of its hotel place capacity in the hope of cashing in on tourists deterred from going to the united kingdom by Brexit, according to the new industrial forecast. By 2023, some three,000 rooms may very well be opened during the Irish money, additionally for the 699 currently getting constructed.

  Foreign vacationers arriving within the British isles grew by 9 in volume in 2017, with all the business bringing in close to ?ê24.five billion in that point. The tourist business employs close to 2.9 million people, representing all-around 10 of work, so ought to the sector come across headwinds within the around long run, it could have dire effects with the nation. This signifies an important prospect for that vacationer sector of ireland, having said that, that can be looking to income in on Brexit panic from the coming months Winslet CHAN Ting Yan.

  Though London retains a track record as just one of Europe top place 32 of respondents in the tourist study by Deloitte favoured the British capital, that has fallen driving Dutch funds Amsterdam. Barcelona came in 3rd, cited by 28 of respondents as being the most tasty, but importantly, the variety favouring

  Now, consultants from Crowe have claimed that Dublin could guidance a doubling in lodge area capacity more than another seven a long time, because it seeks to help make essentially the most of this spike in need. In spite of considerable boosts in desire, the extent of hotel offer in Dublin in excess of the previous ten years has become taken care of at about a hundred and fifty hotels and 19,000 rooms. According to planning and developer urge for food, on the other hand, Crowe concluded that 3,000 hotel rooms could be opened in Dublin by 2023 furthermore to your 699 rooms at present beneath development and ready being shipped for Dublin by 2020.

The cloud to Cloud Backup can be easily completed with the help of backup’s software.

  Executing the investigation on behalf of hotelier Brian McGettigan currently looking for to assemble a seven-storey, 65-bedroom resort at parnell Street and Capel Avenue, Dublin Crowe forecast that 2019 is going to be another year of growth? from the sector, but we do not anticipate it'll be for the similar degrees as preceding as new source entered the industry and as the latest hotel supply absorbs a few of the VAT boost.?

  Dublin now has 149 registered lodges with 19,381 rooms, of which 44 are located in Dublin city centre, in addition to a lodge will take two to 3 years to stabilise inside its regional area, earning a drastic increase less likely generally. Having said that, the analysts extra that while in the circumstance of new Dublin city-centre resorts, stabilisation need to be achieved faster as demand is so robust.?

China Cloud Exchange Solution connecting your clouds globally as well as China Mainland. The cloud services and solution will continually improve and to be announced.

相關文章:

can it be some thing more serendipitous

Dublin could aid the doubling

Is good structure a quantifiable

was produced inside a merger two several years

was established in the merger two decades

[Web全体に公開]
| この記事のURL

俺はシャワーのコックをひねり、お湯を一浴びして素早くコックを戻した。


そして打ち付ける。


つくしはさらに鳴き、その声は俺を後押しする。


イカせてぇ。

俺のペニスでお前をイカせてぇ。


お前にとって唯一の男になりてぇ。

 

つくしは俺の目の前で脱力した。


その脱力感は俺以上だった。


正直生きてるかと心配しちまったくれーにだ。


シャワーで体を流しても、

タオルで拭いても、

成されるがまま。

動けねぇつくし。


そのままベッドで横になり、抱きしめて額にキスしたら、ふにゃっと笑った。

 

「お前をイカせるとこうなるんだな。それとも3回目だからこうなったのか?」

[Web全体に公開]
| この記事のURL

解縉是明朝著名“神童”,洪武年間進士。9歲時他跟隨父親在江邊洗澡,他父親將衣服掛在樹上,觸景生情,不由脫口吟出一句詩:“千年老樹當衣架”,解縉不假思索,就以“萬裏長江作浴盆”相對,應對敏捷,令人驚歎。

 

解縉從小聰穎,思維敏捷,又勤奮好學,小小年紀就熟讀“四書”、“五經”。他文章、詩詞,樣樣精通,尤擅對句。

 

