25日からロシアのカザニ(カザンって昔は表記していたような…)で世界水泳がスタートしました。日本としてはシンクロで8年ぶりにメダル獲得と上々のスタートを切っています。飛び込みでは現役復帰した寺内健選手が3m板飛び込みで10位以内の要件をクリアして来年のリオオリンピック代表を内定させたし、高校1年生の板橋美波選手が女子として最高難度の技を予選で成功させたし(五輪内定要件の10位以内には入れず)、こちらもまた明るい雰囲気があります。

さて、世界水泳で行う競技にどんなものがあるか、ご存知でしょうか? オリンピックでもやっているような競泳、シンクロ、飛び込み、水球のほかに、オープンウォータースイミングとハイダイイングがあります。ハイダイビングとは、クリフダイブともいうもので、20m以上の高さがある崖、英語でいうクリフからひねりや回転を加えながら海や湖に飛び込む競技で、いろいろなアルティメットスポーツの世界選手権を行っているレッドブルが年間数回の大会からなるワールドサーキットを主催していて、実は世界水泳を主催する国際水泳連盟がレッドブルの後を追う形で世界水泳の競技に加えました。そして、オープンウォータースイミングとは、いわゆる遠泳で、現在はオリンピック種目になっています。でも、「遠泳」とは程遠いくらいシステマティックになっているみたいです。オープンウォータースイミングについては日本での放送予定は現在のところないようですが、YOUTUBEでは大会組織委員会が制作したデイリーダイジェスト(全編ロシア語ですが)などアップロードされています。私知らなかったのですが、オープンウォータースイミングには「ゴール板」があるんですね。1周数百メートルの周回コースを回った後に競泳のプールにあるようなタッチ版そっくりなゴール板があるんです。ある程度の隙間を置いて何枚か並んでいるような感じで、ゴールする際に選手はバーンとタッチするんです。数年前にスタートするときに指定された位置にある飛び込み台から飛び込んでスタートするのを見たときと同じくらいに驚きましたね。

日本勢の奮闘も気になりますが、なかなか見られない驚きの水泳の世界をのぞいてみるのも面白そうです。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
春にここでもお話ししたかと思いますが、今年は高校野球誕生100年というメモリアルイヤーで、スポーツ紙各紙やテレビではこの100年の名場面・名選手を振り返る企画がいろいろな形で展開しています。そして、いまは夏の高校選手権の代表を決める地方大会(都道府県予選)が行われ、すこしずつ代表決定の声も上がっています。

誤解を恐れない言い方をすれば、今年夏の都道府県予選は異様な盛り上がりを見せていますよね。有力校を分散させるシード制度をとっていない大阪で前回優勝の大阪桐蔭とセンバツで準優勝を経験した履正社が1回戦でぶつかることになり、大阪のアマチュア野球の拠点球場である舞洲スタジアムには1万人以上の観衆が集まり、周辺は交通渋滞がひどかったとか。千葉では「史上最強の帰宅部」と呼ばれた選手が試合で敗れてしまったものの2発放ってネット上で大騒ぎになったという話もあります。ただ、この選手を取り上げた東スポのウェブ記事を読むと、彼は別の高校の1年次に野球部にいたものの退部・退学し、2年から現在の高校に転校したそうで、退部で在籍履歴がリセットされて適用外になっている可能性もありますが、それなりの経験や実績があっても転校してから1年間は公式戦に出場できないという規定に引っかかってしまったという選手だったようですね。選手とマネージャーが1人ずつしかいない野球部の助っ人として「元野球部員」の帰宅部がブランクをものともせずに奮闘したという話もすごいものですが、数十年前から今の今までこういう規定が生きているのも驚きでした。

