私はキャンプによく行きますが、キャンプで大切にしていることがあります。

それは、不必要な物を持っていかない事です。

キャンプは「自然」を楽しむものですから、無駄な物を持っていくべきでは無いと私は考えます。

例えば、フォークやスプーンは持っていかず、箸だけで済ませるとかです。

こういう事を心掛けていると、普段いかに物を使っているかが分かり余計な物を買わない習慣が身について自分のためになります。

キャンプは仲間で行くのもいいですし、一人または家族で行くのも良いです。

キャンプ場でスマホの「ポケモンGo」をやれば普段目にしないポケモンに出会えて子供達は喜びます。

キャンプというものの醍醐味はまず「楽しむ」ことだと思います。だから、無駄な物を持っていかないという事は、「自分にとってときめかない物」を持っていかないという事になります。

もしかしたら、キャンプ場にパソコンを持っていって、電源コンセントの使える充電器でパソコンをやるというのも良いでしょう。

要はキャンプとは特別な体験をする場所なのです。

例えキャンプ場でパソコンをやるにしても、普段家でパソコンをするのとでは違った体験になるはずです。

キャンプでは食事も面白い素材になります。キャンプでの食事は不便なものです。

しかし、その不便なところを楽しむのもキャンプを楽しむコツです。

先ほども述べましたが、フォークやスプーンを使って食べるものをわざわざ箸で食べてみる。

そうすると新たな発見があって面白いものです。

焚火をするのもいいです、仲間で集まった時には焼き芋を焚火で焼いて食べる、なんと贅沢な時間なのでしょう。

そうしてキャンプを楽しむうちにそれが「思い出」になると思います。思い出は人生の中で重要なものです。ぜひ、楽しいキャンプで良い思い出を作って欲しいです。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・自転車に荷物をのせてキャンプへ
2016年08月07日  [Web全体に公開]
【閲覧中】不便なことが、キャンプの醍醐味です
2016年04月17日  [Web全体に公開]