15日に行われたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)。沿道には52万人が集まったというわけですから大盛況だったことに違いないでしょう。目の前で東京オリンピックの代表が決まるというレースですから見てみたい人も来年のオリンピックの雰囲気がどんなものなのかイメージしたい人もたくさんいるかもしれません。

何度かMGCのように…ということをここで話していましたが、実際やってみると面白かったですね。中でも男子でスタート直後から飛び出し、37㎞あたりまで先頭を走り続けた設楽悠太選手の激走ぶりは翌日まで情報番組で大きく取り上げられるくらい注目されました。もしかしたら、オリンピック代表の座をかけた大勝負だから「思い切りのいい激走」と称賛されたけど、場合によっては「世紀の大暴走」とか「目立ちたがりなだけ」と叩かれかねないのではと思ってしまいました。一方で女子で1位になった前田穂南選手が飛び出して後半20㎞以上一人旅を続けて押し切ったレースを一部で「たまたま2位以下の選手がついていけなかっただけ」と切り捨てる声もあるのに場合によっては「よく追い込み型の強豪につかまらなかったね」と称賛されることもある。本気度とか大会の重みなどで見方がいろいろ変わるかもしれません。なんだかんだ言いますが、男子の場合は設楽選手を捕まえた後続集団がその後もスパートの応酬をしてくれたおかげで見せ場たっぷりになったし、女子は2位争いが最後までわからない状況だったので面白いレースになったと思います。

MGCがマラソン業界に本当に有益だったかどうか、判断つくまで時間がかかるかもしれません。ですが、やれば間違いなく盛り上がることは確かでしょう。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
15日に行われるマラソングランドチャンピオンシップ。MGCと呼ばれる大会が本番を迎えます。「MGCが何の略かわからない。マラソンオリンピック予選くらいの名前でないと」という批判の声もありましたが、MGCという略称がすっかり定着しました。それを前に11日、男子のレースを主に中継するTBSテレビがMGC誕生秘話を特番で紹介しました(ほぼ並行しておこなわれる女子のレースはNHK総合テレビで放送)。

東京オリンピックを目指したマラソン強化プロジェクトのリーダーになった瀬古利彦さんは「一発屋を生まない一発選考をするには」という発想で選考方法をプロジェクトチームの関係者と考えたそうです。その一員だった河野匡さんの発案で3年がかりの選考ロードを構築し、実現したわけです。最初はMGC本番で代表3人を決めて終わりにするつもりでしたが、勝負強さの他に速さを求めるためいくつかの選考レースで一番速く走りかつ基準のタイムをクリアできた人を敗者復活枠で入れるという2段構えにしたとか。これならあまり批判を差し挟みにくくなるし、選考の過程がガラス張りにできるというわけです。

そこで私が考えたのは競泳のこと。競泳はマラソンのようなテレビや新聞、スポンサー企業のしがらみがあまりないこともあって、世界選手権やオリンピックの代表は一発選考が当たり前になっている感じがします。ただ、日本選手権での一発選考で強くて速い選手を選ぶことにこだわりすぎているから代表になれる人数が想定を下回る事があるのだろうと思います。MGCは競泳を見習ったと思い込んでいたのをを11日に否定されたところで言うわけではないですが、競泳の代表選びこそMGCのようなルートを作った方がいいと思うのです。例えば、日本選手権を一発勝負の選考の場にするならば、派遣標準記録を破れずグダグダの結果だったとしても優勝した人を代表にする。でも、次に行われるジャパンオープンで日本選手権の優勝記録を上回って優勝した1人(または日本人最上位)と派遣標準記録をクリアできた2番手を代表にするというくらいでもいいのかもしれません。

マラソンのMGC、最高の結末を期待しましょう。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
1日に新潟競馬場で行われた新潟記念が最終戦となったJRAのサマー2000シリーズ。福島・七夕賞、函館記念、小倉記念、札幌記念、新潟記念の5つの競馬場を転戦したシリーズで勝ち馬がすべて異なったばかりか、継続的に良い成績を残せた馬も多くなく、14年目にして初となる総合優勝預かりとなってしまいました。

