サッカーの五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権が9日からタイで行われていますが、日本が初の予選敗退という屈辱を味わいました。既にホスト国枠でオリンピック出場が決まっている状況での大会参加が初めてだからモチベーションを見いだすのが難しいという評論家の声が一部でありましたが、その不安が的中してしまったといえそうです。

サッカーのことを深く知らない人だったら、野球の侍ジャパンがもうホスト国枠で出場が決まっているのにオリンピック予選を兼ねたプレミア12に出て優勝したように、サッカーのU-23代表も圧倒して当たり前と思ったかもしれません。サッカーを深く知っている人も、久保・堂安のような主力抜きでもそこそこ出来るだろうと考えたかもしれません。しかし、蓋を開けたら1勝も出来ず予選ラウンド敗退ということで落胆と怒りの声がサッカー周りに充満しているようです。森安監督解任すべきという声で具体化しているところもあります。女子の高倉監督がU-20代表となでしこジャパンを掛け持ちしたりトルシエ監督がシドニー五輪と2002年ワールドカップの代表を掛け持ちしたりしましたが、今はトルシエ時代のようにいかないということでしょうか? ひとまず続投となりましたが波乱含みになりそうです。もし解任になったらA代表にも影響が出かねないので注意深く見届けないといけないかもしれません。

野球の侍ジャパン、女子ソフトの日本代表のようにオリンピック予選を兼ねた大会でオリンピック出場を目指す各国相手に強さを見せつけられたのは、やっぱり「世界一にならないと!」というモチベーションがあったからかもしれません。侍ジャパンは2009年の第2回WBC以来世界一から遠のいていたから渇望感が半端なかったし、女子ソフトは「(上野に頼らず)打倒アメリカ」という永遠の課題を抱えている。サッカーの場合はそういう外側に向いたモチベーションがハッキリしなかったから厳しい結果をつきつけられたのかなと思います。サッカーを深く知る人には「野球と一緒にするな」とか「そんなに単純ではない」と言われるかもしれませんが、アジア王者になってオリンピックに乗り込むと言うくらいのモチベーションがあってもいいのではないかと思います。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・黒船は怖くない?
2020年02月07日  [Web全体に公開]
・大相撲は次の時代?
2020年01月31日  [Web全体に公開]
【閲覧中】モチベーションはどこから?
2020年01月24日  [Web全体に公開]
・新春サッカーの昔のあたりまえ
2020年01月17日  [Web全体に公開]
・夢への第一歩!?
2020年01月10日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。