2010年バレーボール重大ニュース



・全日本女子 世界選手権3位



" target="_blank">バレーボール百科事典バレーペディア発売



・全日本男子 アジア競技大会優勝



・春の高校バレー新春開催に変更



・フジテレビ WGP中継で選手のキャッチフレーズとプロモーションビデオを廃止



・TBS 世界選手権中継でタレントの歌の時間を廃止






今年はバレーボール中継がタレントの売り出しに利用されず、スポーツ中継として扱われるようになった『スポーツ回帰元年』と位置付けられることになるかもしれません。

選手をスターとして売り出して、手っ取り早く小銭を稼ごうという風習は一気に払拭することは難しいけれども、バレーボールをスポーツとして世間から認知してもらうための方向にはようやく動き出したかと思います。



今までの路線では、世間一般の興味を引けなくなったというところが一番大きいとは思いますが、TWITTERというツールの普及で、バレーボールを愛して発言することに臆しないバレーボールブロガーやバレーボールファンが結集した意味も少なからずあったと考えています。



バレーボールをスポーツ競技として見て、技術的視点や戦術的視点でいろいろ発言するバレーファンがついったーに集まってきたことで、ようやくスポーツ中継としてのバレー中継を求めている層がいるらしいということも伝わってきたという部分もあるでしょう。

技術話をしているとすぐに選手叩きだと決め付ける人が出てくるあたりが、まだまだ痛いタレントエンターテイメントなのですけれどもね。



まず目指したいところは、TVの録画予約機能のジャンル分けで、どのメーカーのテレビでもバレーボールが「スポーツその他球技」ではなく「バレーボール」と独立するあたりでしょうか。

残念ながらパナソニックのテレビでも独立していないのが現状です。



全日本・Vリーグ・大学・高校と、一年中大会が行われていて、再放送なども流されているので、今の時点でも独立してもおかしくはないと思っています。

バスケットやラグビーなどと入り乱れていて、予約する番組を探すのが大変だったりするのですよね。





2010年バレーボール流行語大賞



ファーストテンポ



" target="_blank">バレーボール百科事典バレーペディアの発売で一気に広まったこの用語。

しかし言葉が独り歩きしていて、一般に理解されているとはまだまだ言い難い状況は続いています。



Volley pedia バレーボール百科事典 CHAPTER 1 “スピード”ではなく“テンポ”(攻撃における“テンポ”の概念)(p018)を強行突破的に強引に理解する

Volley pedia バレーボール百科事典 CHAPTER 1 “スピード”ではなく“テンポ”(攻撃における“テンポ”の概念)(p018)を強行突破的に理解してさらに見えてくるもの

バレーペディアと合わせて、上記エントリーをお読みいただくと、テンポの概念が頭に入ってくるでしょう。



その他のノミネート

・新タ悦男アナウンサー

日本のバレーボール中継におけるマッチポンプ。

バレーペディア発売により覚醒をして、やや暴走気味のバレーボール実況アナウンサー。

現代バレーを不勉強な解説者は彼のフリに全く対応できないという、実況解説逆転現象を引き起こした。

世界選手権男子決勝の解説を担当した柳本晶一は「小声で全肯定」作戦で中継時間を乗り切ろうとした。

現在まともに対応できることが確認されている解説者は加藤陽一・米山一朋の2名のみである。



・シンクロ(同時多発・位置差攻撃)

リードブロックに対抗するのに最も効果的と考えられる攻撃戦術。

上記新タアナウンサーが「さぁ、4人が一斉に動き出します」と言ったところから始まる攻撃がシンクロ。

シンクロによるファーストテンポの攻撃こそが理想的な『はやくて高い攻撃』である。

しかしブロック戦術もまだ理解が浸透していない現在、シンクロの必然性もまだ理解はされていない。



・バレペデ(バレーペディア)

