12月は読売新聞のスクープがきっかけで高校の駅伝有力校の鉄剤注射が問題視され、挙げ句の果てには日本陸連が禁止令を出すまでに至るというスキャンダルでざわついたような気がします。

体質的に貧血になりやすい人が効果的に取り入れるために鉄剤注射をやるケースは以前からあったようですが、問題視されたのは新手の血液ドーピングとも言えるやり方です。鉄分を増やすことで持久力を高め、記録を飛躍的に伸ばせるようですが、その反面体調を回復させるのに時間がかかってしまうなど副作用とみられる症状もみられているとか。パワー重視の短距離だと体重についてあまり云々されることはありませんが、長距離だと体重が軽ければ優位に立てるという考えが古くからあります。体重を増やさずに持久力を高めるために…と外国では血液に働きかける薬物を投与する血液ドーピングが20年くらい前に問題視されていましたが、ここ最近はこういう類の話を聞こえていませんでした。しかし、身近なものがドーピングに直結してしまうのには驚きました。とりわけ女子選手については女性特有の機能に長期的な影響を与える危険もあるというわけだし。

軽量かつハイパワーを求める指導者サイドの考えを全否定するつもりはありません。リスクがたとえ高くてもそれ以上のリターンを得られればいいと考えるのは自然な考えかもしれないし、違反ではないならやっちゃいけないというわけでもない。そういうものにすがる気持ちはわかります。ただ、長期的なリスクをよくよく見極める冷静な目も必要だったかもしれません。「常勝」を考えるならそういうことも必要かもしれません。今時のスポーツ系の育成ゲームだって単純に勝ちまくればいいような設定にはなっていなくて、長期的な育成・強化のビジョンが求められるようなものが増えています。学校と選手のこれからのために有益な育成・強化を考えていってほしいです。それがスポーツ界全体を衰退させない一番の方法でしょうから。

次回は1週休んで年明け1月11日にアップする予定です。良いお年を。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
UAEで行われているクラブワールドカップで開催国代表のアルアインが決勝に進み、あのレアルマドリードと対戦する権利を勝ち取りました。クラブワールドカップのアジア勢のメダルと言えばすべて東アジアのチームばかりで中東勢のメダル獲得は初めてになります。

サッカーのクラブチーム世界一決定戦と言えば先進地域と見なされていたヨーロッパと南米の代表による一騎打ちトヨタカップが定着していましたが、2005年から世界クラブ選手権として広く世界に門戸が開かれました。決勝はヨーロッパ対南米の構図にばかりなりますが、先進地域のチームと対戦できるチャンスが間違いなく生まれたわけです。アジア勢初のメダルは第3回(2007年)で、浦和レッズの銅メダル。この年から開催国代表の枠ができましたが、レッズはアジア代表として出場権を得たためアジアの次点チームが開催国代表の替わりになるという珍事が起きてしまいましたが。当時はテレビや新聞が「世界3位」と伝えるやり方に批判的な声が多かった記憶があります。ヨーロッパのビッグクラブに勝ったわけではないのにおこがましいというのが大方の理由でした。そんな中私は、かつて5大陸王者と日本の6カ国でやっていたグラチャンバレー(現在は日本含めて8カ国参加)で3位になればメダル獲得と騒いでいたから、世界クラブ選手権で3位になったら「世界3位」じゃなくて「銅メダル獲得」と言えばいいだろうと思うに至りました。

テレビ中継のイメージキャラクターを務めたタレントさんが「日本のチームがクラブ選手権で勝つなんてまだ早い」と言っていたのに、レッズが銅メダルを獲得すると表彰式の後に放送された番組に駆けつけた選手の前で土下座するなんてこともありました。先進地域のチームとの実力差やプロサッカーの歴史の長さなど考えればJリーグはじめアジアのプロサッカーはまだ足下にも及ばないという考えがあったからかもしれません。野球だったらヨーロッパとアジアの立場が逆になるかもしれませんが。

それから時が流れ、おととしには開催国代表の鹿島アントラーズがアジア勢初の決勝に進み、レアルマドリードと延長までもつれる激戦を演じるまでにいたりました。一方、南米の有望選手が早い時期にヨーロッパのビッグクラブに引き抜かれるようになって南米のクラブチームの地盤沈下が起こっているのか、南米のクラブは毎年のように進まなくなってきました。地盤沈下というとネガティブかもしれませんが、それだけ世界の実力差が詰まっていると前向きに考えることもいいのではないでしょうか。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
デリケートなことだし言い方一つ間違えたら「不謹慎狩り」に遭ってしまいそうで触れるのはよそうと思っていましたが、思うところがあったので今回は触れようと思います。貴乃花部屋が解散したのを受けて千賀ノ浦部屋に移った幕内力士の貴ノ岩が付け人に暴力を振るったために引退を決断したとか。

