夏といえばキャンプです。いつもは子育てを妻に任せきりですが、夏休みの旅行の予定は父である私がします。

夫婦ともにアウトドア派なので、春にアウトドア用品ショップにキャンプ用品などが並べられるとワクワクしてしまいます。

しかし、我が家では毎年お盆休みに1泊2日でキャンプ旅行をしているので、道具はほとんど揃っています。

しかし、ショップをのぞいてみると面白そうなアウトドアグッズに目を引かれついついいらないかもしれないグッズを買ってしまいます。

小学生の子供も大きくなってきたので、少し大きめの折りたたみ椅子がいるかななど、考えるだけで楽しいです。


目的地は長野県の白馬です。長野の北部にはたくさんのキャンプ場がありますが、どこも自然豊かで忙しい日常から離れられるので素晴らしく思います。


キャンプ場に着いて、受付を済ませると、空きスペースにテントを張ります。

早目の時間に来ているのでまだそんなに人はいませんが、ここのキャンプ場は予約なしのフリーサイトなので、夕方近くにはテントだらけになり、異様な光景になります。

しかし、仕事の関係上お盆休みしか予定をとれないためしかたありません。


子供とキャンプ場周辺を散策に行きます。まず気になるのはよそ様のテントです。

憧れのビックサイズのものから「初心者かな?」と思わせるような、パパさんのテント張りに苦戦してる様子など。

たまたま前回我が家で使用していたタイプと同じテントだったので、手伝ってあげたが、余計なお世話だったか、気になってしまう。せっかくパパの腕の見せどことだったかもしれないし。


そのころ子供たちはキャンプ場に併設されている公園で遊びまくってました。遊具も木でつくられたものなどあり、普段の公園と違い子供も楽しんでいます。


併設されている施設で遊んでいるとあっという間に夕飯の時間です。この時間はやはり胸躍ります。

あちらこちらでバーベキュー。けむりは夏のにおいだなと感じます。子供も妻も笑顔で今年も連れてきてよかったなーと実感しました。


今回うっかり虫よけを忘れてしまい、虫刺されで足が散々なことになってしまいましたが、次回は忘れずにしたいです。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1