有一年除夕,十歲出頭的解縉,即景生情,揮毫寫了一副春聯迪士尼美語 好唔好

 

日望贛江千裏帆;

 

夜觀廬陵萬盞燈。

 

這副春聯,引來了四鄰觀看,眾人稱讚不已。解縉家的對面,是曹尚書的府第。這位尚書大人,久聞“神童”之名,但不大相信解縉的文才,見了這副春聯,也不由得暗自贊許。只是心裏總有些懷疑。

 

於是曹尚書決定想個主意,來考考解縉。他下令,在解家大門正對面的河堤上,栽了一片青竹,擋住解家的“日望贛江千裏帆,夜觀廬陵萬盞燈”景色。

 

第二年除夕,解縉又在大門上,貼上一副春聯:

 

門對千竿竹;

 

家藏萬卷書。

 

曹尚書見了,不由得為之驚歎。為了再次考考解縉,馬上令人將竹子砍短滋潤液。他再去看解家的春聯時,只見聯尾各加一個字,成了:

 

門對幹竿竹短;

 

家藏萬卷書長。

 

曹尚書發了狠,令家人將竹子連根刨掉。這時,解縉又揮筆在聯尾,再各添一個字,聯文變成:

 

門對千竿竹短無;

 

家藏萬卷書長有。

 

曹尚書無可奈何,派人給解縉送去大紅請帖,一定要當面見見這位“神童”的真本事。

 

解縉接到曹尚書的大紅請帖,就隨來人到曹尚書家。只見大門緊閉,側門大開,便轉身回走。曹尚書在門內冷笑道:

 

小子無才嫌地仄;

 

縉聽了,漫不經心哼道:

 

大鵬展翅恨天低。

 

曹尚書只好打開大門迎進解縉。他望瞭望一身綠衣的解縉,便吟道:

 

水中蛤蟆穿綠衣;

 

解縉笑著,指了指身穿紅袍的曹尚書,針鋒相對答道:

 

鍋裏蝦公著紅袍。

 

曹尚書惱羞成怒罵道:

 

二猿伐木深山中,小猴子也敢對鋸(句)?

 

解縉也毫不客氣地,馬上還以顏色:

 

一馬落足污泥裏,老畜牲怎能出蹄(題)。

 

翰林出身的曹尚書,與一個乳臭未乾的小孩子對對,竟然絲毫占不了上風,很不甘心,但心裏又不得不承認“神童”才華橫溢,機智敏捷。曹尚書並不就此甘休,隨即請來看客,他要當眾人之面,再一次考考解縉。

 

曹尚書呷了一口酒,面對牆上掛的一幅墨蹟,脫口就說:

 

醉愛羲之跡;

 

解縉隨口吟就:

 

狂吟“白也”(1)詩。

 

曹尚書馬上又出一上聯:

 

風吹馬尾千條線;

 

解縉立即答對:

 

日照龍鱗萬點金。

 

看客們無不被解縉的巧對折服,情不自禁地擊節,喝起采來。曹尚書見還未曾考倒解縉,十分著急,指著屏風上的畫,又出一聯:

 

龍不吟,虎不嘯,魚不躍,蟾不跳,笑煞落頭劉海;

 

解縉略加思索,指著案上的棋子答道:

 

車無輪,馬無鞍,象無牙,炮無火,活捉塞內將軍。

 

解縉剛剛對完,曹尚書額上冒汗,但還不肯認輸,就以教訓的口吻道:

 

眼珠子,鼻孔子,珠子還在孔子上;

 

解縉冥思片刻,遂得一聯回敬:

 

眉先生,發後生,後生更比先生長。

 

此聯寓意深刻,暗含譏諷,可謂頗具匠心。解縉才說完,看客們拍案叫絕,曹尚書頓時語塞,只得佯醉而退。

 

