脳内補正 photo


太陽が沈んでく。

子供の頃に食べたっきりで
てっきり閉店したと
ばかり思っていた
ラーメン屋さんが
営業していた。

電車からの徒歩数十分で
やって来ましたラーメン屋。

近付くにつれ
思い出の中に
入りこんだ気分で
胸がアツくなる。

メニュー見て
そうそうコレコレと
オーダー。

やって来た
思い出のラーメン。

見た目は〜
どうした事か
そんなに美味しそうじゃない。

スープを啜ると
そうそうこのパンチのある味。

塩っぱくて油っぽくて
麺に腰がある訳じゃ無くて
おまけに値段が高い。

・・・

何で来てしまったんだろう。

大人になって
味覚が変わったか
美味しさが
脳内補正されて
しまったか。

頑張って食べ切って
思い出とサヨナラ。

地図を見い見い
帰り道は中々長閑で
良い景色が広がる。

人が居ないのを
良い事にツクツクホーシの
声に合わせて歌っていると
マムシ注意の看板が。

居るんですかと。

途端に足元見い見い
帰路に着く。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・己は己
2017年09月18日  [Web全体に公開]
・いってみよう
2017年09月14日  [Web全体に公開]
【閲覧中】脳内補正
2017年09月13日  [Web全体に公開]
・ハンバーグの欠片
2017年09月12日  [Web全体に公開]
・背中で語る
2017年09月09日  [Web全体に公開]