10日のJ1第22節で鹿島アントラーズの上田綺世(あやせ)選手がプロ初ゴールをやってのけました。しかも、上田選手は卒業を待たずに法政大学のサッカー部を退部しアントラーズに加入した身だったので、極めてまれな出来事だったとサッカーメディアはとらえているようです。

上田選手はアントラーズのジュニアユース、茨城県の鹿島学園高校を経て法政大学に入学。大学2年で全国制覇を果たしました。大学入学後には東京オリンピックを目指す世代の日本代表の常連になり、今年6月のコパアメリカではプロ入り前の身でありながらA代表に選ばれるまでになりました(この時のA代表が東京オリンピックを目指す年代の代表を下敷きにしたという特殊な事情もありましたが)。実は卒業後の再来年にアントラーズに入団することが内定していたそうですが、オリンピックを間近にしたこの時期だからより高いレベルで戦う機会を作るべきと考えたか、この夏に入団を前倒ししたというわけです。アントラーズはスカウトがうまいのか、年末年始の高校選手権で目玉になった選手を何人も獲得してイッパシの日本代表に育て上げているという印象があります。中でも青森山田高校2年だった柴崎岳選手を入団内定を取り付けたときにはびっくりしました。こういう内定の話は高校3年の高校選手権が始まる直前に聞こえてくるものですが、まだ卒業まで1年もあるというときに内定なんてなかなかありません。大学生でもここまでやるかと思います。

Jリーグでは過去にも大学のサッカー部を退部してプロ入りした人がいます。特に有名なのは明治大学のサッカー部を退部してFC東京に加入した長友佑都選手です。ただ、長友選手や上田選手のように退路を断ってプロ入りする人はまだ多くありません。男子のJリーグ、女子のなでしこリーグが運用している特別指定選手制度で高校生や大学生を一定期間「お試し」をしてから卒業後に契約するというのが一般的です。こういう制度を上手に使っているチームも大体は一定の強さを維持させることができます。

プロ野球はどうかといえば、ドラフト制度が生まれる前、昭和30年代までの自由競争時代は大学の野球部を退部するどころか大学を中退して有望な若手選手がプロ入りすることが珍しくなかったそうです。例えば、阪神で活躍した吉田義男さんとか巨人と大洋でプレーした馬場正平(ジャイアント馬場)さんとか。各球団が卒業まで待てないと契約を持ち掛けて大争奪戦が起こるなんてこともあったとか。しかし、ドラフトが始まってからはこういう争奪戦はほとんどなくなったようです。プロアマ間の契約トラブルを鎮めるためにドラフト制度を導入したということもあるでしょうが。こういう過去があるから上田選手のような選手が出にくいのかもしれないし、「お試し制度」も導入しにくいのかもしれません。でも、いい意味でプロアマの垣根が低くなっている現状を考えたら、中途退部での前倒し加入が無理だとしても育成選手と同じ扱いで1か月限定という形で「お試し制度」を導入してもいいのでは。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
本来なら先週取り上げてもいいことですが、話したいことが渋滞している状態なので今更感覚悟で今回これを取り上げます。7月30日、無敗の3冠馬ディープインパクトが17歳で死亡しました。安楽死の処置がとられたということで衝撃度がかなり大きくなりましたが、それ以上の衝撃が競馬業界では走っているようです。

競馬には競走馬の父親別に勝ち星を集計するリーディングサイヤーというランキングがありますが、ディープインパクトは国内ランキングで2012年から昨年までトップを守り続けていました。しかしディープがこの世を去るとトップ争いはかなり混とんとするのではないかといわれているとか。6日に屈腱炎を発症したために引退することになったロジャーバローズなどディープの子どもが成績を伸ばすのか、ほかの馬が力を伸ばすのか、いろいろと見方が分かれているようなんです。ディープの勝ち星のペースは史上まれにみるもので、驚異的な躍進といわれたディープの父親のサンデーサイレンスの勝ち星量産ペースを上回っていて近々その記録を超えるだろうと言われていました。そういったことで競馬業界に走った衝撃は計り知れないと言われているわけです。また、それと裏腹に種付け回数が一般の馬より多いことがディープの死の遠因となった首のケガを誘発しただろうから種牡馬として長く活躍できるようにするための対策をとるべきという声も上がっています。これも計り知れない衝撃の一つの形といっていいかもしれません。

