更新が遅くなりまして、ご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。

とうとう、この日がきました。23日に行われたJリーグ初の無観客試合です。プロ野球でも2011年の震災直後に「合同実戦練習」と銘打って無観客のオープン戦というべきものが行われましたが、そのときの雰囲気に似ているように思えました。ボールを蹴る音、グラウンド内の選手の声、ベンチからの指示や激励(ヤジも混じってる?)の声・・・。あぁ、こういう風に普段やりとりしているんだなってわかったある意味貴重な経験だったかもしれません。ただ、やっぱり拍手や歓声が聞こえないと物足りないものです。選手たちも終わってみて「こういう場所ではもうやりたくない」「ファンあってこその自分たちなんだ」と気づいたようです。「ピンチがチャンス」「いなくなってわかるありがたさ」いろいろと言い方がありますが、これがいい方向に向くためのターニングポイントになることを祈ります。

さて、この無観客試合の原因となった横断幕ですが、「Japanese Only」には「海外からきた一見さんお断り」という意味が込められていたみたいですね。「サポーターの聖地に無断で立ち入るな」という意味で決して差別的な意味は込めていないと主張しているようですが、「うーん」と首を傾げてしまいます。マンチェスターユナイテッドだったり、バルセロナだったり、バイエルンミュンヘンにあこがれてスタジアムに駆けつけみても、「地元民以外お断り」なんて言われて入れなくなったって、聞いたことありません。世界のサッカーファンがあこがれる存在になってしまったら「○○お断り」なんて言うわけにはいかなくなるんじゃないかと思うんです。

テレビ東京で放送している「Youはなぜ日本へ?」で、浦和レッズの試合を見るために飛行機でヨーロッパの方から埼玉に駆けつけたという人が紹介されていました。しかも、そういう人たちがその人だけでなくもっといるっていうんです。レッズはそこまでの存在になってしまったんです。誤解を恐れない言い方をすれば、浦和レッズは決して浦和の人たちだけのためのものではなくなったんです。そういう自覚を胸に刻んでいかないといけません。

それでは、また次回です。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
こういうお知らせが相次いでしまうようで申し訳ありませんが、自宅のパソコン不調のため、次回の更新を延期します。ごりょうしょうください。 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ついに、無観客試合の実施に追い込まれてしまった浦和レッズ。チームを奮い立たせようと思って、良かれと思って掲げた横断幕1枚が原因でここまでの状況に追い込まれてしまったんです。

ホーム開幕戦の8日、埼玉スタジアムのスタンド入り口に「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が掲げられていました。掲げたとされる人としては「差別的な意味はこめていない」(恐らく、「レッズの現有戦力は日本人だけ」、つまり「今のレッズはジャパニーズオンリー」と考えただろうと思います)と弁解していたようですが、「日本人以外お断り」と誤解される可能性が極めて高いと考えられ、世界のサッカーはいかなる差別を認めないという理念から、Jリーグは13日、レッズに対して3月23日のホームゲームを無観客試合として実施することを命じました。レッズの運営サイドが最後までこの横断幕を撤去しなかったことも重く見たようです。

これをきっかけにして誰もがまた来たくなるようなスタジアム作りを考えて欲しいと思いますが、ちょっとココまでの処分を下すのに時間をかけなさ過ぎる気もします。こういう処分を下すからには、横断幕を作った人から撤去の判断を下した人、スタンド周りの警備をしていた人までしらみつぶしに事情を聞きまくってほしかったですね。そこまでした結論ならば、サポーターもクラブも納得できるでしょう。慎重さがあってもよかったですよね。自分がやったことがココまでの事態を引き起こしてしまったことを、当事者は後悔しているはず。その後悔が決して無駄にならないことを祈ります。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
いよいよパラリンピックが始まるソチですが、オリンピックの熱気は今も残っているようです。それはさておき、今回の冬季五輪でメダルを獲得した選手にまつわるいろいろな「もしも」があったようですね。

例えば、ジャンプ男子の葛西紀明選手。この人は2度「リストラ」に遭っているんです。高校卒業してから社会人として最初に入ったのは北海道では誰もが知っているといわれた建設会社・地崎工業。80年代前半あたりに活躍した秋元正博さんが直属の先輩でした。しかし、不況の影響でチーム解散。その後スーパー王手のマイカルへ移籍しますが、今度は経営破たんで本社からはしごを外されてしまいます。マイカルはスーパーに関してはイオンの傘下に入って経営の建て直しを果たし、系列のスポーツクラブはゲームメーカーのコナミが引き受けて経営拡大を果たしました。しかし、葛西選手をはじめとしたスキーチームの面々をイオンなりコナミが引き受けることはありませんでした。

コナミのスポーツ部門といえば、現在体操で世界選手権男子個人総合で3回優勝している内村航平選手はいるところです。もし、葛西選手がマイカルの破綻直後にコナミへと引き継がれたとしたら…。もう少し早くオリンピックの個人種目でメダルを獲得し、高梨沙羅選手が3年で超えられないくらいの優勝回数をワールドカップで重ねていたかもしれない。そして、40歳になる前に現役を引退したかもしれません。現在の土屋ホームではプレーイングマネージャーを務めている葛西選手。こういう立場だからこそ、葛西さんだからこその経験をつめたからこそのメダル2つであるし、「レジェンド」なんでしょうね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1