解縉的超群才智,使曹尚書不得不暗自嘆服。一日,他又邀解縉進府,想試試,解縉近來的學業,是否長進。於是,你來我往地,又對了幾聯後,曹尚書一直未占上風。於是,便使用最後絕招;利用“諧音”雙關,企圖“一石三鳥”壓倒解縉深港通。他出的上聯是:

 

庭前種竹先生筍;

 

解縉立即對出:

 

廟後栽花長老技。

 

曹尚書笑道:“我這上聯的意思是,庭院前面種的竹子,先長出了竹筍。”解縉說:“我下聯的意思,是廟後頭栽的花,長出了老枝。”

 

曹尚書又道:“我的上聯另有別解。說是庭院種的竹子,長得不好,教書先生把它砍了,所以是:

 

庭前種竹先生損;

 

解縉馬上接著說:“我這下聯也還有層意思,說的是廟後栽的花被風吹斜了,長老用木棍把它支撐起來,故有:

 

廟後栽花長老支。

 

曹尚書哈哈大笑:“解神童有所不知,我這上聯,還有第三個意思,說的是庭前種竹子,教書先生詢問別人,這是什麽原因,所以是:

 

庭前種竹先生詢;

 

解縉拍手笑道:“曹大人,別急,我這下聯也另有意思,是說廟後栽上花,小和尚急急忙忙地去告訴長老,長老說早已知道了。所以是:

 

廟後栽花長老知。

 

曹尚書“一石三鳥”,仍然沒有難倒聰明的解縉,不禁由衷地贊許他道:“真乃蓋世奇才也!”曹尚書實在愛才心切,欣喜之餘,就把愛女許配給解縉了。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

跑步使我愉快,所以我跑步,一跑起來,就心情舒暢,渾身各個關節都能活動到了,迎著風呼吸,那教一個敞亮。特別是在春秋兩季的早晨跑步,沒有大風,或者是沒有陰霾的時候,在涼爽,清新中迎著晨風,那叫一個美,有時趕上雨後,或者是風後跑步就更好了。即便是跑著,跑著趕上雨了,在不大的雨中享受著風雨的熱情款待,體驗雨水在身上,臉上滑過的那種感覺,只要在雨中跑過的人,才能感受到,那是一種什麼樣地感覺。冬天跑步就不是很好了,風大還有沙塵天氣,都是閉門不出的。再者冬天不宜跑長了,冷的受不了不說,下體凍得冰涼,也不舒服呀。即便天暖和,就是能跑出汗來,也得及時帔上衣服,要不然容易著涼。冬天時,少跑最好,我更喜歡在雪天跑,一般在下雪時空氣好,當然不能有霧了,大雪紛飛時跑上一陣子,感受一下在雪原上賓士的感覺,太美了。

 

跑步,最好是夏天,夏天是我的最愛,我喜歡在太陽下,揮汗如雨,當然是在不中暑的前提下了。早上天一亮,就出去,在兩邊都是莊稼或者是樹林的公路上,那可真好,空氣裏,透著青香,讓人心曠神怡,伴著一陣陣的涼風的吹來,颼颼地,或者是溫暖的風吹拂著,那感覺,真的是給個縣太爺也不換的。當跑完步停下來的時候,感覺著汗毛孔都張開了大嘴,貪婪地呼吸著,排出毒素,一身Dr. Schafter減肥輕鬆。在停住腳後,那種汗水順著臉頰,胳膊,大腿,小腿往下流的感覺,一直是我不懈的追求。那一滴一滴地滴在地上。流在眼裏,或者口裏的樣子,真的是太讓人懷念了。當然啦,在跑完步後,再適當地活動一下腳腕子,膝關節,腰部位,頸部等,這樣就更好了。

 

我跑步,主要是將身子骨活動開了,出一陣子汗,也就算達到目的了。再做一些力量型的補充,特別是上肢,最後要多加點量。跑步基本是練腿,腰,但腰的量也有限,最主要的是上肢基本沒怎麼活動,所以一定要在後來補上。我的意思是,跑完步後,就練一下胳膊的力量,撐撐杠子,或拽拽杠子,做點俯臥撐和腹肌方面的運動那就更好了。另外,我會再找補一些零碎,比如,蹭蹭後脊樑啦,弓腿壓腿呀,彎彎腰啦,捎帶著磨磨小腿肚子,大腿跟部,捏股捏股肩膀後,脖頸子,和胳膊上下都走一遍,踢踢腿,這一套做下來就差不多了。