JRAでは2006年から夏場に行われる単距離の重賞をつなげたサマースプリントシリーズ、芝2000mコースを使う重賞をつなげたサマー2000シリーズ、そのあと芝1600mコースを使う重賞をつなげたサマーマイルシリーズをそれぞれ編成しました。対象となるレースのうち少なくとも1つのレースに優勝しかつ一定のポイントを稼いだ馬が総合優勝の資格を得るというルールになっていて、サマー2000とスプリントでは必ず総合優勝の馬がいました。対象レースが3つしかないサマーマイルでは要件を満たす馬が出にくいからか総合優勝の要件を満たした馬がいなかった年がありました。そしてこの夏、サマー2000で総合優勝の要件を満たした馬が現れなかったというわけです。

コンディションを維持するのがいつも以上に難しい夏だったからかもしれませんが、競馬業界的に秋の訪れが少し早くなっているのも原因なのかもしれません。札幌記念が夏場唯一のGⅡになると、これまで9月以降にならないとレースに出てくることがなかったGⅠ候補といえる馬たちが札幌記念を秋の初戦ととらえ、そこから日本の天皇賞なりフランスの凱旋門賞を目指すようになるのが珍しいことではなくなりました。以前なら上半期にパッとしなかった馬たちが夏場に勝ち星を積み重ねていき捲土重来を誓うのが一般的で、2000mの重賞を2勝する馬が出てくるのが普通に受け止められていました。それが札幌記念のGⅡ化で捲土重来派のチャンスがやや減ってしまうのかなと考えてしまいました。6月の宝塚記念が終わったら9月まで競馬はお休みというファンが昔は多かったそうです。そういう人たちが夏競馬に興味を持てるようにしようということで札幌記念をGⅡにしたりサマーシリーズを設けたりしたのでしょう。でも、相反する結末を迎えるとは思ってもいませんでした。すぐにルールを改善せよとは言いませんが、こういうことが続くようになったらどうするかを考えてもいいかもしれません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
気が付けばパラリンピックまでも1年切ったんですよね。招致決定から6年ちょっと経過していることになると気づくとびっくりです。「7年がかりの宿題をIOCから出されたみたい」なんて招致決定直後にこのブログで書いたのですが、どこまでその宿題ができているんでしょうか?

オリンピックのチケットの予約抽選で混乱が最初は起こりましたが2度目では落ち着いたし、受付が始まったパラリンピックの抽選申し込みの方で混乱したという話は聞かないので改善は進んでいると考えていいでしょうか。その一方で不安の声が聞こえているのは暑さ対策。競技開始を早めた方がいいとか、本番でフルサイズでできるかとか。天気の状況は本番間近にならないとわからないものですが、できる限りの対策はしていくと信じるしかないでしょうか。ある人は「暑さ対策をしても冷夏になって空振りなんてことになったら誰が責任取るんでしょうか?」とツッコみをいれているようですが、それはそれで結果オーライとなればいいのかもしれませんが。

前哨戦というべき大会が東京を中心に行われています。これでオリンピックが近づいていることを実感できるようになるかもしれません。とにかく楽しみに待ちます。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
第101回全国高校野球は22日に決勝が行われ、大阪・履正社が5-3で石川・星稜を破り初優勝。昨年の大阪桐蔭に続いて大阪勢の連覇で幕を閉じました。履正社は毎試合のように打ちまくり全試合5点以上奪って勝ち上がりました。夏は打力のチームが強いという典型的な展開で令和初の甲子園は終わったような感じです。

さて、東京スポーツといえば何かと尖がった記事が注目されますが、甲子園期間には意外にも正統派の記事が。中でも目を引いたのは9日発行の1面に掲載された星稜・林監督の独占インタビューです。今年春の選抜2回戦で千葉・習志野陣営のサイン盗みを糾弾する騒動を発端にして指導禁止処分を受けた林監督がどんな経験をしてきたのかを語る内容で、マラソン指導者の小出義雄さんが有森裕子さんによく語りかけた「どんなことがあっても『せっかく(だから)』と思え」という言葉が心の糧になったことや批判の手紙を星稜高校に送った後に交流を始めたJALの機長とのエピソードなどが紹介されていました。東スポらしからぬ感動的なエピソードを思わず読み込んでしまいました。でも、その横に「なぜ長野が? 智辯和歌山に合計12万円ハンバーグ」(巨人時代の同僚だった中谷監督を激励するために広島の長野選手が1個1500円の高級ハンバーグを80個も差し入れした、という内容)という見出しが躍っていたのは東スポらしいところでしょうか。

夏の甲子園が終わり、高校野球はもうU-18ワールドカップへ一致団結してなかなか手が届かない世界一を目指します。あの佐々木投手も代表に選ばれています。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

514件中 21~25件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>