道明寺司は僕の叔父にあたります。つまり僕は彼の甥です。僕がここに来たのは、あなたに叔父と会って欲しいからです」

答える言葉が見つからず、つくしはただ黙って話しを聞いていた。
玄関先でのこの話しは、いったいどこへと向かうのか。突然現れたあの人の甥と名乗る青年は、途切れることなく話を継いだ。

「突然現れた僕のこと疑ってますよね?僕が本当に椿の息子であるかどうか。・・でもあなたは簡単に人を信じると聞いてますからもう信じていますよね?・・それに僕は叔父に似てると言われることが多いんですよ?・・あなたもそう感じているのではないですか?HKUE 認可性

青年の言葉は、少し前まで感じていた思いを確かなものに変化させていた。
道明寺椿の息子であり、あの人の甥。確かに似ている。そして過剰な自意識とまでは言わないが、青年は自分が叔父に似ていることを自負していると感じられた。それにしても、息子ではなく甥だというのに、こんなにも似てくるものだろうか。少し微笑んだように見える顔は、やはりあの人に似ている。屈託のない笑顔で笑っていたあの人に。

ふとしたはずみで男女の身体が入れ替わる。
そんな映画がこの街を舞台に作られたことがあったが、青年の姿は時空を超え、若い頃のあの人が目の前に現れたように感じられた。見れば見るほどあの人に見えてくる。目の前の青年があの人であるような錯覚を覚えてしまう。そしてあの人の匂いまで感じられるようだHKUE 呃人


もう何年前になるだろうか。
当時高校生だったつくしは、道明寺司と恋におちた。
まるで奇跡のようだと言われた二人の恋。
きっかけは、友人が彼に理不尽な言いがかりをつけられたことだ。
その瞬間スイッチが入った。何のスイッチかといえばそれは正義感。相手が誰であろうと関係なかった。それが学園を牛耳る男だったとしても。


道明寺財閥の一人息子と世間一般によくある家庭に育った少女の恋。
立場が違い過ぎるのは、はじめから分かっていた。だが、気持ちを抑えることは出来なかった。二人の前には、多くの困難が待ち受けていることは、分かっていた。よくある話しだが、立場が違い過ぎることが二人の仲を裂く。そんなこともあったが二人はそれを乗り越えたielts 考試

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1