アップゾーンでギラギラと出番を待っていたのは米山裕太だったわけですよ。



" target="_blank">トレシー ボディヒーリングクロス " target="_blank">トレシー ボディヒーリングクロス


東レ
売り上げランキング : 15210

" target="_blank">Amazonで詳しく見る




「日本に何かが起こった」/世界バレー 日刊スポーツ



大きな大会で勝ち上がっていくためには、ラッキーボーイとかラッキーガールのような、その大会で輝きを見せるプレイヤーが出てくることが不可欠。

そういう選手はアップゾーンで「俺が出ていればこうやってやる」とギラギラと目を輝かせながら出番を待っている。

バレーの神様はこういう選手が大好き。



そしてちびっ子レフトがギラギラしていると、私が憑依する。

実況でちびっ子レフトエースのメンタリティが爆発した。







日頃、全日本男子実況をやる時には、「まずは俺」などツーを繰り出す阿部裕太をいじりながらやっているものだから、「俺に持って来い」と始めた時に「俺」が誰だかわからなくなったようで、ちょっとタイムラインを混乱させてしまったようです。

応援しているチームにチビっ子レフトエースがいて、チームが負けそうになったりすると、「俺に持って来い!」って始めたりすることがたまにあります。

たとえ女子の試合でも。



それをたまたま見かけたお知り合いの方、そんな時は「レフトに集めろ!」と、全力でフォローしてください。

たぶんそういう時は、『エース』にバレーの神様が降りかけている場面ですので、みんなで乗っかっちゃうとバレーの神様が面白がるので大逆転劇が見られるはずです。

エースとはキチガイ稼業。そしてバレーの神様はバレー馬鹿が大好き。





少し気になっていた石島雄介

私、ついっとの最初のほうでつぶやいていますが、この世界選手権一次ラウンド1・2戦やインタビュー映像などを見ていて、ゴッツが内側を向いていることが気になりだしたのですよね。

イラン戦敗戦の後に『気持ちの問題』を口にしたゴッツ。



きちんとモチベーションが高まって、コンディショニングを整えて大会に入ることができたプレイヤーは、もっとこう「みんなでぶつかっていけばなんとかなる」というお気楽さに「あとは俺がなんとかする」という自尊心が溢れてきたりして、それが伝わってきたりするものです。

自分のコンディション的に何かあるのか、チームの中に自分が前に出られない何かの要素があるのか、そういったことはわからないけれども、エースがエースとして『オラオラ』を出せない雰囲気を感じ始めた。

何かこう、『自分はやるべきことをやっているから悪くない』と、自分を守りに入っている感じ。



センター・ライトで賑やかして勝てる相手だったら、エースはレセプションに集中していればいいのよ。

『清水が大活躍!』なんてのがそういう試合。

レセプションに入らないプレイヤーは1セットに30点取っても所詮『ポイントゲッター』。

『エース』ってのは目立たない部分でチームを背負っているからこそ、勝負どころでバレーボールの神様が降りてくるポジション。

全体のために黙々とレセプションをしていたり、スタメンではなくても常にチームが前に進むことだけを考えていたり。

『いざとなったら俺が』そう思いながら目立たないことをきちんとやっているからこそ、いざという時にバレーの神様が降りてくる。

それが『エース』。



スタッツは見ていないけれども、ゴッツはとりあえず1・2戦では、コートから下げられない程度にきちんと個人の数字はまとめてきていたのではないでしょうか。

負け試合でも個人でやるべき事はきちんとできているという数字で、『スパイクが明らかに弱気』とか『効果率が低い』とか『スパイクミスが多い』などのメンバーチェンジする決定的な要素が見えてこない状況。

何か問題を抱えているのだとしても、数字をまとめるところまで持ってきているのであれば、それはそれで立派なこと。



でも、センターやライトのプレイヤーなら自分の責任範囲をまとめればそれでよいのでしょうが、エースの出番は試合が苦しくなってきてから。

無難にまとめる『だけ』ではプレイヤーにはバレーの神様は降りてきません。

ゴッツは荻野がいた時代に、その背中をじっと見つめ続けてきたプレイヤーなのだから、もっとチームを背負わせてしまっても良いと思うのですよね。

植田監督は何かと福澤・清水の名前を出しすぎ。

まぁこれは同じVTRを何度も見せられていて、そういう刷り込みをされてしまっているだけかもしれないけれども。



チームの中で自己の存在証明をしなくてはいけない立場の選手の場合は、放っておいても自覚があればギラギラしてくる。

難しいのはそこである程度立場を確立してしまった選手。



根っからのバレー馬鹿だと、そこでも相変わらず突っ走っていくのでしょうが、なかなか今時そういう破滅型芸人的なキャラクターはいない。

いれば『突破者』として君臨して、こんなに試合のたびに苦しまなくても済んでいる。



越川の役回りはスター。魚顔だけど。

自分でルートを切り開いて我が道を行くイメージを持っているけれども、それだけに『背負う』のはちょっと違う気がする。

ぐゎっ!と来るものはこれまで試合で何度も見せてもらっているので、自由にさせながら、チームとリンクをした時にガツンとやってくれればいい。



やはりゴッツ。

実際はどうだかわからないけれども、清水・福澤中心と聞かされ続けて、立ち位置に迷ってしまっているのではないかな。

ゴッツの繊細さというかナイーブさというのは、ブラジルに行っていた頃の映像などでよく感じるところだけれども、まぁ『男子三日会わざれば刮目して見よ』なんて言うし『立場が人を作る』なんてことも言う。



もうゴッツをチームの真ん中に据えちゃっていいと思うのですよね。

ホンモノ…というか真性ならば、肩書きとかはむしろ邪魔になるのだけれども、この大会でこのまま終わってしまうならば『「エース」の自覚を持たせるために「キャプテン」』という肩書きを与える必要が出てくるのかもしれない。

肩書きを与える必要がある『エース』っていうのは二流なんだけどもね。



" target="_blank">エースの品格 一流と二流の違いとは (Clickシリーズ) " target="_blank">エースの品格 一流と二流の違いとは (Clickシリーズ)
野村 克也

小学館
売り上げランキング : 88775
おすすめ平均 : 5つ星のうち4.0

" target="_blank">Amazonで詳しく見る




チーム作りってのは難しいね。



でもなんとか二次ラウンドに進出した全日本男子。

ようやくラッキーボーイも出てきたし、これから試合を積み重ねていけば、越川がスターらしさを発揮する試合も出てくるだろうし、D作がギラギラする試合もあるかもしれない。



本番だからね。

守りに入らないで、やれそうなことを全部やらかして見せて欲しいものです。


[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・天皇皇后杯関東ブロック予選 天皇杯篇
2010年10月25日  [Web全体に公開]
【閲覧中】世界選手権(≒世界バレー) エジプト戦 全日本男子 首の皮一枚で二次ラウンド進出決定
2010年09月29日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。