クラブワールドカップが終わりました。22連勝でレアルマドリードが一気に優勝までたどり着きました。レアルの圧倒ぶりもすごかったですが、オークランドシティの躍進ぶりもすごかったですね。

前回のブログで「欽ちゃん球団と違ってプロも混ざっている」と言ってしまいましたが、オセアニアのどこか別のチームと勘違いしていたようでした。日テレの中継によれば、欽ちゃん球団同様、昼働いて夜練習する選手たちの集団で、チーム全体の年間予算はおよそ5000万円とのこと。そんなチームがPK戦の末、メキシコのチームに勝ってオセアニア初のクラブワールドカップ銅メダルを獲得したんです。賞金は約3億6千万円、年間予算7年分を11日間で稼いでしまったわけです。

ニュージーランドといえばラグビーの国。日本が代表に近いチームを近く送り込むというスーパーリーグが国民の興味の中心といっても大げさではないようです。その中でサッカーはワールドカップに出場したことはあっても興味はまだまだ薄いようなんです。ただ、6度もクラブワールドカップにオークランドシティが出場し、奮闘しているうちに国民のサッカーに対する興味がだんだんと高まっていったといいます。

それで、ふと思い出したことがあるんです。南米のベネズエラのことです。ベネズエラといえば政治的にキューバを見習っているということもあってか、南米で最も野球に力を入れていた国。多くのメジャーリーガーが活躍し、NPBでもマルカーノ(阪急・ヤクルト)からはじまり、アレックス・カブレラ(西武・オリックス・ソフトバンク)、ロベルト・ペタジーニ(ヤクルト・巨人)、アレックス・ラミレス(ヤクルト・巨人・DeNA)と一時代を築いた選手が現れました。そのせいか、サッカーはあまり盛んでなく、ワールドカップの南米予選では常に下位に低迷し、ブラジルやアルゼンチンのような強豪がベネズエラに苦戦するだけでも番狂わせといわれる始末。あるキャスターがこの苦戦を伝える時には「野球の国に苦しめられた」ということもありました。しかし、最近はサッカーも負けず劣らず強化されているようで、ワールドカップ南米予選やコパアメリカで最下位が指定席なんてこともなくなってきました。ふざけたことを言ってしまいますが、日本-ベネズエラといえば、サッカー日本代表の試合じゃなくて侍ジャパンの強化試合かと思うこともありました。でも、最近はサッカーでも日本代表はベネズエラと対戦するようになりました。そして、簡単に日本が勝てなくなってきたわけです。

世界というのはサッカーではなんとなく狭くなってきた気がするのは私だけっでしょうか?

今年最後の更新になります。どうかみなさん、よいお年を。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
以前このブログで取り上げたアギーレさんの一件、何だか悪い方向に向かうような雰囲気で出てきたように見えました。まずは、穏やかに年を越してアジアカップに向かえることを祈るしかないでしょうが。

さて、年末恒例といっても、海外ではぴんと来ないかもしれませんが、クラブワールドカップがモロッコで行われています。その大会で「出ると負け」が続いていたオセアニア代表が何と2勝したんです!

3度目の出場となったニュージーランドのオークランドシティ。このチームは他の地域の代表と違い完全なプロのチームではないんです。アマチュアの人も交じっている、そう昼働いて夜練習するチームなんです。試合の次の日はすぐ仕事なんてこともあるかもしれません。私の父親、このようなチームを見て「欽ちゃん球団みたい」といっていましたが、欽ちゃん球団の場合は純粋なアマチュアチームで、チームが一部の選手に報酬をあげることはありません(片岡安祐美監督がテレビ番組などに出演する場合は個人としてギャラをもらっていて、チームがそこにかかわることはないようです)。オークランドシティの場合は一部の選手をプロ扱いにして給料を払っています。その中には日本から単身乗り込んできた岩田選手もいます。彼はアマチュア扱いで配送の仕事をしながら練習を重ねているそうです。そんな中、彼はチームの主力として3回のクラブワールドカップ出場を経験できるようにまでなりました。

