ワシントンDCでの男子プロテニストーナメントは、チェコのラデク・ステパネクの優勝で幕を閉じました。


ステパネクは32歳、男子ツアーではベテランの部類に入り、今シーズンのツアー最年長優勝者になりましたが、準決勝と決勝でのプレーぶりは本当にお見事でした。


テニスに限らずプロスポーツでは、ベテラン選手が活躍すると若手や中堅に良い刺激を与えますよね。


そういえば8月8日はテニス界のスーパースター、ロジャー・フェデラーの30歳の誕生日。


三十路を迎えての充実のプレーに期待大です。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ニュースポット
2011年08月14日  [Web全体に公開]
・モントリオール三回戦
2011年08月12日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ベテランの星
2011年08月10日  [Web全体に公開]
・待った甲斐がありました
2011年08月08日  [Web全体に公開]
・お台場合衆国
2011年08月07日  [Web全体に公開]

2件のコメント


  1. by洋兵衛 on 2011年8月11日 @1時33分

    プロ野球界でも西武・ダイエーなどで活躍した

    工藤公康投手がまだまだ頑張っています。

    トレーニングを続けて、このオフにはアメリカに

    渡るとか…



    もう50が近いというのにものすごい意欲です[拍手]



    そのほかにも楽天の山崎選手・ヤクルトの宮本選手

    など、40を過ぎてもまだまだレギュラーで活躍

    している選手がたくさんいますね走る人



    多くのスポーツで選手寿命が延びる傾向にある

    ようですが、それでもベテラン選手の活躍を見るのは

    楽しいものです。若手の良い手本・越えるべき壁

    ともなるわけですからね[まる]

  2. by土屋和彦 on 2011年8月11日 @12時54分

    >洋兵衛さん

    私も最近めっきり体力が落ちたのを痛感させられています涙
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。