 

我最後一般再加上跳繩,踢毽,這兩樣是後加的,一拾起來就放不下了,跳繩有幾百就夠了,踢毽只要腿上舒服了就成了,這兩項活動,長期堅持必有好處。

 

當然,我還年輕,活動量就顯得稍大一點,要是年齡大一點的,最好就是跳舞,打拳了,還有快走什麼的,有的可以去玩合唱,也可以練練抖空竹,或者寫字畫畫一類的。我的看法是只要是活動了,就比不活動好。老在家囚著終歸不是事,玩牌也不好,著急上火的划不來,要是粘錢就更不咋地了。但凡是活動,最好要讓它有點量才好,動起來就得出汗,不冒汗是不行的。比方說,有的人晚上散步,我覺得最好要大步走,不能嘎油,一步三搖,那頂沒勁了,屁事不管。要溜起來,活動下來,必須冒汗才行,您說是不是這個理呀?

 

我的這些活動,都是單本的,有伴的就另說這了,可以打球啦,跳繩也可雙人跳,也可相互比著跳啊,踢毽也是,組織起來,還能打比賽,籃球,足球的比賽最好,就是年齡大點最好不打對抗,玩一些小的球,象羽毛球,乒乓球啦,賽起來也挺好。

 

我總想好好地玩玩單雙杠,但因為跑步,總是不能持之以恆,三天打魚兩天曬網的,起不到什麼作用,過去,也曾系統地玩一陣子,胸口上還有點樣子,但早已是昨日黃花,江河日下了。那就殘缺吧,世上那能處處稱心呀。冬天跑步,對我也是一個結:跑步吧,冬泳隊那邊老叫我,缺少砸冰撈冰的主力呀,我一去冬泳,跑步就受影響,再和冬泳的一起恢復,就是象徵著跑跑,暖和了就吹了。人家一走,我再得自己另找人搭伴再跑,這樣一二五兩耽,我的跑步基本就撂荒了。一來二去的,一冬天就混過去了,還與單雙杠徹底地告別了。

 

這不,天暖和了,也沒冰可撈可砸了。我就把跑步拾起來了,上周四,我第一天跑外頭,上了一趟運河大街,在跑到頭回來時,一過玉橋口,遇到“快王”跑出來了,於是就悄悄跟了上去,也知道,跟不了多久,所以沒敢吱聲。心裏想著,好歹也得跟一陣子吧,沒成想,我高估了自己了,還沒到大橋,我就讓這王哥給甩了,人家是專業退役的,我和人家那是天壤之別,這不,等到我上橋時,人家早沒影了。我只好一個人跑,到了胡各莊口就轉甩脂穴位神貼回了了。到家是整兩個小時,結束了我頭一天跑長道的計畫。

 

第二次跑長道,就是週六了。這天本來是計畫早起爬山的,不知怎麼的小田讓戢哥給忽悠了,要乘八點多的火車出發,我不能把早上的大好時光白填限呀,就早起了會,跑了一趟五窯路口,這趟線我去年跑過一陣子,下來至少得三小時,於是早上四點多動身,折騰回來正好七點半,沒耽誤八點十幾的火車。跑完還沒怎麼感覺累,爬山時也沒這疼那疼的。

 

然後,周日騎行懷柔,週一,週二沒動窩,一氣歇了兩天,養精蓄銳。這兩天之後,按慣例就應當跑一長的了。兩天沒跑了,不跑長的說不過去呀。正好履行我的第三套方案,完成一跑四個小時的計畫,然後再跑更長的。我早就合計了,在開春後,要跑歡實點,力爭今年再跑一次百公里,照著十幾個小時折騰,看看自己今年能不能頂下來,當然,不能跑傷了。看看跑到什麼程度還能堅持,這不,兩小時拿下來了,三小時也拿下來了,就看今天的四個多小時的了

