前回、アメリカで全土を巻き込んだスポーツギャンブルを解禁してもいいだろうと考えているMLBやNBAのコミッショナーの話がスポニチのコラムで掲載された話を書きましたが、今度は産経新聞がウェブサイトで野球くじの復活に関しての記事を掲載したとか。

「復活」という言い方をしましたが、戦後まもなく「職業野球」が「プロ野球」として復活したとき、当時の日本野球連盟(現在のNPB)が当時の日本勧業銀行(現在のみずほ銀行)と手を組んでやっていたのです。ただ、八百長を危惧する声に押され長続きせず、セ・パ分立の昭和25年に廃止になってしまいました。それに、勝ち負け予想だけでなく、両チームの合計得点の下1桁の数字も当てなければ「当たり」にならないというやや複雑なシステムも敬遠されてしまったかもしれません。あと、ウィキペディアによれば、1960年代に札幌オリンピックの開催を支援するための「野球クイズ」のようなものがスポニチに連載されたこともあったとか。つまり、野球くじ復活となれば五十数年ぶりということになるわけです。

察しがついているかもしれませんが、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催支援のために「toto」のコンテンツを増やす形で「野球くじ」を復活させようと自民党の一部の国会議員が考えているとか。ただ、作家の玉木正之さんは「企業名を入れたチームがギャンブルにかかわるのはいかがなものか」という風に疑問の声を呈しているように、野球くじ復活のためには高いハードルがいくつもあるようです。

私はあってもいいとは思うんですよ。宝くじより当たりやすい確率でジャンボ宝くじに近い賞金をもらえる「BIG」はともかく、J2・J3の知識も浅く広く持っていないからと「toto」を敬遠する人がまだ多いかもしれない。でも、プロ野球ならばJリーグほどの広い知識がなくても勝ち負け予想はしやすいかと思うんですよね。玉木さんのような意見も理解できますが、単純な勝ち負け予想だけでいいならば、野球くじ復活を考えてもいいと思うんです。復活したら買ってみようかな? なんて思っています。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

アメリカでは、スポーツとギャンブルは相容れないものと考えられているらしい。しかし、メジャーリーグやNBA(バスケットボール)のコミッショナーがこの考え方を改めさせる動きにでるらしい。そんなコラムが15日のスポニチ東京本社版に掲載されました。

日本やヨーロッパでは宝くじの一種としてサッカーくじ(トトカルチョ)が定着していて、特に日本は公的な意味合いを持っています。そう、日本のサッカーくじとはtotoでありBIGであります。学校の校庭などを整備したり、生涯学習としてのスポーツを盛り上げたり、代表チームを強化したりするための資金として文部科学省の外郭団体で運営しています。ヨーロッパのサッカーくじもおそらくこういう公的機関が運営しているはずです。

しかし、アメリカの場合、ラスベガスなどカジノの運営が認められている一部の地域で、ブックメーカーのようなスポーツギャンブルが行われている程度なんだとか。全米規模に広まってはいないらしいです。なぜアメリカではトトカルチョのようなものが全土に広まらないのか? どうやら90年ほど前の「黒い霧」が原因になっているようです。メジャーリーグのワールドシリーズで、賭博師に持ち掛けられた八百長をホワイトソックスがチームぐるみで実行してしまった「ブラックソックス事件」がきっかけなんだそうです。それ以来、スポーツとギャンブルは相容れないものというか、「相容れないものであるべき」と考えられるようになったそうです。

ただ、最近メジャーリーグのコミッショナーが、「ギャンブルに対する社会の考え方が変わってきたから、スポーツを取り扱うギャンブルのあり方を検討した方がいいだろう」という考えを表明したんです。まだ「すべきだ」ではなく「やるべきかどうか考える場があってもいい」という緩やかな考え方のようなんです。またNBAのコミッショナーは「プロスポーツをギャンブルの対象にできるよう、連邦政府が法律を作るべき」と踏み込んだ考えを示しています。公的機関が運営する日本やヨーロッパのトトカルチョのようなものを全米規模でやるのもいいだろうということかと、これらから私は読みとりました。アメリカ政府の関係者も一部で興味を持ち始めているそうです。

いわゆる4大スポーツを宝くじの一種とはいえギャンブルのネタにするのは全米的には抵抗があるかもしれません。やるとしたら、やっぱりサッカーでしょうか? アメリカなら男子のプロリーグであるメジャーリーグサッカーのほかに女子プロリーグもあります。代表は男女とも北米ナンバー1、女子にいたってはなでしこジャパンと世界一の座を争い続けるような位置にいます。ただ、クラブチームの方はどうかといえば、女子はなでしこジャパンを始め各国の代表クラスが集まって活気があるようですが、男子の場合はメキシコなど中米勢の壁を破れずクラブワールドカップに出場できないでいます。国内的な興味を引きつけるためにも、サッカーくじはいいきっかけになると思いますが、アメリカ政府などはどんな判断を下すでしょうか?

