イギリスのグラスゴー(スコットランドの中心都市で、サッカーのスコットランドプレミアリーグの中心チーム・セルティックの一員として中村俊輔選手が一時期過ごしていた)で体操の世界選手権が行われていますが、28日の男子団体総合で日本が思わぬ形で金メダルを獲得しました。

何が思わぬ形だったかといえば、最後の最後の演技者内村航平選手の鉄棒での演技のこと。普通に演技をすれば優勝間違いなしという状況であるのにまさかの落下。普通ならおそらく「万事休す」とあきらめてしまうものですが、すぐさま鉄棒に戻って落下直後から最後まで演技をやり切ってみれば優勝に必要な点数はあっさりクリアしていたんです。フィギュアスケートでも、ジャンプの着氷ミスがいくつも出ても他がよかったから、点数の損失補てんができて優勝なんてことがよくありますが、体操でこんなことができたのを見たのはおそらく初めてだと思います。

テレビ中継の解説者によれば、どうやら予定されていた演技構成をしっかりこなせたから、落下での減点があったとしてもダメージは最小限で済んだとのこと。それがわかったからでしょうか、国際映像からはブーイングは聞こえませんでした。今回の内村選手の完成度に及ばないような演技をしていて優勝を決めるようだったら会場いっぱいにブーイングが響いていたでしょう。2位になった地元イギリスの健闘をたたえつつ、内村選手の根性と完成度には「敵ながらあっぱれ!」「参りました!」という感情になったんでしょうね。

世界選手権の男子団体の日本の金メダルは37年ぶりとは意外な感じもしますが、オリンピックにいいイメージで乗り込めるようになったのは大きなプラスになるかもしれませんね。日本女子の団体5位入賞もまた大健闘でしょう。鶴見虹子、田中理恵といった中心選手が第一線から身を引いて、世代交代が求められた大会でしたが、けが人の代役もうまく送り込んでここまで来たわけですから、層の厚さがあることを証明できるでしょう。ただ、田中さんのような大柄な選手がいなくなったのが気になります。

それでは、また次回です。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
22日、プロ野球ドラフト会議が行われ、育成枠含めて116人の選手が指名を受けました。甲子園を沸かせたあの顔、東京ドームで激闘を演じたこの顔…注目選手を交渉権を一体どの球団が得るのか、ひいきのチームがあってもなくても、ファンにとっても選手や関係者と同じくらいドキドキなものです。

さて、当日に放送されたドラフト指名までの家族に密着したドキュメントが放送されましたが、その番組のゲストに元サッカー日本代表の松木安太郎さんがいました。全編見たわけでないのでどういうコメントをしていたかは分かりませんが、サッカーでこんなことをやっていたらどんなことになるかななんて考えていたかもしれません。このブログでも以前、Jリーグでドラフト制度があったならなんてことを話しましたが、あのときから更にJリーグでのドラフトは難しいなと感じるようになりました。

まず、Jリーグ、もっといえば日本のサッカーというのは1つのピラミッドに収まるようになっています。その上の方にあるJリーグだって、J1・J2・J3とピラミッドが形成されています。ドラフト会議に参加できるチームをJ1のチームだけにするか、J2とJ3のチームにも枠を広げるのか、そうするなら特権や制限をどう設定するか…。これだけでも簡単かつ分かりやすく公平にできるのか、私は確信できません。それに、最近は高校生年代のユースチームを卒業してもトップチームに採用されなかった選手が大学に進学したあとにプロ入りするケースも多くなっています。そういう人にドラフト会議はどんな対応をすればいいか、これも簡単ではありません。たとえば、元ユースの大学生をユースまで過ごしたチームが指名すればそこで指名確定で、ほかのチームの指名はなかったことにするなんてことも考えられますね。あと、大学在学のままでプロに入ろうとする選手の扱いをどうすればいいのかという問題もあります。

これだけとっても、ドラフトは野球のもので、Jリーグでやるのは難しいななんて思います。また何年かしたら、「もう無理」なんていう風なJリーグのシステムになっているんでしょうか?

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
22日、プロ野球ドラフト会議が行われ、育成枠含めて116人の選手が指名を受けました。甲子園を沸かせたあの顔、東京ドームで激闘を演じたこの顔…注目選手を交渉権を一体どの球団が得るのか、ひいきのチームがあってもなくても、ファンにとっても選手や関係者と同じくらいドキドキなものです。

さて、当日に放送されたドラフト指名までの家族に密着したドキュメントが放送されましたが、その番組のゲストに元サッカー日本代表の松木安太郎さんがいました。全編見たわけでないのでどういうコメントをしていたかは分かりませんが、サッカーでこんなことをやっていたらどんなことになるかななんて考えていたかもしれません。このブログでも以前、Jリーグでドラフト制度があったならなんてことを話しましたが、あのときから更にJリーグでのドラフトは難しいなと感じるようになりました。

