FIFA女子ワールドカップフランス大会でなでしこジャパンは25日の決勝トーナメント1回戦でオランダに1-2で敗れ、3大会連続のベスト8とはいきませんでした。決勝トーナメント1回戦だけに限ればここ一番での詰めの甘さが攻撃でも守備でも出てしまったかと思います。守りの面では致命傷になったPK献上という形で出てしまったわけだし。

今回のなでしこジャパンの顔ぶれを見ると、高倉体制下でU-17女子ワールドカップを優勝を経験した選手がいたとはいえワールドカップ未経験が過半数。それにけが人続出で戦術練習が不十分では…という報道もあったし、戦列復帰のめどが立たない選手を選出したことへの批判的な意見もありました。優勝できなくてもせめてメダルを、という期待をかけていたファンも多いかもしれませんが、来年の東京オリンピックでの捲土重来への足掛かりがいろいろな意味でできたと考えた方がいいかもしれません。そんな中、新たな構想も明らかになりました。

27日付のスポーツ報知によると、JFA(日本サッカー協会)がなでしこリーグのプロ化を再来年にも実行させるように準備を進めるというんです。現在なでしこリーグ自体は完全なプロリーグになっていませんが、INAC神戸レオネッサのようにトップチームの選手全員とプロ契約しているチームは別にして、一部の選手と個別にプロ契約を結んでいるのが現状です。プロ化が実現すれば、国内の女子スポーツリーグとしては女子プロ野球、卓球のTリーグに続くもので、バスケットボールのWリーグ、バレーボールのVリーグの先をいくことになります。

女子サッカーの場合はJリーグクラブの傘下にいる女子チームが多くいるのでハードルは高くないでしょう。ただ、下部組織の育成機構を男子並みにしっかりさせたものにしないとプロ組織として長く続けることができなくなるかもしれません。その辺のことはINACや現在2部のスフィーダ世田谷のようにJクラブの母体がない女子だけのクラブには難しい部分になるかもしれませんが、足並みをそろえられればヨーロッパの有力リーグと同じくらいの力を持つことだって可能でしょう。そして、日本を目指す大物選手が現れるのが普通になるかもしれません。そういう意味では夢のあるプランでしょうか。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
まずは先週お話しした久保選手のこと。レアルマドリード入りが決まったそうです。この際、ヤンキースでホームランアーティストとなりレッドソックスのファンを黙らせたベーブルースのように、バルサのファンを驚かせ黙らせる活躍をしてもらいましょう。ただ、「レアルに行った久保はバルサに優勝できなくなる呪いをかけた」なんて言われないようにしてほしいですが。

さて、今回はまたダゾーンの話を。プロ野球の巨人戦中継を始めたために注目度が高まったわけですが、いささか気がかりなことがまた見えてきた気がします。サッカー日本代表が招待を受けて参加している南米選手権・コパアメリカがダゾーンのみの放送になっているんです。私の考えが古いのかもしれませんが、日本代表戦が地上波・BSで見られないのはどうなのかなと。オリンピック代表候補が中心であるとはいえA代表の試合が見やすい状況にないって…。

去年10月に行われたボクシングの村田諒太選手のWBA世界ミドル級王座防衛戦がダゾーンでしか見られないと知った時にはがっかりしたのを覚えています。井上尚弥選手の海外防衛戦がWOWOWで生中継されたあと同じ日の夜(プライムタイム)にフジテレビが録画放送したように、ネットニュースなどで村田選手が負けたのを知ったとしても、ダゾーンの生中継の後にプライムタイムあたりで地上波で見られればと思いました。女子プロテニス協会主催のWTAツアーもダゾーン独占で大坂なおみ選手の試合もまた、CSのGAORAやNHKのBS1で放送される錦織圭選手の試合よりも見やすくないですね。深夜の録画放送であっても大坂選手の試合を地上波で見られればと思う人、少なくないと思いますが。

さて、サッカーに話を戻します。今回のコパアメリカは女子ワールドカップと日程的にぶつかるから地上波・BSでフォローできないという理屈も成り立つでしょう。が、地上波なら女子ワールドカップを放送しているフジテレビ以外の局が名乗りをあげればいいでしょうし、BS・CSならトゥーロン国際大会と女子ワールドカップを抱えるNHKやJ SPORTSでなくWOWOWやスカサカがやれるように調整して、インターネットを使わなくても気軽にみられる代表戦のメリットを守れるようにしてほしいと思うのは私だけでしょうか? スマホでもパソコンでも気軽にみられるからこだわる必要はないというのでしょうか? いろいろ悩みます。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
なでしこジャパン、まさかのドロー。
久保建英、まさかの「出戻り」?
日本が大きく関わる世界的なサッカーの出来事が相次ぎ起こりました。

