バボチャンネルやトリノ国際大会を面白がっているうちに、 " target="_blank">少女ファイト(7)がすでに発売されています。

いや、トリノ国際大会はあまり面白い使い方ではなかった。

大会の意味としては、結果が出なければ真鍋監督は退陣するべきだと、ローカル国際大会にも関わらず叫び続けているあの男を黙らせる効果が期待できることくらいかな。



" target="_blank">少女ファイト(7) (イブニングKCDX)
" target="_blank">少女ファイト(7) (イブニングKCDX)日本橋 ヨヲコ

おすすめ平均5つ星のうち5.0
5つ星のうち5.0特に『深かった」話と話をつなぐスケッチ
5つ星のうち5.0この挑発的な鏡子先輩の表紙はたまらんな


" target="_blank">Amazonで詳しく見る




" target="_blank">少女ファイト(7)特装版はこちら。

ついったーで日本橋ヨヲコさんが特装版に『少年ファイト』が載っていると書いていたのを読んでいたにもかかわらず、ついつい通常版を予約しちゃいました。

『少年ファイト』どんなんなんでしょ。面白いのかな?



" target="_blank">少女ファイト(7)特装版
" target="_blank">少女ファイト(7)特装版日本橋 ヨヲコ

おすすめ平均5つ星のうち4.5
5つ星のうち4.0カラーイラストが良い。
5つ星のうち5.0最高!
5つ星のうち5.0特装版特典は「少年ファイト」です


" target="_blank">Amazonで詳しく見る




まず最初の楽しみである目次。今回は童話のタイトルシリーズです。



今回の時期は大石練目線で言うと、高校1年の秋。学園祭から新人戦にかけてです。

主役は表紙になっている理事長の娘で女子バレー部2年キャプテンの犬神鏡子。

なぜ練たちが入学してきた時、2年生がわずか3人しかいなかったのか。

男子バレー部3年キャプテンの千石との関係などがクロスしながら明らかになっていきます。





クライマックスをご一緒に



鏡子の母である理事長が練に取引を持ちかけることで、練がグダグダするかな…と思ったところが、この学校に来てからの練の成長ぶりは半端ではなかった。



練が一人でサーブ練習をしている。

コートのエンドラインに空き缶を並べて、それをジャンプサーブで順番に倒していく。

私もエンドラインに正確にサーブを打ち込んだものだけれども、それはストレートの直線距離18メートル限定で、横に並べた缶を次々と倒していくとなると誤差は大きくなっていく。

