バスケの内紛問題、かなりひどくなったみたいですね。国際バスケ連盟が日本バスケ協会に分裂している男子リーグを一本化するように求めていた問題で、10月末までの解決を求めていた国際連盟の要求に応じられなくなったとか。おかげで、男子どころか女子までも次のオリンピック予選に出場できなくなる可能性が生じているとか。

バスケの2リーグ分裂状態って、プロレスの団体分裂みたいだと思っていました。そもそも、日本協会が考えたプロリーグ構想についていけないと反旗を翻した数チームがbjリーグを立ち上げたのが分裂の発端となりました。分裂して間もないころ、日本協会は各都道府県協会に「bjとは関わりを持つな!」という文書を送っていたといわれています。まるで、新日本からUWF(UWFは元々新日本の一派閥でしたが団体に発展したうえで分裂しました)、全日本からノアが分かれたときみたいです。しかし、雪解けのときは来ました。新日本とUWFの場合はUWFの内部分裂でその時を迎えられらませんでしたが、全日本の選手がノアの試合に、ノアの選手が全日本の試合にと交流するときが来ました。バスケでも、日本選手権にbjのチームが出場できるようになったり、bjの選手を日本代表の選考対象にしたりして雪解けの時期が来ていたように見えました。

しかし、国際連盟は、たとえ交流しているとしてもバスケリーグは2つもいらないと判断してしまいました。となると、日本リーグ(現在のNBL)とbjの統合が急務となりますが、NBLの企業チームがチーム名から企業名を外すことを頑なに拒み続けたことで統合のめどは立たなくなったといわれています。なぜ一つじゃなければいけないのか、国際連盟のほうが日本協会に伝えていないならば、なぜそうすべきかというところを国際連盟が明確にすることが先では?と思っています。着々と成績を残している女子代表のためにも、締め出しという最悪の結果にならないことをとにかく祈ります。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
プロ野球はいよいよ25日から日本シリーズ。パリーグ優勝の福岡ソフトバンクとセリーグ2位の阪神が日本一を争います。ちなみに、新幹線が走り始めた50年前の1964年の日本シリーズもこの顔合わせだったとか。その前に行われたクライマックスシリーズファイナルステージで、ヤフオクドームで行われたパリーグは東京MXが全試合生中継したとか。

MXといえば、深夜アニメをたくさん放送していることで知られていますし、「5時に夢中」や「バラ色ダンディ」など、民放キー局では真正面から扱わなそうなテーマでもかまわずに取り上げてしまう個性的な番組でも知られています。そして、地元チームの試合を優先的に放送する他の関東地方の独立局と一線を画し、福岡ソフトバンクのホームゲームを積極的に生中継をしています。クライマックスシリーズに進めばホークスのホームゲームも必ず放送していますが、今シーズンはやや様子が違っていたようです。何せ、絶妙なスケジュールのおかげでまずリーグ優勝が決まる試合を2日に生中継し、そしてクライマックスシリーズファイナルステージをすべて生中継したというわけで、2度目の優勝シーンを伝えることができたというわけです。更には、福岡を拠点とするアイドルグループHKT48のメンバー、若田部遥さんをスタンドレポーターに起用、実の父でホークスOBの健一さんを解説者に迎えての「親子中継」でも話題を集めました。関東のホークスファンの間では親子中継の勝率がかなり高いということで遥さんを「勝利の女神」と呼んでいたそうです。

「5時に夢中」などで見せるようなMXなりの個性が、ホークス戦中継にも光っているんでしょうね。ちなみに、MXはJ1のFC東京の試合中継もしていますが、こちらも司会やレポーターにFC東京ファンのタレントを起用するなどこれまた個性的です。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
アギーレジャパンが相手のオウンゴールによる1点だけとはいえ、ジャマイカ相手に初勝利。そしてそのあとのブラジル戦ではネイマール一人にやられて4失点と、今月の代表戦は波乱万丈なんて感じになりました。

