毎週水曜日にクルーザー級の番組「205LIVE」をライヴ配信で観てから、スポーツクラブに行くのがずっと定番になっていました。



↑ところが、ライヴ配信前日の火曜日にWWEからメールが来て「205LIVEは水曜日配信に変わります」と…

日本では木曜日に変わるという事です。

一応その時間にWWEネットワークを観てみましたが、全く別の番組をやっていました。

前日にWWEのメールに気付いていたからまだ良かったのですが、急に曜日が変わるなんて…

毎週水曜日の一番の楽しみでしたので、ちょっと淋しい思いでスポーツクラブに行きました。

毎週木曜日に変わっても、ライヴ配信にこだわらなければ観られるから良いのですが…

やはり、出来れば戸澤さんの試合をライヴ配信で確実に応援させて頂きたいですよね(T-T)



↑でも、先週のメインは応援させて頂く事が出来ましたし、見所として戸澤さんのお写真が使われていたので嬉しいです(≧∇≦)

ライヴ配信の予定が変わっても、もちろん毎週欠かさず205LIVEを観ます。クルーザー級が一番面白くて大好きですから♪
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先週から唐突に、クルーザー級の番組「205LIVE」のGMマヴェリック氏がRAWに登場しています。

…と言っても、クルーザー級の選手が試合に出場するのではなく…



↑何故かAOPという、若手らしきタッグチームのマネージャーをやっていますf(^_^;



↑クルーザー級の選手と並んでも小柄に見えるマヴェリック氏は、スーパーへヴィー級のAOPの二人に挟まれるとこんな感じです。

もしかしたら、ヴィジュアル的なインパクトを狙っているところもあるのかもしれません。

どうもAOPの二人に目をつけ、タッグチームとして成長させてタッグ王者に仕立てたいようです。

AOPの二人は結構傍若無人で、バックステージでスタッフに乱暴を働いていたところをタイタス・オニールにたしなめられた事があります。

彼らには教える事がたくさんあると、オニールはタイタス・ワールドワイドのメンバー入りをオファーしたものの、直接対決のタッグ戦で勝てなかった事もあって断られてしまいました。

そんな荒っぽい二人が、マヴェリックGMの言う事を黙って素直に聞いているのは驚きです。

先週の205LIVEでは、GMはその事に全く触れていませんでした。

2つの番組で兼任という事になるのでしょうか?

ちなみに、クルーザー級の中で最も自己中で狂暴なキャラのドリュー・グラークという選手が、シールドの3人のメンバーを集中攻撃する集団に加わって2週連続で暴れています。

これも一応、1月くらいに新GMに代わってからRAWの出場が無くなってしまった、クルーザー級の「復帰」という事になるのでしょうか?

近いうちにまた、RAWの中でクルーザー級の試合が行われるようになって欲しいです。

205LIVEはもちろん一番好きな番組ですが、RAWに出場するのは知名度を上げるこの上ないチャンスですし、何より楽しみが増えますからd(^-^)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先週金曜日のWWE大阪公演に満足しすぎたようです❤️

クルーザー級王座戦が入った事で、昨年くらいまで、RAWに必ず一試合クルーザー級が組み込まれていた時に戻ったようで、それもとても嬉しかったですね(*^▽^*)

戸澤さんの大ファンである私は、WWEファンである前にクルーザー級のファンですからd(^-^)

今だから言えますが、エディオンアリーナでは、205LIVEのロゴ入りTシャツを着ていました。

まさにクルーザー級LOVEです(///∇///)

今日は、午前中にクルーザー級の番組205LIVEをライヴ配信で観ました。

205LIVEの配信時間も、今年の春頃まで数ヶ月の間何の前触れもなく一時間、二時間と遅れて、スポーツクラブに行く前に観られない状態が続いていました。

気が付いたらライヴ配信時間が元通りの11時からに戻っていて、それ以来ずっとライヴで観ています♪

RAWと共同GM状態では無くなっているので難しいのかもしれませんが、出来ればまたRAWの放送枠の中でもクルーザー級ディビジョンの試合が観られるようになるといいですね。

そうなれば多分、すぐにRAWを観ると思います。

今は先に、録画しておいたラグビートップリーグのキャノン対東芝を観戦中です。

今日観た最新の205LIVEでは、大阪でも防衛を果たした王者セドリック・アレクサンダーがメインに登場しました。



↑するとTJPがマイクを持って登場し、突然王座挑戦をアピール。



↑GMが登場し、ノンタイトルのシングル戦が組まれました。

王座戦さながらの熱戦になりましたが、何とか王者が勝利。

クルーザー級では、次回PPVでの王座戦を巡る攻防がますます激しくなりそうです。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
サマースラムは現地で19日に行われます。2部構成のようになっていますが…

もちろん、クルーザー級王座戦も第1部の「キックオフショー」の中で行われます。



↑左の王者セドリック・アレクサンダーに対するは、右のドリュー・グラークという自称「サブミッション・スペシャリスト」の選手です。

ちなみに、サマースラムでどちらが勝っても、31日の大阪公演で戸澤さんを交えた3Wayの王座戦が行われます。楽しみですね(*^▽^*)

挑戦者グラークは結構厄介な選手で、昨年からずっと、自分がクルーザー級をより良くする!と主張し続けています。

自分が飛び技が出来ないので、クルーザー級らしいアクロバティックな人気者を排除して、自分が活躍しやすい場所に変えたいという自己中な魂胆が見え見えですね…(^_^;)



↑グラークは一匹狼かと思っていたら、何故か最近、左のブライアン・ケンドリックと右のジャック・ギャラハーの"師弟コンビ"とつるんで悪玉トリオみたいになっています。

目的を果たすには手段を選ばずなのかもしれません。

サマースラムの王座戦で、乱入が無ければいいのですが…

上のトリオは観客を盛り上げる事に関心がなく、ただ相手を痛め付けて勝てばそれでいい、という態度を取ります。

特に、次期挑戦者のグラークはその傾向が強いです(-_-#)

それでは全然面白くないので、アレクサンダーには必ず防衛して欲しいですね!

王者は適度に代わった方が刺激的だと思っているので、アレクサンダーの長期政権は余り望みませんが…

悪玉トリオの思うつぼだけは防がなければいけません。今からサマースラム後の展開がとても気になりますね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
DAZNの番宣などを早送りしながらRAWを観ているので、もしかしたら気付かずに飛ばしてしまった可能性もありますが…

今日のクルーザー級の配信番組「205LIVE」はカードが分からないので、とても気になります。

先週のメインは、久しぶりにブライアン・ケンドリックのシングル戦が観られてお得感がありましたね。





↑相手の痛め付け方といい、観せ方や試合展開がとても巧いと思います。

一度WWEを離れ、また必死に這い上がって来た選手はやはり違いますねd(^-^)



↑王者アレクサンダーは勝利したものの、次期挑戦者を含むケンドリックの仲間にさらに攻撃されてしまいました。



↑すぐにGMが登場して場を納め「王座挑戦権を剥奪されてもいいのか?」と毅然と対応されました。

荒っぽい選手もいますが、GMのお陰で余りエスカレートする事がないので安心して観ていられます。

やっぱり私は、WWEの中でクルーザー級が一番好きですね❤️
[Web全体に公開]
| この記事のURL

13件中 1~5件目を表示


1 2 3 >>