スゲーと思って読んで行くと、同じようにスゲーと思ってその練習を見ていた千石が現れる。

そこで千石と練の会話。



雲海「俺さ、一流のアスリートって芸人に近いと思うんだよな」「その点で鏡子のことは一目置いてる」

雲海「だから大石も相手を活かすようにいじってやってくれよ」「でないとコートの上は孤独すぎて寒くてたまらん」




団体競技というのは「いつも仲間に囲まれているから楽しい」なんていう単純なものではない。

バレーボールっていうのはボールを繋ぐためにチームの意思を合わせなくてはいけない。それゆえに各個人の考え方だとか感情だとかがむき出しになってくる。

いや、むき出しにしたところでぶつけあえなければ、チームは本物のチームにはなっていかない。



目標を高く持って、バレーボールに熱くなればなるほど、やりたいバレーボールのイメージが膨らめば膨らむほど、そのプレイヤーがむき出しにする部分は大きくなっていく。

このむき出しにしている部分が拾われないと、チームが人の集団によって構成されているからこそ、孤独感で凍えそうになる。

本気でバレーボールに取り組んだ人ならば、ごく一部の恵まれた環境の人以外は必ず通る孤独感。



ここで練の回想。私の贔屓目の小田切のセリフ。

小田切「どうにもならない他人の気持ちはあきらめて、どうにかなる自分の気持ちだけ変えませんか」

これで練が吹っ切れた。

実際のところは本編を読んでのお楽しみということで。





今回の名セリフ



言葉が突き刺さってくることで有名な『少女ファイト』ですが、今回はあまり突き刺さってこなかったなぁ。

一応、帯に取り上げられたセリフ。

「みんな幸せになって、私のことなんか忘れてくれないと困るんだ」



ちなみに今回一番笑いのツボに刺さったセリフはこれ。

三國「ありがとう伊丹さん。君は本当に頼りになる女友達だ!」

内容は読んでみてね。





バレー馬鹿的に見てどうか



この夏休み明けから新人戦までの期間というのは、コンディショニング的に最も悩んだ覚えがあります。

夏休みの練習では、徹底的に自分を追い込む関係から、だいたい夏休み明けは血のおしっこが出るような状態になります。

蒸し暑い真夏の体育館にいて運動をしていてもほとんど汗をかかないので病院に行ったら、自律神経失調症と診断されたこともあります。



新人戦までの2ヶ月弱の間で、この蓄積疲労をしっかりと抜き、大会にピークを持っていくにはどうしたらいいか。

夏に鍛えた基礎力をベースに、応用力を増やしたい時期です。

しかし蓄積疲労をいったん抜かなければ、質の良い集中力の高い練習はできない。

そして新人戦のピーキングのために、もう一度血のおしっこレベルまでに落とし込みたい時期が、ちょうど試験期間とかぶっている。

さて、どうする?

こんな悩みが盛り込まれたら、作品にリアリティが増すなぁ…と思いながら読みました。





技術面の話では、小田切がライバル校の隆子に、次のステップのための教えを請う場面があります。

隆子は「フェイント」を小田切に教えます。

小田切はセッターなので、ツーアタックをする際のフェイントと、トスフェイントを解説。

当然、「自分に優しい」「逃げ」のフェイントには効果が無いことは釘を刺されます。



ただ、このシーンは、小田切が隆子の氷の部分を徐々に溶かしていくであろう、今後につながるエピソードのひとつとして印象に残る。



作品ではジャンプトスが前提のトスフェイントについてのみ触れていますが、実際にはジャンプトスをしない場面でのトスフェイントというものもあります。

読者の中でプレイヤーの人は、この低い位置からのトスフェイントに関してはVチャレンジリーグ健祥会レッドハーツのセッター萩生田弘美を見ながら研究してみよう。

ゲラゲラ笑いながら研究できるぞ。







" alt="少女ファイト(7) (イブニングKCDX)"> " alt="少女ファイト(7)特装版">
[Web全体に公開]
| この記事のURL
" target="_blank">アロハロ ! 2 松浦亜弥DVD
" target="_blank">アロハロ ! 2 松浦亜弥DVD松浦亜弥

おすすめ平均5つ星のうち5.0
5つ星のうち5.0すばらしい!
5つ星のうち5.0巨乳
5つ星のうち5.0ナイスボディー☆
5つ星のうち5.0ピュッ!ピュッ!!
5つ星のうち5.0あやや、いい体してるわ。


" target="_blank">Amazonで詳しく見る




イタリア戦、セッター松浦で戦う全日本女子フルメンバーというのを見ておきたかったな。







相手が1軍半とか2軍とかっていう発言も出ていますが、やはり強くなるチームは力試しの大会で新戦力をきちんと試して課題を持たせ、本番に向けて徐々に戻ってくるベテランと競わせて戦力を充実させていくのです。

日本の場合も、オリンピックメンバーが休養を終えてチームに合流し、このトリノ国際大会ではそのコンディションチェックという意味合いが強かった。

でもね、試合内容を見ると、それは2試合で充分だったのではないかな?



モントルーでの戦いで松浦寛子に一応の合格点を出した真鍋監督。

その後のブラジル遠征を経て、松浦もいくつかの課題を持って2ヶ月間過ごしてきたことでしょう。

その成果を確認したいところまでいかなかったのかな。



ワールドグランプリで「予選を突破してメダルに挑戦したい」と言っている真鍋監督。

トリノで1試合どころか1セットも松浦をメインセッターで試さなかったことで、ワールドグランプリでの起用はますます難しくなった気がする。



今年のワールドグランプリのフジテレビと違って、秋の世界選手権ではTBSから「メダルメダル」と煽られることでしょう。

今期の全日本女子の成功ラインを、私は「超小型セッターから脱却して、世界選手権で二次予選突破」と設定しているのですが、トリノをセッター竹下で全て戦ってしまったことでかなり難しくなってきました。

