昨日スマホに通知が届いていました。

「Tozawa Akiraさんがタイタス・オニールさんのツイートをいいねしました」みたいな…

気になってチェックしてみると…



↑新たにRAWに参戦する数名の選手が、タイタス・ワールドワイドに加入したのでしょうか?

RAWをまだ観ていないので分からないのですが、もしかしたらゲストの方々なのかも…

少し前に女性の選手が加入し、秘書的なキャラになっていますが…

基本的にはオニールとアポロ・クルーズ(ウーハー)の二人がメインみたいになっている、タイタス・ワールドワイドが時々賑やかになるのは嬉しいです(≧∇≦)

彼らはとにかく明るいところが最高です♪

一緒にワールドワイドのポーズを決めたくなってしまうくらいです(*^▽^*)

戸澤さんはメンバーから外れた訳ではないので、そのうちまた絡まれる事があるかもしれません。

アメーバのゲームのメンバー同士でツイッターをやろう、みたいな話になって、登録だけしてみましたが…

せっかくなので、戸澤さんのツイッターをフォローさせて頂きました(^ー^)

facebookはツイッターから投稿していらっしゃるようなので、今後はツイッターをチェックさせて頂こうと思います❤️
[Web全体に公開]
| この記事のURL


↑こんな魅力的なメールを送ってこられたら、困ってしまいますよね?

レプリカタイトルベルトのセール…しかも写真がクルーザー級王座ベルト…

うーん、また欲しくなってしまいました~(≧∇≦)

WWEを観ていると、たまにレプリカベルトを肩にかけているファンがいます。

数万円する高級なものですが、アメリカ国内なら送料はそれほど問題にならないと思います。

でも、高額&重量のある品物を日本に送ってもらったら、送料+関税で相当かかります…

セールになっていたら、その分で充当出来る範囲ではありますが…

元々がお高いので、簡単には手が出ないですね…(^_^;)

レプリカベルトのセールは、数ヶ月前にもありました。だからまたあると思います♪

今すぐには難しいですが、いつか手に入れられたらいいですね。

腰に巻いたり、戸澤さんみたいに肩から斜め掛けしてみたいなあ❤️

クルーザー級王座のレプリカベルトは、私が一番欲しいものかもしれません(*^▽^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
現地で25日に行われるPPV、イリミネーション・チェンバーの出場者の最終枠を決める4Way戦は…



↑セス・ロリンズ(写真右端)がGMのカート・アングルに直談判し、会場がそれを望んだ事で急遽5Wayに変更されました。



↑レッスルマニアでのユニバーサル王座挑戦がかかる、チェンバー戦出場者決定戦は、ロリンズの参戦でさらに白熱した試合に…




↑我らがアポロ・クルーズ(ウーハー)は、ロリンズとの絡みが目立ちました。

ウーハー・コンビネーションと同じ形の技も決まりましたが…




↑さらに大技を狙ったところを、ブレイ・ワイアットに阻止され…

フィン・ベイラーとロリンズの二人が、ブレイとアポロの二人を一気に投げ飛ばしました。

結局、ブレイをベイラーとロリンズが同時にフォールし、3カウントが入ってしまいましたが…

どちらの勝利かはっきりしないまま、番組が終わってしまいました…(^_^;)

それにしても、アポロ・クルーズがRAWのメインで、チェンバー戦出場をかけてあれだけの試合を観せてくれたのは、感動しましたね~(*^▽^*)



↑彼なら、今後も必ずチャンスがあるはずです!

私はこれからも、アポロ・クルーズを全力で応援します\(^o^)/
[Web全体に公開]
| この記事のURL
夕べ最新のRAWをDAZNで観ました。

現地25日に行われるRAWのPPV「イリミネーション・チェンバー」のチェンバー戦に出場する、6名を決める予選が現在進行中です。

5人目を決める予選に、何と我らがアポロ・クルーズ(ウーハー)が出場!



↑対するは、インターコンチネンタル王者のミズ。大物相手になりますね(^ー^)

ちょっとずるい形で試合が決まってしまいましたが、クルーズはミズを相手になかなかの強さを観せてくれました(*^▽^*)

来週は、敗者復活のような形で4Way戦が行われます。

フィン・ベイラー、ブレイ・ワイアット、マット・ハーディーというそうそうたるメンバーに混じって、クルーズには是非ともチャンスをモノにして欲しいですね!

今回のチェンバー戦は、レッスルマニアでユニバーサル王座に挑戦する選手を決める試合です。

アポロ・クルーズが出場の可能性を残しているというのは、本当に素晴らしいと思います♪

戸澤さんがご出場されるクルーザー級16人トーナメントともども、チェンバー戦の行方からも目が離せませんね(*^^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
クルーザー級王座をかけて戦ったんですよね。

ロイヤルランブル直前に、ネヴィルがクルーザー級に電撃参戦して…

当時王者だったスワンを倒して、圧倒的な強さで長期政権を築き始めました。

…今年は現王者の直前解雇という異常事態により、ロイヤルランブルで王座戦が行われなかったのはとても残念です…

スワンは何度か、ネヴィルからベルトを取り戻そうとしましたが及ばず…

その展開の中で、スワンとネヴィルが以前師弟関係にあった事が紹介されました。

つまりは、DG時代のお話ですねd(^-^)

私が本格的にDGファンになって会場観戦を始めた頃には、ネヴィル(当時はPAC)は既に卒業していました。

一度だけPACの試合を会場で観ましたが、それは新日のSuper Jr.に参戦した時です。

450スプラッシュ(現レッド・アロー)での見事な勝利に目が釘付けでした(≧∇≦)

他団体の試合であっても、彼の試合をこの目で観る事が出来たのは本当にラッキーでしたね♪

スワンは、初観戦に行った時に会場で声をかけています。

クルーザー級を観ていて初めて、二人がDGで師弟関係にあった事を知りました。

アメリカ出身のスワンとイギリス出身のPACが、日本で特別な繋がりを持っていたなんて…

国境や文化、言語の違いなどを越えて伝わるプロレスの大きな魅力を感じずにはいられませんね(*^^*)



↑12月初め頃、4Way戦で勝ち残ったものの、何かの事情で次期挑戦者決定戦に出場出来なかったスワン…



↑さらに遡って、反則でベルトを奪われた直後、9月下旬のRAWと205LIVE以来全く登場していないネヴィル…

クルーザー級が本来の形に戻る事で、また二人がリングで合間見える日が来ると思います。とても待ち遠しいですね(*^▽^*)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

173件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>