基本的には、最近のサッカー日本代表はワールドカップに至る4年間を一つのスパンとして強化方針を設定します。そして、監督もこの4年間を任せる体制になります。ただ、見ているファンとしてはいつでも強い日本代表を求めているのか、監督交代直後の試合でも結果を求めることが多いような気がします。就任してからの半年くらいの試合というのは所信表明のようなもので、負けてもこういう方針で行くつもりかなと思えるようなものが見えたらある程度納得できるけど、最初からブレブレで何も見えないようだと勝っても納得いかなくなるのが自然かもしれません。ただ、今回のアギーレジャパンの場合はどちらかといえば後者でしょうが、ファンやメディアの期待を裏切ることを最初から最後までやっているように見えているのか、不満だらけになっているように見えます。どうでしょうか? 岡田武史さんのように急きょ代表監督に就任したにもかかわらず結果を出してしまった人がいることで、常に最高の結果を求めるような感覚が根付いているのではないでしょうか? もっと言ってしまえば、岡田さんになでしこジャパンの佐々木紀夫監督のように8年、9年と続く超長期政権を任せた方がよかったという人もいるのではと思ってしまいます。

ただ、現実としては新しい監督に日本のサッカーは託されています。4年後のワールドカップでいい結果をもたらすことに期待をするしかありません。短気を起こしちゃいけないかもしれません。とにかく、長い目で見守りましょう。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
5日にフランスで行われた競馬の凱旋門賞。日本から3頭が出走しましたが、最高位はハープスターの6着と、ヨーロッパとの壁の厚さをまざまざと感じる結果となりました。

優勝したトレブに騎乗したジャルネ騎手は「なぜ前哨戦を使わなかったのか疑問だ。日本馬に足りないのは経験」と日本勢をバッサリと切り捨てたようですが、日本でも競馬好きの著名人の中にも日本勢を冷たく突き放した人が。カンニング竹山さんです。前回の凱旋門賞でオルフェーブルがトレブに突き放されて2着になったところで「日本馬が凱旋門賞を勝つには10年かかる」と考えていたようですし、今回のレースに出走した3頭にも不安要素が多いこともあってあまり期待していなかったとか。競馬をわかる人ならばこういう最悪の結末を多少なりイメージしていたかもしれませんが、私は実際の映像を見ていて、愕然としてしまいました。

こう考えることもできるかもしれません。日本馬は短距離では国際舞台でコンスタントに好成績をあげています。短距離レースに光が当てられるようになったのは30年ほど。世界的にヨーイドンで強化がはじまったことで、日本馬も世界的に渡り合える実力を得られました。しかし、中距離・長距離はヨーロッパと日本では簡単には埋めきれない歴史というか伝統の差があります。これは、サッカーに通じるかもしれません。男子のサッカーはヨーロッパや南米と埋めきれない伝統の差があるのに対して、女子サッカーは世界的にヨーイドンで強化が始まったこともあって、なでしこジャパンがブラジルやイタリアのような伝統国を超えて世界屈指の強豪にまで上り詰めたのと同じかもしれません。

優勝まであと10年かかるかもしれないですが、来年の凱旋門賞を目指すときにどのようなプロセスをたどれば最高の成果を得られるのか、いろいろな可能性を考えてほしいですね。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
日本高野連が加盟各学校に向けたタイブレークに関するアンケート結果を公表しました。それによると、タイブレークに賛成しているのはほぼ半数の49.7%。やる方としてはやはり、選手への負担を考えるとタイブレークは必要かもしれないという考え方は自然かもしれません。

いろいろと細かいところが報じられているのを見てみると、半数近くが賛成とはいえ「世界的な流れになってきているならあってもいいだろう」など条件付きの賛成という意見が多いということで、必ずしも前向きな賛成が大勢を占めているわけではないようです。まぁ、回数制限、投球数制限を認めてもいいという意見は1割前後というのもうなずけます。「やれと言われたらやるけどさ」というのが本音かもしれません。
「タイブレークをやるとしたら何回からがいいか」という質問に対しては13回からがいいという意見が最も多かったとか。12回までならよくあることだからということでしょう。これ以上続くと戦力が落ち込むかもしれないから労力をかけないようにしようというふうに考えているのかと思います。

さっきにも言いましたが、今回のアンケートはやる方の率直な気持ちが浮き彫りになったかと思います。東京では甲子園にかかわりがない大会で試験的にタイブレークを導入するそうです。これを一つの材料としていい結論を導いてほしいものです。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1