私は自転車が大好きで、ロードレース用の自転車やマウンテンバイクなどによくのったものです。

あるとき、マウンテンバイクでキャンプに行きたいと思い立ちました。

マウンテンバイクの後ろにキャリーを付けて、専用のバッグをつけます。

キャンプに持っていける荷物はそのバッグに入る量のみです。

何を持っていくべきか、何を持っていかないべきか、とても悩みますが、この考えている時が一番ワクワクしてきます。

どこのキャンプ場に行こうか、自宅からマウンテンバイクで行ける距離にあるキャンプ場であることが大事です。

私は若い頃から自転車にのっていましたから1日100キロぐらいなら普通に走れます。

100キロ以内にあるキャンプ場をさがし、行く道のルートを決めます。

どのルートがいいだろうかを考えている時もとてもワクワクします。最短距離で行くべきか。でも間に山がはいるととても疲れるので、できるだけ平坦な道はないだろうか、などなど、いろんなことを考え、決め、いざ当日になりました。

当日は晴天でした。 とても気持ちのいい出発でした。
都会を離れ、マウンテンバイクで田舎道を走っている時の爽快感はたまりません。

すべてから解放された気分を味わえます。 そんな気持ちのいいままキャンプ場へ到着しました。

自転車という器具を使っているとはいえ、自分の足でこいできたことに違いはありません。

そんな自分の足で成し遂げた達成感を味わいながらキャンプ場で作った料理は絶品でした。ただのカレーでしたけど、私にとっては、それは今までで一番おいしいカレーでした。

そんなおいしいカレー食べて、素晴らしい夜景をみたあとは、もうぐっすりと眠りに落ちました。

私にとっては本当に素晴らしいキャンプ体験でした。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1