現役時代の衝撃もものすごかったのは言うに及びません。国内での活躍もすごいですが、フランスで行われた凱旋門賞に挑むときにはNHKが日本時間では深夜になるにもかかわらず総合テレビで生中継するくらいです。そして民放ラジオが数局中継するということにも驚きました。それだけ期待が大きくなったのかなとも思います。飛ぶように走りしかも強いというわけですから、競馬をあまり知らない、スポーツニュースでレースの映像を見る程度という人でも胸を熱くするものだったのかもしれません。当分の間はディープくらい世の中の人々をワクワクさせるような馬はあらわれないかもしれません。失ったものは大きいかもしれませんが、ここからどうすれば日本の競馬を発展させられるかというのも考えないといけません。それがディープへのせめてもの恩返しになるとすれば。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
7月25日に行われた夏の甲子園岩手代表決定戦で、大船渡が163㎞エース佐々木朗希投手の出番が来ないまま敗れたことが大きな話題になりました。そのことだけでも炎上してしまいましたが、国保監督が「佐々木の故障のリスクが特に高くなったので投げさせなかった」と試合後の会見でコメントしたため炎上がしばらく止まらない状況になってしまいました。

翌日付のスポーツ報知のインタビューで横浜高校の渡辺元智総監督が「(本来なら佐々木を投げさせて当然の状況だが)どこか故障していたのではないか」との見解を示していました。渡辺さんの見立てと国保監督のコメントを合わせて考えると私は腑に落ちた感じがします。故障のリスクというのは、もし代表決定戦で投げていたら甲子園の初戦に間に合わなくなる爆弾を佐々木投手が抱えていたということなのかなと。プロ野球の大物OBが「1度負けたら終わりの場所でけがを恐れるなんて…」と采配を批判したのを現役メジャーリーガーやサッカーの日本代表経験者が「けがをしたら身もふたもない」と反論するなど業界内外を巻き込む騒動になってしまいましたが、私は国保監督が腹を括って下した決断を尊重したいです。厳しい言い方をすれば、投打ともに佐々木選手に依存してしまうような層の薄さが花巻東の前では通用しなかったということに過ぎないと考えれば気持ちが収まりませんかね…。

代表決定戦の会場となった盛岡市の岩手県営球場は超満員になったとか。「せっかく遠出してきたのに佐々木が見られないなんて…」と肩を落とした方が多かったかと思いますが、新聞などの報道を見る限り、グラウンドに物を投げつける人や「金返せ」と運営本部やチケット売り場に怒鳴り込む人がいなかったのは何より。高校野球はお金をとって試合を見せるので興行という側面はあります。ただ、プロ野球などと違って興行が第1の存在価値ではないのかなとも思います。もし高校野球の第1の存在価値が興行だというなら、主催者サイドから「佐々木君を出して」と声をかけられ国保監督はそれを断れないという構図ができていたかもしれません。ただ、現実としてそうではない。エースと心中することこそ高校野球における「オールorナッシング」と考える傾向があるかもしれませんが、エースを敢えて出さずに現有戦力で戦うことも「オールorナッシング」だと考えてもいいのではないでしょうか。

では、また次回です
[Web全体に公開]
| この記事のURL
101回目の夏の甲子園を目指した地方大会で代表が続々と決まっていますが、いよいよ今月終盤に入って関東や関西の激戦区の代表も決まります。そんな中、有力校が地方大会で敗れる波乱がいくつも報じられています。