今こそシフトのタイミングなのだが。



3日間のついったーのタイムラインを見ると、松浦投入への期待の高さがよくわかると思います。

少し先の未来の形をイメージすると、やはり松浦だと思うのだよなぁ。

あ、全日本でセットする様子を見ていない冨永こよみはちょっと横に置いて書いています。



次は8月6日(金)から8日(日)まで行われる、ワールドグランプリ2010 予選ラウンド第1週 サンカルロス(ブラジル)大会。

対戦相手はブラジル・イタリア・チャイニーズタイペイ。



トリノでは竹下のためのブロックチェンジのように、竹下ありきで考えているコート内での「約束事」というのはやっていなかったので、松浦投入にわずかな期待をするのならば、こうしたベーシックなシステムを守っていることぐらいか。

予選ラウンド9戦中、チャイニーズタイペイ戦2戦は竹下で、残り7戦は全敗してもいいから松浦で、ってわけにはいかないだろうか。

ワールドグランプリは「メダルに挑戦したい」なんて言ったところで単純に期待してしまうような一般視聴者が中継を見てくれるような放送時間帯では放映されないのだから、メインターゲット層をきちんと想定したバレーボールをやってほしい。

それが顧客満足度につながっていく。



柳本時代よりは改善されているとはいえ、やはり大会の位置付けとか試合の使い方がまずいんだよなぁ。

もしワールドグランプリでも竹下メインだったら、誰か真鍋監督に「竹下を主戦セッターに置くことで、どのような未来図を描いているのか」とインタビューしておくれ。







[Web全体に公開]
| この記事のURL
柳本製菓って…



トリノ国際大会の全日本女子の試合を見ながら、日立リヴァーレの石田小枝の話。

そうこうしているうちに試合終了。

だって試合より小枝ちゃんの話のほうが面白かったんだもん。

こういうのもバレーネット実況の楽しみのひとつ。

第2セット終盤の選手交替攻勢以外、面白くないところが最大の問題。







大会前に佐野優子もオーバーでの二段トスの練習を相当積んでいたようだけれども、序盤の「わかりやすいミス」がきっかけで、結局「意識上のミス」を続けることになったのでした。

意識ある「わかりやすいミス」は、失点したってチームには悪影響を及ぼさないんだよ。

そのあたりが理解できない限り、永久に今と変わらない。







さて、今晩は深夜〜早朝にかけての配信。ざれごとさん、今晩もお世話になります。

真鍋監督、イタリア戦は松浦で行こうよ。





[Web全体に公開]
| この記事のURL




毎年夏の全日本女子の力試し。ワールドグランプリの前哨戦であるトリノ国際大会が始まりました。

チームを離れてそれぞれ別行動を取っていた全日本のベテラン陣も7月からチームに合流。

ワールドグランプリに向けた調整を行っています。

以上がこの大会の位置付け。誰も書かないから私が書きます。



モントルーに引き続き、ざれごとさんのネット配信で初戦のオランダ戦を見ました。



このオランダ戦は、合流メンバーの調整をメインに考えているようで、セッターは竹下佳江。リベロは佐野優子。レフトの1枚が木村沙織。

荒木絵里香は途中でリリーフ・ブロッカーとしての起用がありました。

足を怪我したという話をどこかで目にしたのですが、ワンポイント起用の範囲なら特に心配はなさそう。







それにしてもついっとしているみなさま。「世界一」とメディアが冠をつけてしまうこれまでの絶対固定スタメンプレイヤーのプレイにはチェックが厳しいですね。

そういうイメージ操作が大好きなメディアの気質とか、でも実際はバレーボールの大切な部分をメディアが理解してくれていないこととか、問題点を指摘してもその選手個人ファンが理解できないこととか、選手本人が理解できないこととかで、フラストレーションが溜っていることがよくわかります。



