平昌オリンピックはいよいよ大詰め。団体競技のメダル決定戦が残るくらいになってくるとテレビの放送時間は必然的に少なくなり、何となく寂しさを感じてくるような気もします。日本のメダル獲得総数はこれまで最多だった長野大会の10個を上回りました。前回触れた部分を蒸し返すところではありますが、長野の時と比べると、メダルが決まったからといっても無条件に「良かったね」とはならないで期待していた色より悪い色となると「ダメだったね」とか「負けたか」という落胆の意識が強くなっているような。まぁ、スピードスケートの小平奈緒選手、フィギュアの羽生結弦選手がもし負けて「ダメだったか」と思うならば、陸上のウサインボルトくらいの人が100mで金メダルを取れなかったときに「負けたか」と思うのと同じで、世界標準で考えればそれは当たり前だととらえてもいいのかなとも思っていますが。

さて、日本ではあり得ないというか「あってはいけない」といわれてしまうかもしれませんが、欧米ではオリンピックも賭けの対象となっていて、ブックメーカーがオッズという形で選手を評価しています。それを見ていると、お金が関わっているから評価は冷静だし厳しいなと思うところがあるし、日本にわりと甘い評価をしているなと思うところもありました。日本勢がメダルを獲得した種目からいくつかピックアップしてみます。(オッズは10betのもの)

フィギュア男子シングル
1番人気 宇野昌磨 2倍
2番人気 羽生結弦 2.25倍
メディアの予測でもアメリカのスポーツ専門シンクタンクの予測でも羽生選手が宇野選手よりも上(羽生銀、宇野銅)と評価されていましたし、別のブックメーカー、ウイリアムヒルでは羽生・宇野両選手が同率2位となっていました(1位はネイサンチェンで2.87倍、羽生・宇野は3.25倍と拮抗)。9日にあった団体の男子ショートで宇野選手が参加選手で唯一の100点越えをしたので評価が逆転したかなとおもいきや、この数字は大会前のもの。羽生選手が必ず復活するという根拠がないから宇野選手の方が評価が高いと考えられたのかもしれませんね。

スピードスケート女子1500m
1番人気 高木美帆 1.66倍
2番人気 ブスト(オランダ) 5倍
オリンピックによる中断前のワールドカップシリーズで4戦4勝でいくつか出る個人種目の中では特にメダルの期待は高いといわれていても、ここまで高木選手の評価が高くなっているとは思ってもいませんでした。スピードスケートでいえば、小平選手のオッズでも「へぇーっ」って思ってしまいました。
500m 1.2倍(1番人気)
1000m 1.5倍(1番人気。銅メダルだった高木選手は4番人気の評価で8倍)
ワールドカップシリーズで前のシーズンから15連勝という500mでこの数字というのは納得ですが、1000mでもこの数字になるとは。まぁ、小平選手が世界記録を更新したばかりだし、ワールドカップシリーズで敗れたレースというのも誰かにタイムで負けたのではなくて自分の転倒によるものだからこれくらい評価してもいいだろうとブックメーカーは考えたのかもしれません。ちなみにアメリカのシンクタンクは小平選手の1000mについては銀と予測していました。

その一方で厳しい評価を突きつけられたのはジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅選手。
1番人気 ルンビ(ノルウェー) 1.44倍
2番人気 アルトハウス(ドイツ) 4倍
3番人気 イラシュコ(オーストリア)5倍
4番人気 高梨沙羅 5.5倍
イラシュコ選手がオリンピック中断前最後のワールドカップシリーズで優勝したから順位を落としたのかもしれませんが、1番人気と比べて3倍以上の数値の開きができるくらい厳しい評価を下したのは、今シーズンのこれまでの低迷ぶりを考えたら仕方ないのかなとも思いますが。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
始まってみれば盛り上がってきた平昌オリンピック。14日までに日本勢は7つのメダルを獲得しました。しかし金メダルなし。そんな中で慣れが出てきたような感じがありまして。

報道ではアメリカのスポーツ専門のシンクタンクのメダル予想とかワールドカップシリーズでの成績などで金メダルへの期待が高まってきたからか、銀メダルでも落胆感があって「銀か! 良かった」という感覚ではなく「あっ、負けちゃったのね」という感覚になってくるんです。前回銀メダルだった選手がまた銀メダルというとなおさらです。冷静になっているのか、冷めているのか、「まけちゃったのね」という感覚になるのがなんとなく怖く感じます。高梨沙羅選手が銅メダルに終わったジャンプ女子個人ノーマルヒル翌日の日刊ゲンダイで「ルンビとアルトハウスの2人で上位は鉄板で、高梨はどうあがいても3位が精一杯」と報じたのを見て納得した自分もなんとなく怖い気が。この先どう気持ちが変わるのか、気になっています。

その一方で、「日本いける! 勝てる!」と国民の期待を必要以上にあおるようなメディアのやり方を疑問に思っている人もいるそうです。スポーツジャーナリストの生島淳さんは「日本選手と対戦するライバルの情報は昔の方が丁寧に伝えられていたけど、今は日本人への期待ばかりが大きく伝えられている」と感じているようですし、石田純一さんは「日本選手の健闘を讃えるのはいいけど、勝者を讃えるのも忘れちゃいけない。両論併記でいきましょうよ」とラジオ番組で語っていました。伝える方も見る方も広い視野が必要なんでしょうね。