そして、一番の盛り上がりを見せているのが、西東京大会での早稲田実業・清宮幸太郎選手。中学時代に日本代表の一員としてアメリカで行われた世界大会でホームランを連発し、アメリカのメディアでは「ベーブルース2世」なんてよばれるようになったとか。そんな彼が名門の早稲田実業に入学したからまた大騒ぎになったわけです。フィーバーに水を差すわけではありませんが、この盛り上がり方はなでしこジャパンの岩渕真奈選手と一緒ですね。
岩渕選手の場合も15歳くらいのときにU-17女子世界選手権で技術の高さを見せつけ「ピッチに舞い降りた天使」なんてFIFAのサイトに掲載された大会レポートであだ名される熱狂ぶりをみせ、日本に戻ってきたらなでしこリーグには、2011年や今年のフィーバーほどではないにしても、彼女見たさにお客が集まったという騒ぎにまたなったというのと重なります。でも、おそらく大阪桐蔭の中田翔選手(現在北海道日本ハム)以来の大物スラッガーとして業界が待望した存在がやっとあらわれたという意味での期待に応えてくれたという見方をすれば、岩渕選手とは違う盛り上がり方だともいえそうですね。そんな中での甲子園、どんな戦いが待っているんでしょうか?

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
女子ワールドカップが終わり1週間。12日にはもうなでしこリーグが再開しました。一方、男子のJ1は2週間の「空白期間」を経て11日にセカンドステージ(後期リーグ)がスタートしました。

来月には中国の武漢で東アジア選手権が男女同時開催ということで、新たな代表メンバーを集める日々がやってきます。一応予備登録メンバー50名が発表され、ここから23人くらいの正式メンバーを絞り込む作業を行うというのが正確なところなんですが、メディアやファンが求めるのは新しい戦力というところ。新戦力がこれまでの戦力を刺激して、代表チームとしての基礎体力を高めることは昔からよくあることです。それで世界的な評価を高めることにも通じるわけです。それでもって考えたことがまたあるんです。

それはなでしこリーグの観客動員のこと。ワールドカップ優勝の2011年、ロンドンオリンピック銀メダルの2012年、優勝メンバー、メダリストを一目見たいという思いでスタジアムに駆け付けた人たちが増えてきましたが、いつの間にか例年通りの人の入りに戻っていました。浦和レッズレディースのように男子も女子も同じように応援することが当たり前と考えるファン心理が根付いていたり、湯郷ベルのように「おらが町のチーム」として町ぐるみで育てて安定した観客動員を得たチームならばいいと思いますが、にわかファンが応援に飽きてしまったために観客動員が減ってしまうようなチームが問題です。「この人がいるなら見る」というファンがまだ少なくないということをまずは考えないといけないでしょうか? 人気選手を日本で見られるという魅力以上にもっとひきつける何かを作り出さないといけません。宮間キャプテンがいう「ブームじゃなくて文化に」という思いをかなえるためには、こういった魅力づくりがもとめられるのではないでしょうか?

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
サッカーの女子ワールドカップカナダ大会の決勝が6日に行われましたが、なでしこジャパンはアメリカに2-5で敗れ連覇はなりませんでした。諦めない気持ちを見せて最後まで戦い抜いたなでしこにしても、最多の3度目の優勝を果たしたアメリカにしても、「喝!」といいたくなりました。

まずなでしこ。これは張本勲さんの言い方をすれば「激励の喝」です。1点か2点しか1試合で取れない攻撃力じゃ予選ラウンドで格下に確実に大勝ちしたアメリカの前じゃ厳しかったですね。長短織り交ぜたパスを丁寧につないで前へ前へと進めても、きっちりとゴールを決める決定力がまだ足りないということでしょう。「決定力不足」は男子のサムライブルーほどではないにしても不安視されている部分がありましたから、これからは2012年のU-20女子ワールドカップの「ヤングなでしこ」を率いた監督が「俺が俺が!と主張するくらいがFWはちょうどいい」と考えていたようですが、こういうメンタル、シニアではなおさら必要になってくるのかもしれませんね。