5月に発売されたバレーボール百科事典。MOOK本。

用語集の体裁を取っているが、実は日本に蔓延るさまざまなバレーボールの固定観念を打ち破る書籍である。

ただし、発売直後から数多くの誤植や表記間違いなども発見され、改訂版の発売が待ち望まれている。



・Aパス

全日本女子が「Aパスからの攻撃成功率は世界の強豪に負けていない」と拘った。

単純に言えば、今まで「Aカット」「Aキャッチ」と呼んでいたものを、バレーペディアの表記に置き換えたもの。

フジテレビがワールドグランプリにおいてこの用語を浸透させることに一役買う。

しかし「B・Cパスからの攻撃効果を上げることを考えるほうが楽じゃね?」「二段トスの強化が必要だ」など言われる。

秋の世界選手権では、ハイセットからしっかりと打ち切れるサイドアタッカー陣の活躍で、全日本女子は銅メダルに輝いた。



・エバター

チャレンジリーグに所属する日立リヴァーレから全日本入りした女子選手。

一般にはエバと呼ばれる。

ポジションはウィングスパイカー。



・アゲバイン

女子がエバターなら、男子はチャレンジリーグからアゲバインを全日本に送り込んだ。

彼が途中出場するとTWITTERの実況タイムラインで「上場IN」と人々が一斉に書き込んだことが語源。

『宇宙刑事アゲバイン』という映画が製作中かどうかまでは知らない。



・柳田くん

東京都の東洋高校のエース。

通常、選手の名前を表記する場合は呼び捨てが主流だが、彼の場合だけはなぜか「くん」付けされる。



・テンポ

現代バレーに精通していると思われたいと、実況アナウンサー・解説者・選手の間で流行した。

ただ、理解していないことは一部ファンにはすぐにバレてしまう。

簡単だからバレーペディアといくつかのブログを読めばいいのに。



・植田坂

北海道にある観光名所。

夏になると上半身裸の男の集団が競って坂道を登り走る祭りが行われる。

2010年は試合があることも忘れて男たちは走り続けたらしい。



・速くて低いアンダーの二段トス(これが日本のオリジナル)

TBS土井アナウンサーが世界選手権で連呼した。

「ブロックが割れる」と豪語していたが、評判倒れだった。

佐野選手が上げたアンダーのトスは100本以上。

そのうち2枚ブロックが完成しなかったのは2本だけだったことは " target="_blank">映像で確認できる

世界選手権で佐野選手が上げた数少ないオーバーでの二段トスの中に、ナイストスも確認されている。





参考:過去の大賞

2009年 『バンチリードブロック』川合俊一

2008年 無策(『♪与作』の替え歌)

2007年 『一秒の壁』柳本晶一

2006年 『アンダーツー(−2)』柳本晶一





それでは皆様、よいお年をお迎えください。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
春日井遠征は2年ぶりになります。



" target="_blank">春日井 グリーン豆 115g ×12個 " target="_blank">春日井 グリーン豆 115g ×12個


春日井製菓
売り上げランキング : 29009

" target="_blank">Amazonで詳しく見る


春日井といえば " target="_blank">グリーン豆でしょう。CMの商品名ジングルも耳に残っている。

この会社は今はグミとかゼリー菓子が主力なのか。

それにしても「春日井」で検索しているとやたらとHITする ">春日井あやのって何者?



さて、今晩春日井に向かって出発します。

二年前の春日井のサマー決勝では、サンライズ出雲で行く手はないか。予約で一杯ならムーンライトながらだ!と、さんざん騒いだ挙句、台風の襲来でながらが運行中止。

急遽、翌朝新幹線で名古屋入りすることにするというドタバタを演じました。



今回は一人旅ではないのでこういうドタバタを楽しめるほど対応力は発揮できない。

んなものでバスで名古屋入りします。

名古屋は近所から直通のバスが出ているので便利。観光都市に住んでいるメリットだな。

バスは台風にも強い。

夜行列車とか特急・急行なんかの旅もしたいのだけれども。



" target="_blank">ブルートレイン&夜行列車完全ガイド (エイムック 1710) " target="_blank">ブルートレイン&夜行列車完全ガイド (エイムック 1710)


