10月8日に行われました駒澤大学対日本女子体育大学との二部入れ替え戦に4−3で駒澤大学が勝利し見事二部昇格を果たしました。ダブルスはナンバーワンの市川、吉田、ナンバー2の斉藤、篠ペアーが共にストレートで勝ち2−0としました。シングルスはナンバー4の篠選手、ナンバー5の石川れい選手がストレートで続けて勝利を収め実質的にはここで勝負が決まりました。小雨から本降りに変わりナンバー3の吉田選手が6−1、1−1ナンバー2の河合選手が5−1、ナンバー1の松尾選手が3−4の時点で中断となりここで3本棄権して最終的には4−3のスコアで駒澤大学の二部昇格が決定致しました!男子は前日千葉商科大学との三部下入れ替え戦を6−3のスコアで見事に勝利し二部残留を決めてくれました!今年のリーグは男女ともにベストな結果を残せたと思います。駒澤大学テニス部の岩下部長、江口監督、大島トレーナー、部員の皆様、本当におめでとうございました!私は4月から女子部員を見せていただいていますが10年近く大学テニス界から離れていましたのでこのリーグを共に戦うことが出来、本当に感動することが多くこの機会を与えていただいた江口監督を始め、関係者の方々に本当に感謝しております。4年生の今泉主将、宗木さん、花木さんとは約半年間という短い間でしたが色々とお世話になりました。そして4年間お疲れ様でした。とても一言では言い表すことが出来ないほどの苦労があったと思いますがきっとこの経験は社会に出て苦しいとき、つまずいたときに必ず助けになると思います。これからまだまだ試合は続きますがさらに上を目指して頑張っていきましょうね!
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・明け過ぎましたが、、、
2008年01月22日  [Web全体に公開]
・全日本選手権終了
2007年11月18日  [Web全体に公開]
【閲覧中】駒澤大学女子テニス部二部昇格
2007年10月10日  [Web全体に公開]
・大学王座決定戦関東予選大会
2007年09月27日  [Web全体に公開]
・初めての試合
2007年09月13日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. by清水雅一 on 2007年10月11日 @8時56分

    いやいや駒沢の選手の笑顔、いいですねえ。おめでとうございます。なんだか、生徒みたいな人が微笑んでいます。お疲れ様でした。途中から雨、この雨、忘れられないと思います。清水の思い出で、7部の1次リーグ優勝があります。今でこそ1部ですが、昔はね。埼玉大学に5−4で勝って学連に電話する声が震えてた。あの頃は4月のリーグ戦、桜が満開だったが雨が降ってきてね、桜と雨が忘れられない。35年前のノートを今でも保存してるけど、ペンで書いたスコア表が雨でにじんでる。余計に思い出すシーン。 もっとも、その後の2次リーグで同率、しかし1ポイント差で負け、入れ替え戦に進出できなかったのも苦い思い出になった。青春の思い出、駒沢のみなさん、青春を謳歌してください。コーチもおめでとう。青春とは、ある年代を指すのではなく、心のなかにあるものなんだって。だから右川コーチもいつまでも青春を楽しんでください。
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。