横綱稀勢の里の奇跡的な逆転優勝はいろいろな反響があるようです。春場所13日目に胸の筋肉を部分断裂し、もはや休場は避けられないと言われていたところで14日目も千秋楽も出続けたのです。そしてあの結末ですから、ものすごい騒ぎとなりました。

好角家(相撲ファン)の中には稀勢の里が14日目、千秋楽と出場を続けたことを前向きに受け止められない人がやはり多くいたようです。2001年5月の「『感動した!』の悲劇」が脳裏にあるからだと言えそうです。横綱貴乃花が夏場所14日目に膝を大ケガし、翌日の千秋楽はもはや無理といわれていたのに強行出場。勝てば優勝という状況の中、千秋楽の本割で武蔵丸に完敗し、再び優勝決定戦へ。優勝決定戦では貴乃花が鬼の形相で会心の相撲を見せて優勝したのです。表彰式で当時の小泉総理大臣が総理大臣杯の賞状を読み上げた後に「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した! おめでとう!」とアドリブ的に絶叫したのも有名です。しかし、貴乃花はそれから1年以上まともに土俵に上げれず、挙句の果てには引退に追い込まれてしまいました。これを敢えて私は「『感動した!』の悲劇」と呼ばせてもらったわけです。

横綱になったばかりでこんなことに巻き込まれては困ると思うのは自然なことです。その一方で、稀勢の里の先代の師匠ならあんな状況でも休ませることはなかったとという見方もあります。「横綱になったからには責任感がこれまで以上に重くなる。ましてや新横綱の場所だから期待もなおさら大きい。それに応えないわけにはいかない」という本人の考えもあったといいます。
「取組中に負傷した力士には、審判部が翌日以降の出場停止を宣告することができる」というくらいの強制力が働くようなルールは今ありません。もしかしたら今回の一件がきっかけでそういうルールを作ろうという動きが出るかもしれませんが、そうすべきと簡単に結論付けることができる問題ではありません。

稀勢の里は4月からの春巡業をひとまず欠場し、5月の夏場所に向けて治療に専念することになりましたが、今はこのケガがこの先の横綱としての土俵に影を落とすようなことがないように祈るしかないですね。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・敢えて厳しめに
2017年04月14日  [Web全体に公開]
・成功だったかな
2017年04月07日  [Web全体に公開]
【閲覧中】結論はすぐには出ないけれど
2017年03月31日  [Web全体に公開]
・こんな3月見たことない?
2017年03月24日  [Web全体に公開]
・広がれば
2017年03月17日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。