一方、アメリカにはハリさん流でいうところの「大喝」です。あの試合は完封しなければいけない試合でした。4-0で前半を終えられなかったことこそアメリカにとっては大問題。格下相手に確実に圧勝できる攻撃力に加えて決勝トーナメントでは無失点という鉄壁の守りも見せていたアメリカにとっては、15分ちょっとで大差をつけて佐々木監督の采配の一貫性を失わせたなでしこ相手にもっと得点を奪い、守りも完璧にしなければいけません。去年の男子ワールドカップのドイツ-ブラジル戦みたいなワンサイドゲームになって当然だとさえ思っていた展開が4-2に詰め寄られてしまうとは…。更に厳しいことを言えば、こんな失点をしていたらイングランドやドイツに笑われてしまうと思いますよ。

男子のような年齢制限がないオリンピックが次の大きな勝負の場になる女子サッカー。果たして、今度はどんな戦いが待っているんでしょう?

ついでに一言、ラジオも捨てたもんじゃないですね。女子ワールドカップ決勝はNHKラジオ第一(AMラジオ)でも生中継されていました。解説を務めた早野博史さんと実況の曽根優アナといえば、Jリーグや男子のワールドカップでも何度となくコンビを組んでいる両人ですが、なでしこの懸命な戦いぶりにいたく感動していたようでいつになく熱くなっていましたね。この実況に本当に引き込まれました。タイムアップのときは電車の中でしたが、ラジオを聴きながら思わず拍手したくなりました。テレビを見られない人がワンセグを見て試合の展開を知るような街中の風景がいろいろなテレビの情報番組で見られましたが、ラジオでなでしこの戦いぶりを聴いた人はどれくらいいたでしょうか?

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

なでしこジャパンが2大会連続でワールドカップ決勝へ進みました。今回のなでしこの戦いぶりで目をひくのはゴールを決めた選手がころころ変わること。現地1日の準決勝間での時点でゴールを決めたのは7人。大儀見、宮間、岩渕といった攻撃的な選手がゴールを決めるのはうなづけますが、あまり攻撃には絡まなそうな選手にまでゴールが生まれるというのはある意味頼もしいものかもしれません。

佐々木監督のサッカーというのはボールを回してつないで決めるというサッカー。決してフォワードに依存しているわけではないけど、フォワードが機能したら爆発的な得点力を引き出すこともできてしまう。Jリーグでもおそらく上位を見込めるような戦術をしているようです。

数年前、ザックジャパンの本田・香川への依存以上になでしこの沢・宮間への依存が深刻だったようにみえたことがありましたが、今回の予選ラウンドでは23人の代表メンバーをもれなく使って決勝トーナメントへの戦略を立てる余裕も見えてきました。昨年のアジアカップでも若手を積極的に起用するところがありましたが、今回はちょっと違う。この相手ならこの選手を使ってこのフォーメーションをとった方がいいというふうにオプションをできる限り作るような感じがあります。

さて、決勝は前回2011年大会と同じアメリカ戦。アメリカは予選ラウンドで1失点したきりで決勝トーナメントでは無失点で勝ちあがっています。かたやなでしこジャパンは1点差勝ちを並べてきて決勝に勝ちあがっています。でも、1-0で決まるような試合とは思えない雰囲気もあります。なんだかんだいってアメリカの攻撃力は健在で、大勝ちした試合もあります。なでしこのねばり強さもまた健在ですから、90分では勝負が収まらないかもしれません。前回みたいなPK決着なんてこともあり得ます。そしてもう一つ、トーナメントの試合で気をつけなければいけないのはミスがらみの失点。高校サッカーでも男子の天皇杯でも、流れがきていたのに不用意なファウルでPKを与えてしまい、それを相手に決められオシマイになってしまうことが多々あります。現になでしこはイングランドとの準決勝ではPKでお互い1点取り合った後イングランドのクリアミスが決勝点になったし、アメリカもPKでとった1点が準決勝では決勝点になりました。決勝はミスが少ない方の勝ちになるかもしれませんね。

それでは、また次回です。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1