23日に横浜でシンクロの大学大会「マーメイドカップ」が行われました。そこで今年からインカレの一環としてこの大会が実施されることも発表されました。それで、いろいろ考えたことがあります。

インカレといえば、大学の誇りを懸けた戦い。競泳の男子総合優勝には天皇杯が贈られるくらいすごい大会なんです。ですから、競泳の日本代表として世界水泳でメダルを獲得した選手の中には、自分の記録を伸ばすことよりもチームが天皇杯を手にすることを第一に考えて大会に臨むという人もいるというんです。大学によっては数人とはいえ応援団とチアリーダーが駆けつけるんです。ここまでヒートアップするようなインカレにシンクロはどう融合するのか、気になるところなんですよね。

マーメイドカップが始まった頃、「大学の大会」ではなくて「大学生の大会」という印象の大会でした。大学は違っても同じクラブ同士のデュエットを組むのは当たり前、表彰式では違う大学の選手として表彰を受けていても着ているジャージは同じクラブのもの。どの大学の選手が演技をはじめてもプールサイドにいる選手全員で応援の煽りをするのもまた当たり前。現在は同じクラブでも違う大学同士のデュエットやチームは基本的にオープン参加扱いになったりするなど「大学の大会」らしくするためのレギュレーション整備が進められていますが、まだまだ問題があるようです。

まずは立場の話。シンクロには「大学生選手」が少なく「社会人選手」が多いんです。大学生でも練習拠点にしているクラブ所属の選手として選手登録しているからです。シンクロというのは技術の成熟がモノをいう競技ということで、学校単位では育成のための時間が少なすぎると思われがち。なのでクラブが幅を利かせていたようです。でも、インカレ出場のための要件は第1種登録が大学の水泳部にあること。なので、水連サイドは「ニセ社会人」ともいうべきクラブに第1種登録を置いている大学生選手を大学に移すように呼びかけて欲しいと力説していましたね。

次は選手のレベル。年々高まっていますが、デュエット、チーム競技だとまだまだ力の差が大きいような感じがします。違うクラブで同じ大学の選手が演技を合わせるのに時間が限られている現実を考えたら力の差は埋まりきらないかもしれませんが、各大学で練習できる環境をできるだけ整備したりして、出来る限りの演技を作り上げるための努力ができればいいですよね。

選手にとっては、好きな曲、好きなやりかたで楽しく演技できる舞台が「マーメイドカップ」だといいます。そういったよさを大事にしつつ、大学の誇りをかける熱さを感じられるような舞台になってほしいです。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
Jリーグで再来年から前後期制が再度導入されることになりました。そして、「飛びにくい」はずの統一球を飛びやすくしていたことが担当者レベルで決められたことを把握できないでいたNPBの加藤コミッショナーがレギュラーシーズン終了にあわせて退任する見通しになったそうです。なぜ並べたかといえば、Jリーグをこよなく愛し続けた人たちが「だったらそうしろ!」と言うのでは? と思ってしまうからです。

ファン無視の前後期制再導入を推進したとするJリーグの幹部の名前を名指ししてサポーターたちは「あなたがやめることこそ最高の改革!」と横断幕を掲げているんです。もしかしたら、加藤コミッショナーがファンや選手たちを混乱に貶めたことへの責任をとって辞めたことで、今度の週末は「コミッショナーが辞めたからチェアマンだって辞められるはず」とJリーグの大東チェアマンを辞めさせようとする横断幕なんて出るんじゃないかって思ってしまいます。「辞めたくなければ前後期制復活を撤回せよ」という横断幕も出るのかもしれません。

Jリーグに興味がない人がたくさんいるという現実を考えて、誰にでも受け入れられるような制度として前後期制を導いたことは悪いことではないと思います。ただ、プロ野球はクライマックスシリーズ導入とともに「侍ジャパン」の活躍があったから、選手会のストライキや球団合併などの再編騒動で起きた混乱から立ち直り、そしてファンは振り向いてくれました。コアなサポーターといわれる人たちは「Jリーグでのプレーの質を向上させることこそ興味ない人たちを振り向かせる最良の手段」と考えています。制度改革をどうするかなんてどうでもいいこととも思っているかもしれません。ヨーロッパ勢中心の日本代表に若いJリーガーが風穴を開け、そして「俺の経験を伝えたい」と前向きな感覚でヨーロッパからJに帰ってくる選手が現れてくれば…そういうことこそレベルアップのあるべき姿かもしれません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
7年後、2020年のオリンピックとパラリンピックが東京で行われることになりました。「認めたくない!」という人もいるでしょう。でも、時間はあります。

決定の一報が世界中を駆け巡るところ、私はYahoo!のニュースアンケートサイトのコメントを読んでいてはっとしたフレーズがあります。
「IOCから宿題をもらったと思えばいいよ」
なるほど、
「フクシマの問題が解決できていないうちに招致に乗り出すのは言語道断!」
「汚染水の問題はもう目処がたっているって? だったら福島でやりゃいーじゃん!」
と反対意見を繰り出す人も、この7年という時間でフクシマの問題を解決することができれば態度を軟化させることがあるかもしれません。IOCの委員がフクシマの問題であまりナーバスになる必要はないと考えたから東京でやってもいいと考えたとしても、7年という時間で胸を張って世界の人たちを迎える準備をすべきという意味を含めていたかもしれません。

7年後、IOCの関係者や世界中のアスリートが「東京でやってよかった!」といってくれて、日本中の誰もが納得するようなオリンピックが出来れば宿題は合格です。そこを目指していく姿を見守っていきましょう。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
2020年のオリンピックとパラリンピックの招致争い、7日にいよいよ決着がつきます。東京は本当にオリンピック招致できるのか、ドキドキしながら待っている人たちはかなり多いようです。

そんな中で気になっていたのが国民感情。だんだんと「やってもいいだろう」という方向に傾いていると報じられていますよね。IOCが行ったという国民調査で、オリンピックを東京でやっていいと思う人の比率は半数をちょっと上回る程度で推移していたのが最新の調査では7割を超えていたようです。しかし、テレビやラジオの番組でアンケートをとると、積極的に賛成つまり「是非やって欲しい」という人は多くなく、「やれるならやってもいいだろう」という人の方が賛成派では多いような印象がありました。いろいろな意味でバカデカイという印象をロンドンオリンピックで受けた人が「これくらいのものが今の日本でできるのか?」と疑問を持つようになったみたいです。国の借金がものすごい日本で現実的に出来るのか? こういう疑問を持つ人たちもいるようです。

そして、反対派の中には「やって欲しい気持ちは山々だけど…」というこれまた消極的な反対を展開する人たちが多いようですね。その人たちが根拠にしているのはやはり「フクシマ」。避難していた住民が全員自宅に戻れるようなるまで待っても遅くないというわけです。そのときに支援の手を差し伸べた世界の人たちに感謝をするためのオリンピックをやればいいと言葉が続きます。また、「東京でなくて地域経済的に復活への起爆剤をもたらせるために九州あたりでやればいい」「日本らしいところでオリンピックをやればいい。京都はどう?」(政府なり国のオリンピック委員会が候補地を一方的に決めることはできないので現実的な意見ではないという断りがありましたが)なんて意見もあります。

さぁ、いざ、東京がオリンピック招致を成功させたとき、消極的な態度を取る人たちに「やってよかった!」と納得できるオリンピックにするための準備が待っています。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1