このオランダ戦は、佐野のアンダーによる二段トスから、セットのためにセンター付近にいた竹下が二段スパイクを1枚ブロック相手にしっかり打ったので、竹下は許します。

竹下、ブロッカーとの身長差が30センチあっても、ブロック1枚ならスパイク決めようがあっただろ。



本職のアタッカーならこれが2枚でもなんとかなるんだ。しかも小型アタッカーでもブロッカーとの身長差は20センチ無い。

ドミニカ戦ではそのへんを理解した上で、速い攻撃を組み立てる状況ではない時に、小型アタッカーを生かすことができたら合格点だな。

第3セットでは迫田の調子が上がってきていたけれども、きちんと空中での時間を作ってあげればうまくいく。

これはJTでの石川友紀の使い方も一緒の問題。



ライト山口へのトスは、軌道が悪かったなぁ。

結局「はやさ」を勘違いした「低くて遅い」トスになっていた。

あと、山本・井上の両センターは、あとボール1個分高いところでスパイクできる。

窮屈そうなブロードで、2枚ブロックがくるところを二人ともよく捌いていた。





しかし佐野は二段トスを上げる前に、アタッカーの準備状況をなんとなくでも把握していないのか?

コートの中でチームメイトのお互いの位置関係を感じながらプレイをするのは基本だろうに。

なぜ竹下に二段トスを上げる?

しかもその直後、相手レフトに二段トスを上げるし。



リベロなら、こうした他の選手との位置感覚を元にして、ブロックディフェンスとフロアディフェンスの統制も取らなくてはいけないのだけれども、基本がなっていないからその域までいくのは難しいだろうな。






[Web全体に公開]
| この記事のURL
バボチャンネル/フジテレビONE 2010年7月22日放送分

第102回

出演:中田久美・竹下陽平(フジテレビアナウンサー)



Ⅰ 全日本女子ワールドグランプリ直前レポート他

Ⅱ 全日本男子芦別合宿

Ⅲ 堺ブレイザーズトライアウト

Ⅳ 中田久美の思い出のシーン:1983年アジア選手権 日本対中国戦












1983年アジア選手権 日本対中国戦の映像を見て

平成に入ってバレーボールを見るようになった人は「なんだ。アジア選手権か」なんて言うかもしれませんが、当時のアジア選手権はオリンピック予選も兼ねておりました。

そして中国と言えば1980年モスクワオリンピックには不参加だったものの、1982年には世界選手権で頂点に立ち、1984年のロサンゼルスオリンピックでも金メダルを取るバリバリの時代。

そう、朗平バリバリの時代です。朗平といえばアメリカ女子のヘッドコーチを北京オリンピックまで務めていたので、平成に入ってからのバレーボールファンもご存知でしょう。



「日本の永遠のライバルはソ連だ」って私は譲りませんが、「日本のアジアのライバルは中国」って言うならばそれは認めます。

ただ「韓国は永遠のライバル」というのは絶対に認めません。

これまでバレーボールにおいて「韓国がライバル」と口にしてしまったバレー関係者は、全員頭を丸めて蟄居しちゃえばいいのに。

低い意識をこれ以上撒き散らすな。



この試合の映像がとにかく見ていて面白かったのですよね。

中田久美の天才ぶりって、とにかくその長身(176だったかな)とジャンプトスに現れていた。



技術として驚嘆したのは、チャンスボールやサーブレシーブのボールのパスの質。

当時は今よりサーブの重要度が認知されていなかった事や、良い場面をピックアップした映像だったということもあるでしょうが、それゆえにセッターに入るボールの質が男子バレー目線で見ても素晴らしくコントロールされたものだったことがよくわかった。



「よいトスとはボールが頂点を越えた後の垂直落下率が高くなるトス」ということは、ちっとも認知されていないけれども当ブログではかなり繰り返し繰り返し書いています。

これはあらゆるパスにも言えて、セッター目線で言うと、真っ直ぐに伸びてきたボールが近くに来るとスッと手元に入ってくる感覚。



セッターでなくてもパスが上手な選手というのはパス練習からはっきりとわかるものです。



私の高校時代のパスパートナーもこのボールコントロールがとても上手だったので、夏場の1000本パス(オーバー1000本・アンダー1000本)の時などは、ロングパス/ショートパス/ジャンプパス/高いパス/サイドステップなどを100本ずつ盛り込んだり、パス/スクワットをしながらのパスなどを交えたりしていました。