まず、Jリーグ、もっといえば日本のサッカーというのは1つのピラミッドに収まるようになっています。その上の方にあるJリーグだって、J1・J2・J3とピラミッドが形成されています。ドラフト会議に参加できるチームをJ1のチームだけにするか、J2とJ3のチームにも枠を広げるのか、そうするなら特権や制限をどう設定するか…。これだけでも簡単かつ分かりやすく公平にできるのか、私は確信できません。それに、最近は高校生年代のユースチームを卒業してもトップチームに採用されなかった選手が大学に進学したあとにプロ入りするケースも多くなっています。そういう人にドラフト会議はどんな対応をすればいいか、これも簡単ではありません。たとえば、元ユースの大学生をユースまで過ごしたチームが指名すればそこで指名確定で、ほかのチームの指名はなかったことにするなんてことも考えられますね。あと、大学在学のままでプロに入ろうとする選手の扱いをどうすればいいのかという問題もあります。

これだけとっても、ドラフトは野球のもので、Jリーグでやるのは難しいななんて思います。また何年かしたら、「もう無理」なんていう風なJリーグのシステムになっているんでしょうか?

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
プロ野球はセリーグ・パリーグともクライマックスシリーズのファイナルステージに入り、日本シリーズに出場するチームが遅くても19日に決まります。そのファイナルステージで例年にはない傾向が見えています。それは、ラジオ放送なんです。

原因はセリーグを東京ヤクルトが制したからです。業界事情であまり普通の人は興味を持たなそうな話ですが、東京ヤクルトのホームゲームは基本的にニッポン放送が放送権を独占していて、民放の在京キー局であってもTBSとラジオ日本では放送できません(文化放送はニッポン放送と同系列ということで週末のナイター限定で放送しています)。そのためか、セリーグのファイナルステージはニッポン放送だけの放送で、パリーグのファイナルステージはTBSと文化放送が放送しています。今までならばTBSとニッポン放送がセリーグをやって、セリーグには見向きもしない文化放送がパリーグをやるのが当たり前のように思われましたが、今年はその逆なんです。ただ、ニッポン放送が両方中継できるスケジュールが組まれていたら、昼夜通して両方の試合を中継することもあるので一概にはいけませんが。

なんだか不思議です。偶然とはいえ、セリーグクライマックスシリーズの放送をする局が少ないなんて意外な感じです。でも、ある程度すっきりもしている感じがします。日程的にも横並びなんで、レギュラーシーズン中にはいろんな試合をザッピングしていたという人も、クライマックスシリーズでもやろうなんて考えていたりして…。

何はともあれ、残り少ないプロ野球シーズン、ラジオだって楽しく活用できるんですから、ワンセグやらネットTV以外にもしっかり楽しめると思いますよ。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
2011年、角界は携帯メールを介した野球賭博が大きな問題になり、そして土俵の上での八百長疑惑というさらに大きな問題に膨れ上がりました。東日本大震災の影響で中止になったと思われても仕方ない2011年大阪場所の中止の原因も、実はこの問題でした。その中で、当時現役の幕内力士だった高見盛が「八百長なんて都市伝説だと思ってました」と語っていたのが印象的でした。まぁ、高見盛については「言うことをよく理解できないからあいつには関わらせるな」と八百長実行グループはアンチャッチャブルにしていたと、週刊誌は報じていましたが。

さて、今後の状況次第ではこの大相撲の問題のような大きな問題になりかねない疑惑が浮上してきました。5日、巨人が福田投手が野球賭博に関与した可能性が高くなったのでコミッショナー事務局にこれまでの経緯を連絡し、7日に正式に告発しました。賭博の主導者とされる人物は巨人の別の選手の知り合いともいわれていて、今後の調査次第ではこの選手の責任も問われるかもしれないとメディアは報じています。

野球賭博なんて都市伝説というか、昔話だなんて思っていました。メジャーリーグでピートローズさんの賭博問題が発覚したのは20年以上前だし、西鉄の若きエースだった池永さんが深くかかわり永久追放(のちに復権が認められてマスターズリーグの監督になりました)になった黒い霧事件は50年近く前の話です。暴力団の資金稼ぎだとかでやっているかもしれないという週刊誌か実話誌の記事が何年かに1回出てはいても、これこそ都市伝説みたいな話しか載っていないように記憶しています。

八百長行為が認められてはいないといいうことがせめてもの救いですが、いったい福田選手がなぜ野球賭博にかかわって、グラウンドに取り立てられるような状況に至ったのか、誰もが納得できるような釈明を聞けることを今は待つしかありません。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

6件中 1~5件目を表示


1 2 >>