 

去年,跑了一次70多公里的,一次完成,後來又跑了一90多公里的,不過是分兩天跑的。可能是幾年來跑步沒太注意吧,去年添毛病了,總感覺右腳後跟疼,一到累了的時候就疼,早上跑步前也彆扭,要跑幾分鐘,順過勁來才行。這腳後跟疼,最後就成了頑疾了,無論是騎車,還是跑步,爬山,一到歇過勁來,就找興上你了,一直去不了根,困擾了好一陣子。

 

沒想到,一冬沒怎麼跑步了,腳後跟疼的毛病,就然讓我給忘了,好像就一直沒犯,是不是徹底好了。於是,就想跑點長距離的驗證一下。這次試試,看看有沒有可能永遠不疼了,或者反復。於是,趁著早上的小雨,3點過去就奔出了家門,這次是胡各莊——臺湖,是跑馬拉松練的長線。結果是7點過了到的家,整整是四個小時跑完,還別說,同樣是沒什麼異常,除上班時登高寫東西時發現頭有點暈以外,就是腳後跟有點彆扭,特別是第二天早上出門時,跑起來兩只腳都不是很自然,就是有點症狀了。

 

寫過一天後,證明沒問題,看來,以後還是能跑更長的,下次就挑戰六個小時以上的長同珍王賜豪線的了。力爭跑到牛欄山,試試,有什麼其他症狀沒有,當然,以後再跑都是試著來,不叫勁,不逞能,按自己的速度跑,不和別人比快,只比跑得時間長短就是了。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

しかしいつまでたっても恥ずかしがる牧野。
いや。もう牧野じゃなねぇよな。こいつは道明寺つくしになった。

司は隣で寝ているつくしを見下ろすと色々な思いが甦っていた。
唇が腫れているのは頭に両手を差し込んでキスをし続けたから。
胸の頂きが尖っているのは彼が離迪士尼美語 世界さなかったから。
抑え気味にコトに及んでいるとはいえ、つい最近まで処女だった女にはまだハードルが高いか?

やり過ぎたか?

昨夜の行為が次々に思い出され、有り余る性欲に手を焼く16歳の若者のような振る舞いに司は思わず恥じ入った。
いい年した男が今更女にトチ狂ってどうする?
そう言われたとしても、狂った相手が妻なんだから何の問題がある?

だが実際、隣にいる女の寝乱れた姿は美しい。
何度抱いてもまた再び抱きたいと思うのは、司が感じている喜びを同じだけ共有させたいからだ。

同じ思いを何度でも。

やさしくキスをするのも、引き寄せて腕の中に抱くのも、最初の触れ合いから全てが愛おしく感じるからだ。今まで誰もそんな気持ちにはさせてくれなかった。
今まで誰ともこれほど体を寄せ合ったことも、ベッドの中でこれほど優しく抱きしめたこともなかった。ましてや女と堅く抱き合って眠るなど考えたこともなかったはずだ。

司の胸に顔を寄せ、片腕をまわし抱きしめるようにして寝ている姿。
その姿に自分がどうかしてしまったのではないかと思えるほどの愛おしさを感じる。

それほど司を変えた女はつくししかいない。

 

 

そんなある日、夜更けに目を覚ました司はつくしが隣に寝ていないことに気づいた。
片手を伸ばした先には当然だが誰もいるはずもなく、冷たいシーツの手触りだけがあった。その意味を理解するに時間はかからなかった。上掛けを跳ねのけ寝室を出た。そして明かりの灯る部屋へと向かっていた。
裸で寝ることが当然の司だったが、ベッドから出るときくらい何か着てと言われることを思い出すと、寝室に戻りバスローブに手を通していた。

