤さんは納得がいかない表情…

メインではRAWのリマッチが組まれ、戸澤さんは意気揚々と登場されました。



…包帯姿を拝見したのは初めてでした。お怪我の程度が心配でしたが…



レスリングの実力者らしい、対戦相手のデヴァリを挑発するポーズも見せて下さいました。



前半は戸澤さんのペースでしたが、途中からデヴァリが執拗に戸澤さんの左肩を狙い、かなり苦しんでいらっしゃいました。

でも最終的には、戸澤さんが逆転の勝利!

…勝利はもちろん嬉しいのですが…

あれほどお怪我のダメージがはっきり伝わってくると、やはり心配ですね…(ノ_・。)

お怪我が長引かないと良いのですが…

PPVよりも、次回RAWと205LIVEの展開の方がずっと気になってしまいます。
[Web全体に公開]
| この記事のURL



数日前に届いたメールはWWEからのものかと思ったら、何と差出人はWWE王者ジンダー・マハルでした(*_*)

これは、永久保存しなければいけませんね♪

現地で今日23日に行われるPPVでは、前回と同様に王者ジンダー・マハルと挑戦者ランディ・オートンの王座戦が行われます。

その形式は「パンジャブ・プリズン戦」…

実は私は、一度も観た事がありません。

インド出身のジンダー曰く、尊敬する先輩グレート・カリが以前行った形式でやる、という事でした。

カリは知っていますが、この形式はかなり久しぶりのはずです。

竹を組んで作られたプリズン、つまり監獄…

2重になった「檻」を二つとも越えて外に出ないと決着しないそうです。

写真を見ただけで、その異様さが伝わってきます。

王者がジンダーでなければ出来ない形式…ジンダーのための試合と言えるかもしれません。

彼はオートンからベルトを獲り、オートンから一度防衛しています。

まぐれで出来る事ではありません。

しかも観たことがない特殊な形式…この王座戦は実に楽しみですね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3件中 1~3件目を表示


1