では、また次回です。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
カレンダーを見て気づいたんですが、ACLを戦うJの4チームはあと2週間で本番を迎えるんですよね。だからこそ、この時期の試合というのは試合勘を養うには大事なものかもしれません。そんな中で、今年から始まったのが「Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ」です

実はこの大会、宮崎でキャンプを張る3チームと鹿児島でキャンプを張る4チームの合計7チームしか参加していないんです。会場も参加チームが使っている練習場をそのまま使っているような感じ。プロ野球のオープン戦と比べればどことなくのどかな雰囲気があります。スカパーの放送を見ましたが、放送席は両チームのベンチの中間の位置あって、対戦する片方のチームの監督が試合開始直前に実況のアナウンサーと解説者に飴玉を差し入れするハプニングもあったとか。観客も抽選で選ばれた数百人程度でバラバラと立ち見をしています。ですから、選手同士のやりとりや監督の指示がはっきりと聞こえてくるんです。練習試合ってこんな雰囲気でやっているんだということがわかるのもいいんですけど、聞くところによればこの大会にも賞金がかかっているとか。普通にチケットを売ってお客さんを集めるプロ野球のオープン戦の雰囲気から考えると、賞金がかかるような真剣勝負には似つかわしくない雰囲気だって感じてしまうんですよね。

Jリーグでは今後、参加チームを増やしながら大会を続けていこうと考えているようですが、ヨーロッパでやっている招待大会みたいにすれば参加しやすくなるのではなんて、仕事仲間は話しています。ヨーロッパの招待大会というのは3チーム参加なら1日で総当たりができてしまうものです。1試合45分しかやらないんです。45分の試合を2回やれば45分ハーフ1試合やるのとほぼ同じという理屈で、3チーム1回総当たりのリーグを1試合分の労力でやれるお手軽感が受けているようです。どこか特定のチームの練習場でなく、キャンプ地に近い数千人規模のスタジアムにチケットを売ってお客さんを集めてやれば、静岡ブロック、和歌山ブロック、高知ブロック、宮崎ブロック、鹿児島ブロック、沖縄ブロックという具合に細かいブロック分けにしてもそれなりに興味を持って試合を楽しめるようになるでしょう。試行錯誤が続くかもしれませんが、プレシーズンでもワクワクできる大会になるように期待しましょう。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
スペインでの八百長騒動に関して検察が告発を受理したため、サッカー日本代表のアギーレ監督が解任されました。このタイミングを待って解任という見方は大方の予想通りといわれていますが、不祥事が原因で任期途中で解任というのはおそらく初めてのことですからただただ驚きです(解任はJリーグ誕生後3例目。1例目は97年のワールドカップアジア予選での成績不振の責任を問われた加茂さん、2例目は脳梗塞で倒れたオシムさん)。

監督探しをするところでアメリカだったら、いわゆる「身体検査」を徹底的にしてこういう人を排除しそうなんてことを前に書いたかと思いますが、アギーレさんの後釜さがしで「身体検査」にも本腰をいれるという報道もあります。アメリカ並みのコンプライアンスがなくても、ある程度の「身体検査」をこれまでもやってきたかと思います。ただ、今回の問題がこれだけ大げさになったのは、状況の見極めに必要以上に時間をかけすぎたところにあるようです。疑惑が明るみに出たところで即刻解任するかアジアカップで優勝できなかったところで解任というのが理想的なタイミングという風に言われていますが、疑惑がシロであることを信じて追及するための時間を使っていたと前向きに考えてもよかったのではないかと思います。

そして、任命責任も問われています。アギーレさんを立てたのは日本サッカー協会の技術委員会と強化委員会とされています。なぜ、この疑惑を見極められなかったのか、疑惑が明るみに出たところで後継者を探す手立てをとれなかったのかなどと批判が出ていますよね。これもまたアメリカ的な即効性のあるGMの仕事ぶりをJFAに求めている感じがします。ヨーロッパはどうかわかりませんが、チームマネジメントの理想は日本ではアメリカに求めているんでしょうね。もしかしたら、プロ野球の監督探しが迅速に進められているのもメジャーのモデルがあってのものでしょうから、サッカーの世界でも、野球のようなアメリカ的なスピード感を国民感情、メディア感情で求めるところがあるんでしょうか?

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1