クラブワールドカップの前身は「インターコンチネンタルカップ」とか「トヨタ(ヨーロッパ・サウスアメリカ)カップ」といって、ヨーロッパの代表と南米の代表しか参加できない大会でした。「トヨタカップ」として日本に来る前にはホームアンドアウェーでやっていて、試合が近づくと会場周辺はものすごい騒ぎになり、物々しい雰囲気になっていたそうです。しかし、代表レベルでもクラブチームのレベルでもヨーロッパ・南米とそれ以外との差が徐々にではあるものの縮んできているということからか、ほかの大陸の代表にも門戸を開こうと「世界クラブ選手権」としてトヨタカップが生まれ変わったわけです。それでもヨーロッパと南米の代表が決勝に必ず残るという構図が残っていましたが、1度だけではありますがアフリカの代表が決勝に進むことができたし、出ると負けで大会最下位ばかりが続いていたオセアニアの代表がメダルまであと1歩のところまで来るようになりました。ようやく門戸開放の効果が出てきたみたいです

果たして、オークランドシティはメダルを手にできるか? 決勝はもとより、3位決定戦にも注目です。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
6日にJ1が終わり13日には天皇杯決勝と、今年はJリーグのシーズンがあっという間に終わりを迎えてしまいます。

見る方もやる方も違和感あるのではと思ってしまうんですよね。天皇杯でもう負けているチームとしてはリーグが終われば今年は終わりということになるので例年と変わりはありませんが、天皇杯のベスト16から上に残ったチームとしては「いつものシーズンならリーグ終わってももうちょっとあるのに…」なんて漏らしたりして…。優勝争いも大変、残留争いも大変、その間にいてどっちにも転がりそうでびくびくして大変、そういう中で今シーズンは水曜・土曜の連戦が普段以上に早く多く来てしまう何とも忙しいシーズンになってしまったわけですから、疲れ具合はいつものシーズン終了時よりももしかしたらひどいかもしれません。

ぱっと終わってしまうような2014年シーズンが終わり、2015年は年明け早々にアジアカップが始まります。そのためにシーズンを切り上げたといえばそれまでですが、まずは少し早くできた時間を使って疲れをしっかりと取り除いて、次のシーズンへの準備をしてもらえれば…。と祈るばかりです。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
サッカー日本代表のアギーレ監督が思わぬことがきっかけで解任危機に追い詰められたと、最近のスポーツ紙で大きく取り上げられています。健康問題なら、オシムさんの脳梗塞のケースが現にあったのでまだ理解できますが、八百長疑惑が原因って…。

リーガエスパニョーラの某チームで監督を務めていたころに八百長試合の片棒を担いだ疑いがもたれていて、検察がアギーレさんを当事者として事情聴取したり最悪告訴したりするのではという観測がスペインで広まっているそうです。ただ、アギーレさん本人は日本サッカー協会の事情聴取に対して「八百長にかかわっていない」ときっぱりと否定していますが…。

このニュースで思い出したのが「身体検査」という言葉。組閣をするとき、大臣になる人にトラブルやスキャンダルがないかどうかを確認することを「身体検査」と呼ぶことがあります。まさか、サッカー日本代表の監督になる人についても「身体検査が必要だ!」なんてことを言う人はいないと思いますが、サッカーの世界は広いもので、こういう火種を持った人たちが現れることがあるんですね。その一方で、コンプライアンスをしっかりと構築しているからなのか、アメリカのスポーツでは責任ある人たちについてこんな騒動が起こることは多くないですよね。もしかしたら、アメリカの場合は責任ある人たちの身体検査を徹底しているから表にでないということなんでしょうか?

アギーレさんはただでさえ危うい状況というのに思わぬところでまたピンチとなってしまいますが、これを乗り越えてアジアカップに向かってほしいと思いますが…。

それではまた次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1