エイ出版社
売り上げランキング : 68147
おすすめ平均 : 5つ星のうち4.0

" target="_blank">Amazonで詳しく見る




で、日付が変わったらサマーリーグを観戦。



第1試合と第2試合は日立リヴァーレを中心に観戦。

こえだちゃんのプレイを見たいな。タイムアウトの時に跳ねてる姿しか見たことがない。



ちなみにこの時間帯、男子は警視庁ピーポーズが戦っているんだよなぁ。

ちびっ子エース金丸をチラ見をしたいのだけれども、確か春日井はコート3面級の広さだった。

中間に席を確保しても遠いよなぁ。

その点、昨年のサマー決勝が行われた藤沢は、適度に狭くてよかった。



第3試合と第4試合はつくばユナイテッドサンガイアを中心に観戦。

加藤陽一がセッターやっているらしいんだよなぁ。

和井田もなんだかんだ言いながらチームに残っているし、気が向いたらブログも更新してるし。

相変わらずコートに立つ選手のジャンプサーブ率高いのかな?



初日はこんな感じで茨城チーム中心に観戦予定です。



【業務連絡】 会場で初顔合わせになる方々、『d』します。

*SPORAメンテナンスの間に送りました。





そしてその後は日本バレーボール楽会in名古屋。



最終的にメンバーは以前からの観戦仲間とT.w氏夫妻。コンパクトになりそうです。

予約はしていないので追加の参加はOKです。

だけど名古屋の夜は二年前にかなり嫌な思いもしたので、全く知見の無い方の参加はお断りします。





二日目は第1試合に男女とも茨城チームが試合なのですよね。



第一試合はやっぱり男子かな。

1月の立川で、警視庁ピーポーズはかなり楽しく見ることができたチーム。

有力選手のスカウトなんかは企業チームやクラブチームと違ってやりにくいだろうけれども、持っている戦力をしっかりと生かそうという真面目なチームの姿勢が感じられた。



いやいや、和井田が不真面目だって言っているわけじゃないんだよ。

彼はワルぶっているけれども真面目ないい子。

こういう書かれ方を嫌がりそうなので、挑発してみたりしている。





しかしこの予定だと、女子のパイオニアを見るチャンスが無い。

今野は冬に見た時に佐々木のコピーからブロードジャンプが改善されていて、それからどうなったのかをチェックしたかったんだけど、その後出番を見られなかったんだよね。

遠目で楽しむか。



" target="_blank">サマーリーグ [DVD] " target="_blank">サマーリーグ [DVD]
Jr. フレディ・プリンズ,ジェシカ・ビール,ブリタニー・マーフィ,マシュー・リラード,ケビン・フォールズ,マイク・トーリン

ワーナー・ホーム・ビデオ
売り上げランキング : 130424

" target="_blank">Amazonで詳しく見る



[Web全体に公開]
| この記事のURL
" target="_blank">ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) " target="_blank">ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
コグレ マサト,いしたに まさき

毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング : 13311
おすすめ平均 : 5つ星のうち4.0

" target="_blank">Amazonで詳しく見る




ついったーにはリストっていうものがあって、いろいろ興味のジャンル毎にフォローしている人を分けて使いやすくする機能があります。

他の人が作ったリストが便利だなと思うと、それを使うこともできたりするのでとても便利。

私もいくつかのリストを作って公開していたのですが、そのリストをフォローしてくださっていた方もいらっしゃいました。



試行錯誤しながら1年以上ついったーを使ってきて、その時々で使い方が変わってきたりしているので、だんだんこれまでのリストでは使いにくくなってしまい、そのリストを整理いたしました。

リストをフォローしてくださっていた方、ごめんなさい。



また、さらに新しいリストを自分が使いやすくしていくために、一度完全にフォローを整理しております。



一度フォローを外す方も大量に出ていますが、別に悪意はありません。

ここ半年くらいのついったー参加者大量流入で、「フォロー・リフォローご自由に」という緩い価値観が薄れてきているような気もするので、どこかに表明しておかないといけないのかな…なんて思って書いてみました。



