2020年のオリンピック開催種目最終候補としてレスリング、野球とソフトボール、スカッシュが選ばれました。この中の1つが2020年のオリンピックで実施されるという運びになります。

第1回オリンピックから続いているレスリングが2020年大会の実施種目にするかどうか保留になったことが明らかになってから、「何としても守らなければ」という思いでルールの変更や署名活動をやってきたことが大きく取り上げられましたが、野球もそれなりに動いているようです。

野球とソフトボールの会場を分離させない(?)とか、野球もソフトボールも7回で終わりにするとか、見方によっては大なたを振るったようにも見えます。
「野球が7回? 少年野球かよ!」
と突っ込む人、多いでしょうね。でも、オリンピックとして世界にアピールするためには、垣根を低くする配慮というか、考慮は必要だと思います。だからこその7回制であり、タイブレークなんだろうと思います。かねてから、オリンピックにメジャーリーガーを振り向かせるためためにどうすればいいかという議論が繰り返されてきましたが、その議論よりも、こういう垣根を低くするための議論の方が大事なんでしょうね。

メジャーリーガーを巻き込んだ世界一をめぐる戦いは、WBCとプレミア12を中心にすればいいでしょう。WBCについてはWBCインクと国際野球連盟の間で解決すべき問題、WBCインクとNPBなどの各国プロ野球組織の間で解決すべき問題(お金の問題など)が山積みになっていますが、やればやるなりの盛り上がりをみせていますから、タイブレークなんてやらないメジャー流の無制限延長で白黒つけてもいいでしょう。そして、国際野球連盟主導で行われるプレミア12にもいろいろな可能性を見出せるようになって欲しいです。「オリンピックはアマチュアの一大舞台でいてほしい」という考え方とは少し違いますが、WBCにはWBC、オリンピックにはオリンピックの魅力を作り上げて野球全体を盛り上げて欲しいですよね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
Jリーグより歴史がまだ浅いアメリカのメジャーリーグサッカー。ベッカムのような大物が加入して時々注目を集めていますが、まだクラブワールドカップに出場したチームはないんですよね。そんなメジャーリーグサッカーがまた注目を集めています。

MLBのヤンキースがイングランドプレミアリーグのマンチェスターシティと提携して「ニューヨークFC」というチームを立ち上げ、メジャーリーグサッカーに2年後参入するとか。MLBのチームのオーナー企業がNBA(バスケ)やNFL(アメフト)のチームを持っていても、ヨーロッパのビッグクラブのようにサッカー以外のスポーツチームを多角的に経営しているという感覚があるところってあるんでしょうか? 私の中の記憶にはありません。そう考えるとヤンキースの挑戦って、アメリカ的にはかなり面白そうですよね。ヤンキースといえばビッグクラブというに相応しい戦力と財力を持つ球団。そんな球団が、アメリカではまだ開拓途上といえるプロサッカーに参入とは、実に面白いチャレンジだと思います。

しかし、マンチェスターの目線でニューヨークFCの存在を考えると、ちょっと疑問が。育成年代からプロになれない選手たちの受け皿としか考えていないようだと、メジャーリーグサッカーの存在そのものがヨーロッパではまだ下に見られているのかなと思わざるを得ません。メジャーリーグサッカーではドラフト制度があるのでアメリカ国内のアマチュア選手(主に学生)を数人は受け入れることになるでしょうけど。NFLヨーロッパのような存在になればいいと思えば、「受け皿」的な考えもありかもしれませんが、マンチェスターとヤンキースがどのような目線でチーム運営をするかというコンセプトを早く見てみたいです。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
Jリーグが誕生して20年。誕生当初のあのバブリーなフィーバーがつい最近のことのように思えますが、チームは41(JFLに降格した町田ゼルビアを含む)にまで増え、日本地図をクラブのエンブレムが埋め尽くせるようになりました。

11日にはJリーグ20周年のアニバーサリーマッチが埼玉スタジアムで行われました。
「とーもっだーちっなーっらー?」「あーったりーまえー!」
20年たってこの掛け合いが成り立つとは思っていませんでした。この日対戦した浦和レッズ鹿島アントラーズゆかりの人が1人ずつレジェンドプレーヤーとして会場に姿を見せ、サポーターへ挨拶しました。鹿島アントラーズOBのアルシンド・サルトーリさんがアントラーズ在籍時に出演した増毛施術のCMで使った決め言葉が「友達なら当たり前!」。もう20年前のCMですから、年代によってはこのCMをリアルタイムで見ていない人だっているはず。だから、アルシンドさんとアントラーズサポーターの間でのこの掛け合いが成り立ったのには驚きました。サポーターなら誰もが知っている、根付いていることが着々と増えていることが実感できる場面でした。