終盤になって集中力が切れかかると、とっとと1000本終えてしまおうと速い水平パスを出して時間短縮をはかったりもしました。

こんな遊びを盛り込んだとしても、しっかりとボールをコントロールして相手がボールに触れる間際でエネルギーを殺すことを意識していればミスは発生しません。



だいたい我々ペアはノーミスで終えていたのですが、この球質コントロールの意識が低いペアはちっとも終わりません。

最初は落としたら1からやりなおしのルールだったのですが、すぐに時間切れ適用になり、最後には途中からカウントOKになってしまいました。

こういう連中に限って、試合に負けた時に「まずは基礎からやり直し」って言うんだよな。

そして「俺はやるべき時にやるべき事をきちんと意識しながらやっていた」と、ぶち切れる。

単調に見える練習を考えて意識を持てない奴には、何回チャンスを与えたって同じことの繰り返しだと思っている。



ちょうど今のような夏休みの時期に、毎年時間がかかる1000本パスとかやっていたんだよな。と、思い出してつい熱くなった。

今現役の人は、単調な練習こそ考えて目的を持って、自分で有意義なものにしていかないともったいないよ。



話の逸れついでにもうひとつ話をする。

Vリーグの解説をしている杉山明美が、「サーブレシーブをもっとネットまで伸ばすように」と解説しているのを見たことがある人は多いと思います。

杉山解説者が大切なポイントを理解しないでこのように解説している事は、セット間などに「良い例」としてリプレイされる映像を見るととてもよくわかります。

「セッターがジャンプトスする位置まで真っ直ぐに伸ばす」とは言っていますが、リプレイされるボールはボールの威力を吸収されなくてもOKとされていたりする。



つまり、ひとつ間違ったら相手にダイレクトスパイクをされるようなレシーブも良しとしている。

セッターが小さくて届かなかった場合、相手サーバーとダイレクトスパイクを決めたアタッカーを大喜びさせるばかりか、味方のレシーバーまで凹ませてしまうじゃないか。

(ちなみに小さくて届かなかったセッターが自分の責任を感じる場面は見たことがない)



サーブの威力は杉山明美がプレイしていた80年代後半とは全く異なっている。

レシーバーの数も減っているし、サーブのネットインもOKになっている。ボールだって変わった。

だったらコントロールが難しいボールはショートにしても、二段トスなり縦Bなりで攻撃の形にしたほうがいい。

結局解説が古臭いのだよなぁ。

しかも大切なポイントを見落としている。



もしチャンスボールやイージーサーブが来て、セッターへのパスをジャンプトスの位置まで伸ばすのであれば、重要なのは球質。

番組を録画している人は、中田久美に送られるパスのボールの軌道を見てみるととてもよくわかると思います。



相手コートにダイレクトに返るような弾道のボールが、セッターの中田久美がジャンプトスをする手元でスッと落下する。

この軌道を見ていて何かを連想しませんか?



そう。2ndテンポのトスの軌道なのです。



長身セッター中田久美(176センチだったかな)に2ndテンポのトスの軌道で上がるパス。

相手の中国のブロッカーはツーを警戒して中田久美に最低1枚は付かなくてはいけなくなります。



録画している方、中国コートのブロッカーを見てみてください。

中田久美がジャンプトスをしているだけで、中国ブロッカーが残り1枚か2枚になっているでしょ。

あとは正確なトスさえ上げればアタッカーが決めてくれます。





「サーブレシーブさえ返れば、日本はいろいろな攻撃ができる」とはよく言われますが、セッターが高ければ勝手にブロックの枚数が減ってくれます。

セッターが高ければ、球質コントロールにしくじってもダイレクトボールになる前にセッターがなんとかセットアップまでもっていってくれる可能性も高くなる。

つまりレセプションでもディグでも、球質の良いボールをネット際まで送り届ける「攻めのパス」がしやすくなる。



レセプションに入れるプレイヤーというのが特殊技能になってしまった今のバレー。

レセプション人数が少なく守備範囲も広くなっている。ネットインもOKだし、ボールも変化しやすい。

その中で昔のような「レシーブ(&ディグ)世界一」を真鍋監督が目指すのならば、まずやるべきことがあるんじゃないの?

なんてことを思ったりしたのでした。



本日の名言







さて、今晩はワールドグランプリの前哨戦。トリノ国際大会。

戯言さんのお世話になろーっと。

ついったー実況するぞ!


[Web全体に公開]
| この記事のURL

13件中 1~5件目を表示


1 2 3 >>