「どうした?」

司はリビングルームのソファの隅に沈み込むように腰かけたつくしに声をかけた。
その姿はぼんやりと何かを考えているように見えたが声をかけられると、ぱっと表情を変えた。
薄いブルーのナイトウエアまでがよく似合っていると思えるとは、かなりの重症かとひとりごちた。そんな女に穏やかな目で見つめられると、なぜか自分が子供のように感じてしまうということも、どうしたものかと思っていた。

「あ・・ごめんね。起こしちゃった?」
「あほか。気づかねぇわけねぇだろ?トイレかと思ったらなかなか戻ってこねぇから心配するじゃねぇかよ?どっか調子が悪いのか?」
と、隣に腰を下ろすと心配そうにつくしの様子を窺っていた。

気のせいか顔色が少し悪いと感じた司は、まさか自分が激しく求めたからかと考えていた。
つくしは何も言わず黙ったまま膝の上で手を握っていた。何をするわけでもなくじっとしている様子はどうもおかしい。司は再び聞いていた。

「なあ。どうした?具合が悪いならこれからすぐにでも病迪士尼美語 有沒有效院に行くぞ。すぐ車を回させる・・」
司はすぐにでも行く勢いだ。だがつくしは首を横に振った。

「ま、待って大丈夫だから。本当に」

意味深な視線を投げかけ、少し考え込むような素振りでいたが、やがていたずらっぽい目で司を見ると何か言葉を選ぶように唇を開いた。

「ち、違うの」
つくしは慎重に言い添えた。
「あのね・・多分赤ちゃんが出来たんだと思うの」

一瞬の間の後、司の中に高ぶるものは、その感情は大きな波となっていた。湧き上がる思いというのは、まさにこのことではないだろうか。胸の中が熱くなり、己の鼓動が高鳴り眩暈まで起こしそうなこの感覚。体の中で今まで刻まれて来た何かが司を突き動かすようだ。それは人間としての本能とも言えるものかもしれない。

自分が父親になることが信じられない。

「つくし・・本当か?」

囁くように呟かれたその言葉。
美しい大きな瞳に微笑みたいのに、吸い寄せられたように見つめるばかりで声も出せないでいた。そればかりか司は自分の顔が真面目くさった顔をしているはずだとわかっていた。

「うん・・多分ね。まだはっきりしないんだけど、そんな気がしていたの。でも多分そうだと思う」

深く息を吸い込むような音が聞えたかと思うと、つくしは思いっきり抱きしめられていた。
腕の中にいるのは妻。そしてそのお腹の中には司が自分のことを言った染色体の幸運の組み合わせがいる。

「この前から生理が遅れてて、それに胸も少し敏感になって・・い、痛いの」

司はソファから立ち上がり、つくしの前で床に膝を着くと彼女の腹部に手を当てた。
それからまるで宝物を見つけたように妻の顔を見上げていた。

「さっきも、急に胸が気持ち悪くなってトイレに行ったの」

世界でひとつだけの大切な宝物を守るように添えられた手。
つくしの顔を見つめる黒い瞳と彫刻のような顔は揺るぎない思いを抱えていた。
今となっては見慣れたその顔も、パーティーで見かけていた頃は冷笑を浮べ、魂の入らないまさに彫刻のようだと思っていた。その顔が今、つくしの迪士尼美語 有沒有效前で頬を染めるような表情で彼女を見ている。

つくしは腹部に添えられた司の手の上に自らの手のひらを重ねていた。
大きな左手の薬指に収まる金の指輪の上に重ねられた白く小さな手。
すると司は頭を腹部に近づけると耳を当てた。

「つ、つかさ・・まだ、そんな何も聞こえないから・・」
「・・黙ってろ・・。世間じゃこうやって確かめるのが決まり事なんだろ?それなら俺も父親らしい行動ってのをしなきゃなんねぇだろ?」

[Web全体に公開]
| この記事のURL

6件中 1~5件目を表示


1 2 >>