ブロックをしたりしていないことで悪意が無いことも伝わるかと思います。

まぁブロックするほど「お前には俺様のありがたいついっとを読ませてやらない」なんておこがましい事は考えておりません。

ブロックするのはRTなどで一緒に会話している相手のアカウントがタイムラインに表示されることで、そのアカウントを悪用しやしないかと思われるような業者だけにしております。



" target="_blank">君たちが日本の未来を変えてみろ! (BN BOOKS) " target="_blank">ハマコーツイッター終了記念 君たちが日本の未来を変えてみろ! (BN BOOKS)
浜田幸一

文苑堂
売り上げランキング : 10402

" target="_blank">Amazonで詳しく見る




ばぼったーがバレーボールの未来を少しずつ変えそうなので、必死になってネガティブキャンペーンをしている人もいる。

名無しやころころ変わるハンドルネームで何を言ったって、その発言はネガキャンですら何も説得力を持たないのだけれどもね。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
面白いか面白くないかで言えば、誰がなんと言っても絶対にバレーボールは面白い。

その面白いバレーボールを面白がっている人々が集まれば、そりゃ絶対に面白いのですよ。



今年行われた「日本バレーボール学会」の同日裏開催からスタートした「日本バレーボール楽会」。

「楽会」の「楽」の字は、「タモリ倶楽部」のロゴの「楽」の字を使わせてもらおうかと、真剣に検討をしています。











「家に帰るまでが日本バレーボール楽会」というのは、前回生まれた格言。

しかし今回はちょっとこの言葉を修正させていただきます。



「帰宅なう」までが日本バレーボール楽会



いやいや、一瞬パソコンを開こうかと思ったのですよ。でも睡魔に負けた。

帰宅確認は大事。





今回は第1回より、スタートを1時間早めたにもかかわらず、バレー馬鹿が集まるとバレーの話が尽きない。

2次会が終わっても話は尽きません。

「次回は休日前に」と言っているバレー馬鹿どもはたぶん、徹夜で話し倒すつもりでしょう。

あ、私もバレー馬鹿のはしくれとして、本日もお仕事を入れていませんでした。





初期の目的が早々に頓挫した第2回 日本バレーボール楽会



今回の最大の目的は、飲みながら「バボチャンネル」6月放送分のビデオを見ているご夫婦に合流して、たまたまビデオを見てしまおうというものでした。

しかし、お店にVHSデッキが無い。



「サーブレシーブが日本の生命線」と言っている人に限って、相手の強いサーブに翻弄されると「自分たちのバレーができない」となるのがダメなバレーボール。

監督が「こっからやこっからや」「きっかえてきっかえて」と叫んでも、ダメなバレーボールの場合は何かうまくいかないと身動き取れなくなっていきます。



そんなことはよくわかっているバレー馬鹿たち。

気がついたら「武富士バンブーvsパイオニアレッドウィングス」のDVDが流れ、「東海大学vs中央大学」のDVDが流れ、シカマックスパパ編集の「アクアメランコリックDVD」が流れます。



