新春スポーツイベントもいよいよ大詰め。春高バレーが11日、全国高校サッカーは12日に決勝を迎えます。

高校ラグビーは放送権がCSのJ-SPORTSにも分けられるようになってそういうことがなくなったようですが、春高バレーと高校サッカーでは放送するテレビ局の系列局のアナウンサーが何人も動員されていて、普段聞くことができないアナウンサーの声が聴けるようになっています。これも、私としては楽しみなんです。でも、最近はスカチャンのJリーグ中継などで地方局のアナウンサーが実況するところを聴けるようになったので、ありがたみが少し薄くなったなんて感じる人もいるかもしれません。私はどうかといえば、Jリーグのどこかのチームのホームゲームをいつも実況している人が高校サッカーで自分と関係のない地域のチームの試合をしゃべるとどんな感じになるかというのも気になるもので、ワクワクの仕方が薄れたというよりかは変わってきたという方が妥当かもしれません。

昔はといえば、こういうスポーツイベントのほかにプロ野球中継とかスポーツニュースなどでも地方系列局のアナウンサーが登場していました。ネットワーク環境や交通機関が発達して東京からの往復が簡単になったからか、最近は地方系列局の出番が少なくなっている気がします。そのあたり、何となく寂しいと思うのは私だけでしょうか? 地上波でいろいろな声が聴けるようになるような環境が何かしらの形で戻ってくることを楽しみにしています。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ここまでくるとは…
2015年01月23日  [Web全体に公開]
・新しい聖地になるのか?
2015年01月16日  [Web全体に公開]
【閲覧中】これも楽しみ?
2015年01月09日  [Web全体に公開]
・いろいろな1-0
2015年01月02日  [Web全体に公開]
・世界はやっぱり狭い
2014年12月26日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。