また次回も恐らく五輪の話です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
もうすぐ冬季オリンピックが韓国の平昌で始まりますが、そのあたりのことは後々触れられると思うので今回は水泳の話を。

室内の競技用プールが大体の都道府県に1つは設けられるのが当たり前になり、オリンピックや世界選手権の代表選考会にもなる日本選手権が4月に行われるようになる中、主力選手が集まる大会が1月にはもう行われています。その中で特に注目が集まったのが1月27日・28日に行われた北島康介杯東京都選手権。小学生から代表経験者まで50mプールで真剣勝負を繰り広げるという大会です。冬場はなぜか25mプールでの大会が多くなるものですが、この時期で50mプールを使うのはなかなかないんです。しかも、「東京都選手権」と銘打たれるだけに東京に拠点を置く選手には限られますが、トップ選手がガチンコ勝負を演じるのだから業界的に気にならないわけがないというわけ。その上、タダで見られるというのもありがたいです。

今回の北島杯では去年の世界選手権でメダルを獲得してブレイクした女子個人メドレーの大橋悠衣選手が専門外の種目含めて4種目参戦して3種目で優勝。しかも、28日には女子200m個人メドレーから100m自由形の決勝2連チャンで両方で優勝するという離れ業をやってのけました。男子でも個人メドレーの瀬戸大也選手らが登場して盛り上がりました(子宝授かった奥様=飛び込み日本代表の馬渕優佳さん=の姿は確認できませんでしたが)。また、世界記録を出せば100万、日本記録を出せば10万という懸賞を大会委員長の北島さんが出してメディアに注目されましたが、それを獲得できた人はいませんでした。来年も続くなら楽しみにしたいですね。
大会の最後にはエキシビションで盛り上がりました。2003年と2007年の世界選手権でメダルを獲得した男子メドレーリレーのメンバー(森田智己、北島康介、山本貴司、細川大輔)が勢揃いし、素人(大会スポンサーの有志)と対決するという企画。4×50mのメドレーリレーとフリーリレーの対決でもメダルメンバーが勝利ということになりましたが、レース後のインタビュー含めて盛り上がりました。欲を言えば、女子の代表経験者も対決に加わって欲しいかなとも思いましたが。会場には北島さんが過去に獲得したメダルが並ぶなどした展示スペースもあり、そこで写真を撮る人たちもたくさんありましたし、小学生や中学生の選手が年上のトップ選手にサインをねだるような場面もありました。

北島さんは「いつかは海外の選手達からも注目される大会にしたい」とエキシビションの後で話していましたが、そうして欲しいですね。その一方で、子どもから大人まで楽しめるようなお祭り的な雰囲気もなくさないで欲しいという気持ちにもなりました。陸上競技だとスーパー陸上のように国内外のトップ選手が集まる1日完結型の大会がありますが、水泳にはシンクロの日本選手権を海外選手を受け入れる「ジャパンオープン」を兼ねてやってはいますが、独立した大会は聞いたことありません。これくらい盛り上がれる大会になるのを楽しみにします。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
大相撲初場所は平幕の栃ノ心が12日目で横綱・鶴竜を逆転し、初優勝を果たして幕を閉じました。膝の大けがで長期休場を余儀なくされ一度は幕下にまで下げたあと、また幕内まで番付を戻して幕内最高優勝まで果たしたのは琴風以来37年ぶりというケースになったそうです。

10日目までは鶴竜が全勝で突っ走っていて「このままなら優勝間違いなし」という声が支配的でしたが、直後に4連敗という大失速で栃ノ心に逆転を許すという信じられない結末を迎えました。稀勢の里共々4場所連続休場を経て「次に出場するときには進退をかけることになる」と師匠が明言した上で迎えた場所。しかも白鵬が開幕直後のけがで休場し、稀勢の里が5場所連続休場に追い込まれ…と思わぬ事態が続いて1人横綱になってしまいましたが、横綱の責任を何とか果たし続けたように見えます。閉幕翌日の横綱審議委員会は「進退の危機は脱したが悪い相撲で連敗をしてしまったのはどうか?」と苦言混じりも一定の評価を示してはいたようです。これは一つのスタートととらえて、また相撲に磨きをかけてもらいたいですね。

栃ノ心がいる春日野部屋は両国国技館からほど近いところにあるので、関取の栃ノ心であっても場所中は歩いて国技館に通っていたそうです。取組後は部屋の車を通用口につけてもらってとっととそれに乗って帰るということはなく付き人達と一緒に歩いて部屋に帰るわけです。そんなこともあって、「鶴竜が敗れた日の相撲を国技館内のどこかにあるモニターテレビではなく、帰り道の途中にある薬屋のテレビで偶然見た」とか、「優勝が確定した14日目、国技館から部屋へ帰ろうとしたところ優勝を祝福するファンが殺到してサイン責めに遭った」というエピソードがメディアで多く紹介されました。もしかしたら80年代前半までの蔵前国技館時代だったら当たり前にあったことで大げさに取り上げられることはなかったかもしれません。でも、こういうシーンが大きく取り上げられたことで「相撲はやっぱりファンに近いものだ」と思えるようになりました。

まだいろいろと火種が協会内にあるようですが、15日通しての満員がいつまでも続くように期待したいところです。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1