一方、レッズOBとして登場したのはロブソン・ポンテさん。スタジアムアナウンサーが在籍当時と同じフレーズで呼び出して拍手が沸きあがったと思えば、「We Are REDS!」とポンテさんが大声をあげれば、サポーターは応援歌で応える。そして試合後に選手とサポーターが勝利の歌を歌う場面では他の選手と一緒にTシャツでフレーズをつくりました。ここは埼玉、アルシンドさんが登場したときよりも大いに盛り上がったようです。
「祝!20周年!Jを世界最高峰リーグに!」
これがレッズのベンチ入り選手とポンテさんが作ったフレーズです。ここが新たな歴史のスタートです。盛り上げていきましょう。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

13日と15日にボクシングのダブル世界戦が2つ行われました。成績は日本勢から見て3勝1敗。しかも勝ち試合がすべてKO勝ち。いやはや、日本のボクシングは女子ばかりでなく男子も強いですね。

数年前まではポイント重視の風潮があるようで、KOできなくてもポイント優位で12ラウンド乗り切ればOKという無難な試合も少なくなかったようですが、長谷川穂積選手がWBCバンダム級を10回防衛中にKO勝ちが続いた頃から「KOもいいかも」と思うようになったきたのではないでしょうか。亀田兄弟はKOが少ないようですが、13日に7度目の防衛を決めた「KOダイナマイト」といわれる内山高志選手を筆頭に、全体的に見て世界戦でのKOが増えてきた感じがします。

特に印象的なのは、内藤大助選手が逆転KOした試合でしょうか。2008年7月にあった清水智信選手とのWBCフライ級防衛戦(3度目)。WBCのタイトルマッチでは当時から4ラウンドと8ラウンド終了後にポイントの中間発表(オープンスコア)が行われていましたが、2度とも「内藤不利」とのポイント。しかし、10ラウンドに一気に攻勢に出て大逆転KO。内藤選手本人は試合後の勝利インタビューで2度ともポイント不利と出ていたことについて「びびった」と本音をもらしていたのもまた印象的です。

オープンスコアについては「数字的に出る有利・不利にとらわれすぎて戦略が狂ってしまうのでは?」と疑問を呈する声もありますが、内藤選手のケースのように「だったらやっちゃおうじゃないの!」と思い切った勝負に出るきっかけを与えるメリットもあるはず。4月からはWBOとIBFの世界タイトルにも日本ボクシングコミッション公認で挑戦できるようになったので(直前に高山勝成選手がIBFミニマム級世界チャンピオンになりましたが現時点では公認されていません。この先防衛すれば後付けで公認されるかもしれませんが)、世界チャンピオンがまた増えてくる可能性があります。これをきっかけに日本人世界チャンピオンがKOで沸かせるシーンが増えてくることを期待しましょう。

それでは、また次回です。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
Jリーグ誕生20年のメモリアルデーまで2週間を切ろうという1日、ACLは予選ラウンドが終わりました。ふたを開ければ、柏レイソルが圧倒的な力の差を見せて予選突破を決めたものの、他の3チームは予選敗退に終わりました。中でもベガルタ仙台は逆転負けでブロック2位から最下位に転落という何とも信じられない結末となりました。

レイソルはアウェイで全勝、ホームで1勝2分の無敗。3連勝のあと引き分け2つ続いたときは、リーグとACLの両立は簡単にいかないかと思ったのですが、最後に3点とって強さを見せ付けることができて次への弾みをつけられたかもしれません。決勝トーナメント1回戦は全北現代モータース(韓国)あたることになりますが、どうなることでしょうか?

レッズは勝ち点10で全北現代モータース(韓国)と並びましたが、直接対決の成績で敗れたため(全北の1勝1分・総得点は全北5-3浦和)に予選敗退になってしまいました。レッズとしては全北にホームで逆転負けしたのが終わりの始まりになってしまったようです。全北のように、どの国に行っても1つも負けない安定したサッカーが要求されることがわかってきたかもしれません。

ベガルタは負けないことが災いして昨年はリーグ優勝を逃してしまいましたが、今回のACLもなかなか勝ちきれないで苦労した感じがします。初めてのACLで最後まで予選突破を懸けて戦い抜いたことは大きな収穫でしょう。そして、この戦いで、震災から2年経ち、少しずつ復興が進んでいることをアジア各国にアピールすることは出来たかもしれません。

サンフレッチェは3連敗のあと3つ引き分けで勝ち点3。2戦余したところで予選敗退というのは昨年のJリーグ優勝チームとしては恥ずかしいといわれるかもしれませんが、2巡目で全チームから勝ち点を取れたことはむしろ前向きに考ええていいだろうと思います。サンフレッチェはまだACL2度目。次に生かせる何かを見つければ、成長できるはずです。

日本勢が1チームしか予選突破できなかったという現実は変えようがありません。ただ、この現実を各チームやJリーグ、JFAがどう捉え、どう生かしていくのかが大事です。ひとまず、レイソルの決勝トーナメントの戦いを期待していきましょう。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1