何かがうまくいかなくてもあの手この手。

レセプションがうまくいかなくたって、二段攻撃やら縦Bやらトスフェイントやらを繰り出します。

さすがバレーボールから人生に必要なことを学習するバレー馬鹿たち。



ちなみに今回初顔合わせのばれにゅの中の人が時間になっても来ない。

しかも、ついったーのサーバーメンテナンスと時間がまるかぶりで、連絡も取れない。

ここでも我々は先人に学び、先に乾杯をした。



「ばれにゅの中の人は大人だから後から来るだろう」と、1回目の乾杯。少し遅れてばれにゅの中の人も到着。

そこで本当の乾杯。

そう。みんな森田淳悟から教わった、一人時間差攻撃である。





今回は記録系と競技系も参加した



第1回は大まかに分類すると、指導系1名・観戦系4名・応援系1名で構成されたバレーボール楽会。



今回は記録系の参加がありました。@riejkito氏

今回は席の関係でほとんど話しができませんでした。

会場でチェックするポイントが増えるかもしれない。見つけたら試合後飲み会に拉致の方向で。



そしてバレーボール競技に現在も参加している競技系が参加しました。

@nicetoss氏。バレーの練習を休んでの参加です。

「練習を休んで、それでもバレー馬鹿か!」と、一喝したら、どうやらバレー馬鹿だから楽会に参加したらしい。

別に俺、コワモテじゃなかったでしょ。



競技経験者という括りでは男性4名が集まり、以前から疑問だったブロックの時の手の形をみんなにもやってもらったのでした。

やはり私が受けた指導はマイナーらしい。(でも " target="_blank">バレーボール百科事典バレーペディアにはワンポイントメモ的に載っている)



やはり競技を実際にやっていると、どうしても週末は練習や試合に重点がいってしまうので、やはり観戦のほうはなかなか機会が無いようです。

こういう機会を増やして、競技者の参加も増えて交流していくと、もっともっと楽しくなっていくだろうな。

我々観戦系がマグナムカップの応援に行ったり、ブロガーがレポートを書いたりしていくのも面白いだろうし、「人数が少ないから練習来てくれない?」なんて話に発展しても面白い。



ワンマンについて話が出たときに、ばれにゅの中の人が「壁から壁まで一人で守る」と、淡々と語ってくれたことで、日頃私が言っているワンマン話がウソでも大げさでもないことがようやく伝わったりしたところも面白かった。

チーム文化もさまざまで、他のチームの話を聞くのも面白い。



今回の参加者も女性比率が高く、第1回のこともあって心配をされたりそれなりにチヤホヤしていただきました。

二次会では千酔亭の中の人が女性陣を独り占めしそうになったので、なんとかさいたマダムに横に座ってもらう。



そうそう。一次会で、さいたマダムに読んでもらって感想を聞きたいと思っていた、 " target="_blank">スポーツニュースは恐い—刷り込まれる〈日本人〉(生活人新書)を渡せた。



旦那の目の前でマダムにちょっかいを出すわけにはいかず、セクハラ成分が足りなかったので、帰り際に@damesaki氏とハグ。

おかげさまで東京駅までは目が覚めました。





人数が増えるとお話できなかった人も出てくる



さすがに13人ともなると、席の関係で全く話をせずに終わる人も出てくる。

観戦で頻繁に顔を合わせる観戦仲間は、試合後に飲む機会なども別にあるので、そこはまた試合後に。。。



浴衣で現れた1000万人都市の片隅からの中の人とダルの人とは、ほとんど話さなかった。

観戦系でも男子フィールドの人だと、なかなか出くわさないのですよね。

また機会を作りましょう。



全員でひとつの話ができる場は、最初の自己紹介のコーナーだけでした。

観戦仲間だとツッコみやすくて、ヨンギョンのサーブの真似をやらせてみたり。

なんか太郎冠者氏の自己紹介の時に、なぜか観戦仲間がそろってGSSサンビームの応援コールをやったぞ。

これで全員、女子チャレンジリーグを観戦に来ても楽しめる。



しめしめ。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
おいおい、 ">バレーペディアの中古品、早くも2倍以上のプレミア価格になっているぞ。まだ新品買えるのに。







少し前、Stay Foolishにて「作ってほしい」用語集というエントリーがありました。

" target="_blank">バレーボール百科事典バレーペディアからのインスパイアエントリーで、特定の戦術を示す用語を作ってほしいというものでした。



バレー用語について その1

バレー用語について その2

でも書いているように、「バレーボール用語統一化」という流れには基本的には反対をする立場を私は主張しています。

用語は教科書を丸暗記するようなものではなく、用語の意味を考えたり語源を学んだりすることが、バレーボールを見る目線を豊かにしていくものだと考えている。

そうした土壌があってこそ新たな用語の創出ができるようになるし、バレーボールを前に自由にアイディアを出せるような環境こそが強い日本のバレーボールを創造していくものだと信じています。



こんな風に考えている私は「作ってほしい」用語集というエントリーをほろ酔いで読んで、反射的にコメント欄に書き込みをしました。

新語やキャッチコピーを作る時に、私が絡まなくてどうする!





