神戸サンボー大会のカードの中でもかなり注目していた、スペル師匠と了さんのシングル戦!

ススムさんと師匠の一戦も素晴らしかったですが、了さんもさすがでしたね♪

了さんは最近髪を束ねて登場されていますが、試合の途中で必ずほどけてしまいますよね。

試合の激しさが伝わって来て、個人的にはニクい演出だな、と思います。多分ご本人はそのおつもりは無いと思いますが。

スペル師匠の執拗な首固め…観ているだけでもとても苦しそうでした…。

師匠のシングル戦は、いつ観てもその技術の高さ、試合運びの上手さに脱帽してしまいます。

お客さんの反応を見ていても、やはり試合そのもののレベルの高さはとても重要だな、と思いますね。

キャラの強さや演出だけに頼ったような試合は、じきに飽きてしまう気がします。

個人的に思うのは、特に若手はもっとハードワークが必要では無いかということです。

第1試合は、始めはカゲトラさんとの絡みがまあまあでしたが、全体的にリンダマンさんばかりが頑張っていらして、"T"はただ見ているだけ…

図体が大きくて目立つ分、彼は仕事を余りしていないように見えてしまうところが苦手です。

その点、堀口さんと神田さんに対抗したマリアとU-Tさんのコンビは良かったですね。

マリアは、バネを生かした身体能力の高さも見せてくれましたし…

ちょっとした工夫や動きの変化って、結構印象に残るんですよ。そういうディテールって大切だと個人的に思います。

そういえばEitaだけカードに入っていませんでしたが、プロモなど別の役割があったんでしょうか?怪我で欠場…という訳で無ければいいのですが…。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
まだ途中までしか観ていませんが、とりあえず感想的なものを書き始めてみたいと思います。

まずは、あっ、Kotokaさんのテーマはアレンジが変わったんですね~…な第0試合。

問題龍は先日のブレイブ挑戦を経てから、ちょっと真面目に試合をするようになってきてしまったみたいですね…(汗)

そういえば王座戦では、ムーンサルトみたいな飛び技まで使っていましたが…

この試合ではKotokaさんのミドルキックを何度も受けたりと、意外とタフな一面を見せていましたね。

終盤、多分高速ネックブリーカーらしき技で勝負を懸けたようですが、ちょっと分かりにくかったのでもう一度観ます…(苦笑)

1月に京都KBSでブレイブのトーナメント戦を観た時にも感じましたが、Kotokaさんは本当に強くなられましたよね。

まず、表情が以前と全く違います!もちろんコンディショニングなども順調でいらっしゃるとは思いますが…

フィジカル面だけでなく、メンタル面の充実が試合にも表れているのではないでしょうか?

Kotokaさん、凄くいいと思います。これからも大注目していますので頑張って下さい!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1