選抜優勝の愛知・東邦がおよそ50年ぶりになるという早さで敗れてしまったのをはじめ選抜出場校や上位シード校が早い段階で敗れることが例年より多いようで、スポーツ紙には敗退校一覧表が掲載されるありさまです。高校野球はじめ学生スポーツには定期的な代替わりというのが宿命なので有力校といってもこれまでの実力を維持できないことだってあります。1人の指導者が何十年にもわたって指導・強化している学校だって甲子園出場のブランクができることがありますが、実力を維持するための方法、方針がしっかりしたものになると何度も甲子園に出場できるようになるかもしれません。それは指導者が培った方法だけではなく、生徒・選手が代々受け継いでいった観念的なものや指導者と選手の間の信頼関係というのもあるでしょう。観念的なものや信頼関係は私立だけでなく公立の学校にもあるかもしれません。そういう信頼関係や指導方針が問われる競技もあります。それは野球の大会ではなくサッカーの大会です。

高校生年代の最強チームを決める高円宮杯全日本ユース選手権は、元々地方大会を勝ち抜いたJリーグのユースチームや高校のサッカー部が集まって予選リーグと決勝トーナメントを行うものでしたが、現在は高校生年代通年制統一リーグになっています。最高峰にあるのが東日本と西日本のプレミアリーグで、その下に各地区のプリンスリーグ、都府県毎のリーグが続きます。で、日本一になるには東西のプレミアリーグを制したチーム同士の王座決定戦に勝つことが必要になります。「都道府県リーグからこつこつ勝ち上がらないと日本一になる資格が得られないのは意味がない」という人もいますが、その時々だけでなく長く築き上げたものどれだけ強固なものが問われる大会というのも大きな意味があるのではと思っています。100年を超える歴史がある高校野球にもこういうものが問われる全国規模のリーグがあってもいいのではないかと思ってきました。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨年は春が90回、夏が100回と高校野球の甲子園大会が相次いで節目を迎えましたが、今年は社会人野球の都市対抗大会が90回の節目を迎えました。春のセンバツ高校野球よりも2年遅く1927年(昭和2年)にスタートしましたが、戦争による中断期間が短かったためセンバツよりも2年早く92年目で90回目の大会を迎えました。

でも、気になるのは都市対抗野球が「社会人の甲子園」ともいえるはずなのに高校野球ほどのムーブメントがなかなか起きないように見えることです。会場の東京ドームの周りはカードによっては巨人戦に負けずとも劣らずの人出があるんです。ただ、メディアの注目度には何となく温度差を感じるんです。前にも言ったことがあるかと思いますが、ここ数年は開催期間が夏の甲子園を目指す高校野球の地方大会と被ることが多く、東京ドームに出場チームを送り出している県の地元新聞の扱いが高校野球の県大会よりも明らかに小さいという県もあるとか。実業団チームが幅を利かせているからか、その企業にゆかりのある地域しか盛り上がらず、学校からかなり離れていても県内にあるからと応援ムードができる高校野球のようにはいかないようなんです。「都市対抗」だからそれでいいと思う人もいるかもしれません。でも、「企業城下町にいればいやが上にも盛り上がるけど、川を渡れば企業の恩恵を受けているわけじゃないから盛り上がる義理も義務もない」と突き放してしまう人がいると高校野球よりも扱いが小さくなってしまうのかもしれません。

ドラフト候補と言われるような力のある人が出てきても高校野球の注目投手やスラッガーの方が注目度が高いこともあります。「甲子園で活躍したあの人が都市対抗に出た」という触れ込みになれば注目度が出てくることもあります。ただ、甲子園に出たことない人だと注目のされ方は大きくないんです。地元高校・大学出身者が同じ県内の実業団に入って都市対抗に出るとなればその人を中心に盛り上げることだってできるはずなのに、ともどかしくなることもあります。

いろいろとぼやいてしまいますが、都市対抗90回を迎えるにあたって社会人野球賛歌「我街(われら)の誇り」が作られたことに今、期待しています。都市対抗野球の大会歌ではありませんが、センバツ高校野球の大会歌として「今ありて」が65回大会を記念して1993年に作られた時みたいに浸透してくれれば、都市対抗への人々の見る目が変わるだろうと思っています。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

514件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>