セッターが前衛に行った時にスパイカーと変わり、後衛に行ったオポジットが控えセッターと変わる交替

これは一般的に『二枚替え』と呼ばれている戦術です。



バックオーダーの時のS4(セッターがゾーン4)のローテーション

S   C   L

L   C   O




この時にS→O’とO→S’という2枚の交替を(同時に)行い、前衛攻撃を3枚のままゲームを続行する戦術。

Oのサーブが強力で、サーブ&ブロックでブレイクする意図がある場合にはOのサーブが終わった後でO→S’の交替をするとか、バリエーションも考えられるので、(同時に)という表記をしております。



二枚替え後の選手配置*S’は1だけど、実際はS4

O’   C   L

L   C   S’




つまりS4ローテを一般的に最も強いローテーションにする傾向にあるS1ローテと同じ配列にしてしまおうという戦術です。

3ローテーション回ったところでS’→OとO’→Sを行えば、また前衛アタッカー3枚の状況が続く。

試合の2回目のタイムアウト以降など、勝負どころでこれを行うことで、9ローテーション連続して前衛アタッカーが3枚の状況が生み出せます。

16点でリードしている場面でこのローテーションを迎え、その後9ローテーションをきちんとファーストサイドアウトが取れたら、ほら、もう25点じゃないか。

その中で1回でもブレイクできていれば、もうそのセットは勝ちでしょ。



これを一般的に『二枚替え』と呼んでいるのですが、実際の所、サーブ&ブロックで勝負をかけようとして、ヘナチョコサーバーの替わりにサーブで相手を崩せる期待が持てる選手をリリーフ・サーバーとして投入して、例えば身長の低いセッターの替わりにリリーフ・ブロッカーを投入するようなケースも二枚の選手交替をするわけですから意味としては『二枚替え』です。



この広義の『二枚替え』から、S4での対角の選手交替によって擬似S1を作ってしまう戦術を区別する用語があったほうが良いだろうというのが、Stay Foolishの趣旨。

なるほどもっともな話。

そして今の日本のバレーボール界に用語を生み出す想像力が無いのならば、俺が作る!



ほろ酔いの私が脊髄反射的に名付けました。

スイッチバック







スイッチバックとは鉄道用語からの引用です。

wikipediaの解説はこちら:スイッチバック



簡単に要約すると、急斜面を登っていくような鉄道などで、立地の関係などから一本の線で路線を結べないような時に、列車の進行方向を変えて進んでいくのがスイッチバックの語源。

関東在住の方ならば箱根登山鉄道をすぐに連想できるかと思います。

バレー観戦によく行かれる方ならば、小田急の藤沢駅も馴染みがあるかと思います。あそこもスイッチバックの駅。



バレー観戦で福井に行くときに、少し遠回りして今は廃止された夜行急行『能登』に乗ったのですが、これも途中でスイッチバックするため、目覚めた時に進行方向が逆で、わかっていても寝起きなのでびっくりするという儀式がありました。

夜行急行『能登』上野駅入線中





ほろ酔いでセッターとオポジットの前後を入れ替える戦術を『スイッチバック』と名付けて、一夜明けてからもう一度考え直してみたところ、やはり代案は浮かばず、優れたネーミングなのではという思いを強めました。

前後を入れ替えるという意味的な要素も、得点をジグザグに25点まで積み重ねていく視覚的なイメージも含んでいて、これ以上の代案は出ないだろうとも確信。



大林素子が「植田監督!スイッチバックのスタンバイを指示しています」と嬉しそうにコートサイドレポートをしている姿もイメージできたので、もうスイッチバックで決まりです。

これを読んだ皆様、どんどん使っちゃってください。





文句がある奴ァこれ以上の代案を出してね。

バレーペディアの何年度版に掲載されるかな?




[Web全体に公開]
| この記事のURL

44件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>