昨年10月に当時の横綱日馬富士が巡業先の飲食店で貴ノ岩にけがを負わせるような暴行を起こし後に引退という一件をきっかけに角界は大揺れとなりましたが、この一件の当事者がこんなことになるなんて思ってもいませんでした。が、この一件があったとき、貴ノ岩はなぜ注意を受けなければいけなかったのか、なぜ殴られたのか、なかなか納得していなかったようだと一部で報じられていました。そういう経緯があると、忘れ物について言い訳した付け人に対して暴行を加えたことは瞬間的には貴ノ岩にとって大ごとに感じなかったかもしれないなと思いました。当事者意識というか問題認識の仕方が大方の人と違っていたと言えばいいのか…。でも、事情聴取などしているうちに事の重大さに気付いたから引退を決断するに至ったのはまだよかったとも思うし…。

その一方で引退をあっさり受理した相撲協会にも疑問の声があるようです。「本当にいいのか?」と再考を促すような動きがあったといいますが、一般的な引退と同じような対応するのは確かに首をかしげてしまいます。事情聴取で得た情報から引退が本当に妥当なのかを検討して、引退届を却下して出場停止処分を下すような選択もあってよかったのかなとも思います。暴力とは違いますが法律に触れるような行為をした選手に引退勧告をすぐにしないで反省を促す時間を与えることが多くなりました。そのトレンドに乗るべきだというわけではありませんが、相撲協会にもそういう考えもあっていいのかなとも思います。その期間を経ても引退する意思が変わらなければ受理やむなしと考えればいいでしょうが。何度考えても難しいものです。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
年明けにアジアカップがあり、鹿島アントラーズがクラブワールドカップに出場する関係があって、決勝が12月9日に行われるという異例のサッカー天皇杯。決勝は浦和レッズベガルタ仙台の顔合わせになりました。レッズは連覇を果たした2006年度以来12年ぶり、ベガルタは初の優勝を目指します。これと並行して女子サッカーの皇后杯も行われていますが、こちらは例年より遅い元日に決勝が行われます。

さて、天皇杯で初の決勝進出となったベガルタですが、これまでの女子の記録を上回る快挙を果たしたことになります。女子チームはこれまで皇后杯でベスト4に3度進んでいますが、男子チームの天皇杯での最高成績はベスト4進出1回と女子の成績をやや下回っていました。個人的にはベガルタは皇后杯を先に手にするだろうと思っていましたが、男子が女子の記録を上回るようだと一気に…ということもありそうな気もしてきました。東北勢初の天皇杯制覇もかかるということですから、宮城県ばかりでなく東北中盛り上がりそうだし。NHKは地上波で放送する予定がなかった準決勝を東北ローカルで生中継していたそうですが、決勝もサブチャンネル延長を駆使しながら東北限定地上波中継となるのでしょうか(台風や大雪のような災害報道でもない限り大河ドラマを飛ばすわけにはいかないので)。

女子と男子のチームを両方持つJクラブとしてはリーグのアベックVと天皇杯・皇后杯のアベックVが大きな目標になります。ベガルタレッズも男女とも勝ち残っているため今年度に達成する可能性があります。特にレッズとしては悲願と言っても大げさではないでしょう。男子チームはJリーグ誕生以後、2005年度・2006年度と天皇杯を2度制していますが、女子チームは前身含め4度も決勝に進んでも東京ヴェルディ傘下の日テレベレーザに3度、選手すべてプロというINAC神戸レオネッサに1度阻まれています。前にもこのブログで話しましたが、INACに敗れた時にはなぜか皇后杯決勝のあとに控えた天皇杯決勝に進んだ鹿島アントラーズサポーターの一部がINACの応援に加担したのが不思議に感じたのを覚えています。今年度の皇后杯決勝の舞台は男子チームがガンバ大阪と何度も激戦を演じ嬉しさも悔しさも味わったパナソニックスタジアム吹田というのはただならぬ因縁を感じます。男子も女子もタイトルとなれば、浦和の街は年末も年始も大騒ぎになりそうですが。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1