まずはなでしこ。10日に行われたFIFA女子ワールドカップフランス大会の予選ラウンド初戦でなでしこジャパンはアルゼンチンとスコアレスドロー。下馬評ではこれまで一度も負けたどころか引き分けたこともない相手で同じブロックの中ではFIFAランキングが最低ということで安全パイと思われていました。が、格上相手の常とう手段ともいうべき超守備的布陣をばっちり作られたアルゼンチンからゴールを奪えず「負けたも同然」のドローとなってしまいました。
勝ち点を手にしたアルゼンチンの選手たちは大喜び。日本相手に実績残して感嘆の声をあげ、なでしこには「大丈夫か?」と心配の声がささやかれるのが普通になるなんて、なでしこも世界の強豪として認められたのかなと何気なく胸を張ってしまいます。ねじを巻きなおして14日の2戦目にどう臨むか、なでしこには明るい気持ちで接そうかと。

一方、FC東京との契約が6月1日付で満了した久保建英選手の移籍先探しがざわついているようです。9日のエルサルバドル戦で史上2番目の若さになる18歳5日で代表デビューして注目度が高まっている久保選手。日本でのサマーキャンプで見いだされたため10歳でバルセロナの下部組織カンテラへの加入が認められましたが、久保選手との契約がUEFAの規定に違反している(EU加盟国以外の国の18歳以下の選手と契約できる人数制限を超えたため)ことがわかりバルセロナを離れざるをえなくなってしまいました。チームの規定で「カタルーニャ州の子供でなければ13歳にならないとカンテラに入れない」とされていたのに日本人ながら10歳でカンテラ入りが認められたくらいの逸材ですから、「バルサがだめならウチで」と勧誘したイングランドのクラブもあったとか。実際はFC東京の下部組織に入って実戦経験を積み重ね17歳でJ1出場、そしてゴールも経験しました。
若くして実績豊富な日本人に対して引く手あまたのオファーが飛び交いました。フランスの名門パリサンジェルマン、イングランドの強豪に急成長したマンチェスターシティ、そしてレアルマドリード。バルサからレアルとなれば、競技は違えどあのベーブルースのような因縁が生まれたかもしれません。ベーブルースはレッドソックスでいわゆる二刀流で活躍していました。昨年、エンゼルスの大谷翔平選手が二刀流の記録をいくつも打ち立てましたが、その中にはベーブルース以来というものもありました。その後ヤンキースにベーブルースが移るとホームランアーティストになり、古巣でありライバルのレッドソックスを一気に追い抜いてしまいました。その後レッドソックスがなかなか優勝できず、ベーブルースが呪いをかけたなんて陰口をたたく人も現れたとか。久保選手がレアルに移ってものすごい活躍したらと考えたら…と心配になってしまいました。
ただ、12日に上がってきた報道では久保選手の代理人はバルサへの出戻りに向けて話し合いを進めているとか。日本に戻った時点でバルサとは18歳から3年間の仮契約を久保選手は結んでいたため優先的に話し合う状況はあったようですが、いろいろ考慮を重ねて決断したみたいです。円満な結末を待つだけというところでしょうか? 

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
5日に行われた令和最初のサッカー日本代表戦はトリニダードトバコが相手。スコアレスドローに終わり、令和初のゴールはお預けになりました。これまでの4バックを、森保監督がサンフレッチェ広島で使っていた3バックに変えた効果があったかどうか賛否両論が渦巻いていますが、気になったのはFIFAランキングでも日本より下だったトリニダードトバコのメンバーが普段どんなチームでプレーしているのか。この日中継したフジテレビの西岡孝洋アナの話によれば、多くはアメリカ2部リーグのチームにいる選手だとか。えっ、メジャーリーグサッカーって、1部・2部…とグループ分けがあった? そうだったらマイナーリーグ相手にゴール決められなかったってこと?

今から70年ほど前、1リーグ時代だったプロ野球の日本代表がメジャーリーグ選抜でなくあるマイナーリーグの単独チーム相手になかなか勝てず、力の差を見せつけられてしまいました。劇作家の寺山修司さんは競馬の第2回ジャパンカップのテレビ中継でゲスト解説を務めたとき、前の年の第1回大会を振り返るくだりでこの光景を引き合いに出し、日本の馬と海外の馬の力の差が簡単に埋められるものではないとコメントしていたのを思い出しました。そうだったら、日本サッカーの攻撃力がかなり弱っているのではないかと疑わないといけません。

で、アメリカの2部リーグとは何だろうかと調べてみました。メジャーリーグサッカーは順位の優劣によってクラスが上下することがない独立リーグのようなものではあるものの、アメリカ最高峰のサッカーリーグと位置付けられているとのこと。ただ日本やヨーロッパにあるようなリーグのピラミッドはアメリカにもあって、その頂点がアメリカ2部リーグにあたるUSLプロリーグだというんです。このリーグはメジャーリーグサッカーのマイナー組織も一部参加しているものの、あくまでも育成・強化のために参加しているというのです。日本でいえばJ3にガンバやFC東京が23歳以下のチームをトップチームと別に送り込んでいるようなものなんだとか。ということは、5日のスコアレスドローの落胆は必要以上にしすぎということなんだと思えてきました。ただ、いつか末恐ろしい国になる可能性も孕んでいると言ってもいいかもしれません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1