人は、大別するとインドア派とアウトドア派に分類できると思いますが、これまでの人生を振り返ってみると、完全にインドア派だった私。

わざわざ、夏の暑い日に屋外で食事をしたり、蚊の多い中で眠ったり。はたまた、冬の寒い日にキャンプファイヤーをしたり・・。

そんなの到底考えられませんでした。

それよりもお店や自宅でのんびりを過ごした方が、よっぽど有意義だと、そんな風に思っていた次第です。

ですが、先日、友人に半ば強引に連れていかれたキャンプで完全にアウトドアに目覚めました。なんなんですか、この爽快感。自然の中で食事をとるすばらしさ。

木々の香り、鳥のさえずり、風の吹く音、川のせせらぎ・・。いずれも心地よく、五感をこれでもかと刺激してくれます。

最近、仕事上でストレスや疲労が蓄積していましたが、そういったことを完全に払しょくしてくれました!ここに来るまでは、キャンプに行けば、余計に疲れがたまるし、とにかく行きたくなかったんですけどね。

まさか、キャンプに来て、心身ともにリフレッシュできるなんて・・。いやはやオドロキです。

ちなみに、友人は、アウトドアで使える簡易的な燻製器や、コーヒーメーカーを持ってきていたのですが、これらで作った食材、コーヒーは本当に美味しかったですし、なにより、自分たちで一から作るという体験が本当に楽しかったんですよね。

今までの私なら、コンビニやスーパーで出来上がったものを買ってきた方がいいじゃないか、とまあ、こんな風に思っていたはずです。

とにかく、今回のキャンプを通じて、価値観がかなり変わったように思います。

また、人間的に少し成長できたようにも思います。

インドアにはインドアの楽しみ方がありますが、アウトドアをバランスよく楽しんでいくことが、結局のところ一番健康的なような気がします。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1