ひとまず今年限りになる明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ。勤労感謝の日の23日に川崎フロンターレ鹿島アントラーズの準決勝が行われ、1-0でアントラーズが勝って、浦和レッズとの決勝に進みました。今年のチャンピオンシップには去年にはなかった特徴的なルールがあります。実は引き分けがないのです。


サッカーは野球やバスケットボールと違い、無制限に延長を続けることができないもの(バスケットボールの場合は3分の延長を何回も続けて第2、第3、第4延長とつけられます)。では、どういう風にして白黒をつけるのか? レギュラーシーズンの順位でアドバンテージをつけようというわけです。だから、引き分けもなければ延長戦もやる必要もなくなるわけです。決勝はホームアンドアウェーの2戦勝負、合計得点で優勝を争います。合計得点が同じならばアウェイゴールを比べ、それでも同じだったら、去年なら延長をやることになっていましたが、今年はレギュラーシーズンの順位が上の方の勝ちになります。

昨年、年間2位の浦和レッズと3位のガンバ大阪の準決勝で、ガンバが延長の末に勝利して決勝に進んだのを、「年間成績を軽視しすぎ」と非難の声があがったのがきっかけで今年はかなり明確なアドバンテージができたわけです(レッズが負けたという衝撃もあったかもしれませんが)。ただ、一部のファンの間ではチャンピオンシップそのものを否定している風潮もあります。以前のブログでも話したことがありましたが、ヨーロッパで生まれ育ったリーグの考え方があるからか、ホームアンドアウェーの2回総当たりで一番成績が良かったチームが一番でいいという考え方を超えることはできなかったということかもしれません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ひとまず今年限りになる明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ。勤労感謝の日の23日に川崎フロンターレ鹿島アントラーズの準決勝が行われ、1-0でアントラーズが勝って、浦和レッズとの決勝に進みました。今年のチャンピオンシップには去年にはなかった特徴的なルールがあります。実は引き分けがないのです。


サッカーは野球やバスケットボールと違い、無制限に延長を続けることができないもの(バスケットボールの場合は3分の延長を何回も続けて第2、第3、第4延長とつけられます)。では、どういう風にして白黒をつけるのか? レギュラーシーズンの順位でアドバンテージをつけようというわけです。だから、引き分けもなければ延長戦もやる必要もなくなるわけです。決勝はホームアンドアウェーの2戦勝負、合計得点で優勝を争います。合計得点が同じならばアウェイゴールを比べ、それでも同じだったら、去年なら延長をやることになっていましたが、今年はレギュラーシーズンの順位が上の方の勝ちになります。

昨年、年間2位の浦和レッズと3位のガンバ大阪の準決勝で、ガンバが延長の末に勝利して決勝に進んだのを、「年間成績を軽視しすぎ」と非難の声があがったのがきっかけで今年はかなり明確なアドバンテージができたわけです(レッズが負けたという衝撃もあったかもしれませんが)。ただ、一部のファンの間ではチャンピオンシップそのものを否定している風潮もあります。以前のブログでも話したことがありましたが、ヨーロッパで生まれ育ったリーグの考え方があるからか、ホームアンドアウェーの2回総当たりで一番成績が良かったチームが一番でいいという考え方を超えることはできなかったということかもしれません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
リーガエスパニョーラのバルセロナのユニフォーム胸スポンサーに次のシーズンから楽天がなることが決まったとか。日本企業がヨーロッパ主要リーグのチームの胸スポンサーになることは珍しいことではないですが、バルセロナがこうなるとは思ってもいませんでした。

バルセロナは一貫してユニフォームに胸スポンサーを入れない主義をとってきました。巨人と阪神のようなライバル関係にあるレアルマドリードはスポンサーを受け入れていますが。しかし、バルセロナは2006年からほんの少し方向転換しました。社会貢献活動を目的にするならユニフォームスポンサーを受け入れることにしたそうです。その第1号となったのがユニセフで、それから現在までカタール財団が引き継いでいるというわけです。ですからお金は動いてもほんの少額でした。しかし、これからの楽天については推定年額64億円ものお金が動くそうです。これはアメリカの自動車メーカー・シボレーがイングランドのマンチェスターユナイテッドのスポンサーになって年額72億円を投じたのに続く、世界2位の大型契約になったとか。

楽天の三木谷オーナーはアメリカのサンフランシスコでバルセロナのある選手に会ったのをきっかけに契約を結んだそうですが、商業的なユニフォームスポンサーを今まで受け入れなかったクラブの方針を曲げさせるとはなんともすごいことです。その三木谷さん、NPBのオーナー会議では外国人枠の撤廃を提案したとか。旧来のしがらみがないから何だって言えるというのが三木谷さんの強みかもしれませんが、ありえないと思われたことをなんだかんだやってしまう力には驚かされるばかりです。果たして、三木谷さんが打つ次の手とは何でしょうか?

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今シーズン限りで引退した広島の黒田投手の背番号15が永久欠番になりました。引退即永久欠番という形になったのは約30年ぶり。それだけ大きな意味のある出来事になったと言えるでしょう。

最近は「相応しい人が出るまで封印」という扱いにすることが多いのがプロ野球選手の背番号。やはり今年限りで引退した横浜DeNAの三浦大輔投手の背番号18は「横浜ナンバー」と名付けられた上でそうなりました。他にも広島の野村謙二郎前監督の背番号7も同じです。野村さんの場合は永久欠番が一度提案されましたが、本人の意向で封印となったと記憶しています。

サッカーには永久欠番という考えは基本的になく「相応しい人が出るまで封印」とするケースが時々ある程度。主力選手が海外に行ってその選手の背番号が欠番になることが多いからか、期待できる若手が出てきたら翌年にホイホイ背番号を受け継がせることが普通に見えます。アルゼンチンでは、マラドーナの背番号10を代表の永久欠番にするという動きがあったものの、FIFAが反対したため幻になったそうです。代表の背番号だからと言うのもあるかもしれませんが、サッカーは永久欠番よりも継承を旨とする考えがあるでしょう。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

日本シリーズが終わりました。北海道日本ハムが2連敗からの4連勝で10年ぶりの日本一なりました。ほんの一つのミスで流れが変わってしまう、野球の怖さ、難しさを見せつけられました。選手のミスだけでなく、監督の戦略ミスも流れが大きく変わってしまうシーンがあったのも印象的です。

戦略ミスが多かった広島にとってはもったいないシリーズだったし、それを誘発させる仕掛けをいくつも成功させた北海道日本ハムは何というか強かさが見えたシリーズかもしれません。強さを強さ以外のものに見せているような感じでもあります。栗山監督は評論家時代に往年の名選手の野球道具やメジャーリーググッズを喜びはしゃぎ集めていて「野球オタク」のように言われたことがありますが、いやいや、野球が根っから大好きな人なんですね。楽しくも激しい野球をして日本一になれたことはすごいことです。

結果抜きで広島は盛り上がりましたね。優勝してチームどころか県内一丸になったのがすごい。ここもまた根っからの野球好きという土壌なんですね。41年ぶりの優勝パレードが待っているそうです。どんな雰囲気になるでしょう。黒田投手が引退して背番号15が永久欠番になることでまた熱気がおびることでしょう。

では、また次回です。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1