大相撲夏場所は旭天鵬の初優勝で幕を閉じました。
大相撲にはメジャーリーグのように「近代」と「近代以前」に記録を分けて集計する考え方がありますが(大相撲では優勝額の授与が始まった1909年を近代大相撲最初の年と考える説と現在の日本相撲協会が設立された1927年を近代大相撲最初の年と考える説があります)、旭天鵬は近代の大相撲では最年長の優勝、最年長の初優勝、初土俵から最も時間がかかった初優勝ということで、歴史に残る初優勝となりました。

大逆転劇でもあった今場所の優勝。普通ならば1敗の稀勢の里が星の差2つつけてリードした展開でしたから、「優勝は時間の問題」とのんびり構えていました。しかし、稀勢の里は最後の4日間1勝3敗とある意味歴史に残る大失速を演じました。このおかげで優勝の可能性が残る力士の数が最大12人という超激戦になったわけです。そして、千秋楽に6人による変則トーナメント(1回戦は普通に1対1の勝負。勝ち残った3人で巴戦)で優勝を決める可能性を残す展開となりました。そんな中で存在感を示したのが横綱白鵬ではないでしょうか。12日目、8勝4敗でやっと勝ち越しという不調振りが目立ちましたが、大関との直接対決が組まれるようになる場所の後半で調子を上げたのはさすが横綱。そして、旭天鵬の優勝が決まったところで自ら優勝パレードで優勝旗を持つ役を買って出たというのも素敵な話です。日本とモンゴルの国交が樹立されて40年、旭天鵬らモンゴル出身者が日本の土俵に上がり始めて20年とモンゴル的にはメモリアルな年だったということで、白鵬も気持ちが高まってきたんでしょうね。

旭天鵬らモンゴル出身力士がデビューする少し前からモンゴルでは日本の大相撲が生中継されていたそうです。それを見てモンゴルの若者たちは日本の相撲に憧れを抱き、旭天鵬、旭鷲山の活躍でその憧れが増幅してきたんですよね。野茂やイチロー、ゴジラ松井の活躍でメジャーリーグに対する憧れを抱いた日本の野球少年に通ずるところがあるのでしょう。旭天鵬の優勝と言うのは、メジャーリーグで言えば野茂のノーヒットノーランみたいな快挙というか名誉。これをまたきっかけに旭天鵬には鉄人振りを発揮して欲しいですね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
サッカーのヨーロッパ各国リーグでは軒並み優勝が決まり、
あとはチャンピオンズリーグ決勝を待つのみって感じになりました。
(まぁ、今年はその後にEURO2012がありますけど・・・)

さて、優勝だとか1部残留確定という瞬間、
監督を胴上げするシーンをよく見るんですよね。
特にスペインやイタリアで。
胴上げって日本独特のものかなって思っていたのですが、
ヨーロッパ、特にラテン系の国でもやるもんだって驚きました。
選手や関係者だけでやる「お行儀のいい」胴上げではなく、
スタンドから飛び出したサポーターまで輪に加わる
「昔ならでは」の胴上げっていう感じ。
グアルディオラもモウリーニョも、何度となく宙を舞いましたが、
やっぱりうれしいんでしょうね。
ところで、なぜ、ヨーロッパの南部で
胴上げをやるようになったんでしょうか?

プレミアやブンデスではこういう胴上げって見た記憶がないんです。
国民性なのか、何かしらの形で日本から伝わってきたのか・・・。
調べてみると面白いことになりそうです。
覚えていたらこのブログに書いてみたいと思います。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先週は断りもなくお休みさせていただきました。大変ご迷惑をおかけしました。

J1ヴィッセル神戸の和田監督が解任され、後任に昨シーズン限りでガンバ大阪の監督を辞めた西野朗さんがあてがわれるとの噂が流れています。西野さんとしては浦和レッズなどとの話し合いが折り合わず現場から離れざるを得ない状況を脱することができるのでうれしいでしょう。しかし、これをかなえるためにはしなければならないことがあるようです。それが、「三木谷詣で」のようです。

「大型補強」だと言われながらヴィッセルに移籍している選手も、前の監督が辞めた後に続く人も三木谷会長に必ず会っているような気がするんですよね。同系の楽天イーグルスよりも三木谷色が薄い印象があるヴィッセルの方が、「三木谷詣で」がニュースになっていると言ったほうがいいような気もするんです。大久保嘉人選手がドイツのチームを辞めてヴィッセルに入るときには品川の楽天本社に三木谷会長を訪ねた写真がスポーツ紙各紙にデカデカと載っていました。そして、西野さんも大阪で三木谷会長に会っていたとか。

トップスポンサーというべき会社のトップに新監督になる人が会うことは自然なことでしょうけど、ヴィッセルの場合は楽天はトップスポンサーと言うよりも親会社と言ったほうがいい存在で、三木谷さんがクラブの会長職ということで他のチームでの「偉い人との面談」よりも重要度が強くなっているのかもしれませんね。巨人のナベツネ会長とか福岡ソフトバンクの孫オーナーのようにチーム全体に大きな影響力を及ぼし知名度も高い個人というのはプロ野球界にいくらかいるようですが、サッカー界はどうなんでしょうね? 三木谷さん以外なら、浦和レッズの社長から日本サッカー協会の会長になった犬飼さんくらいでしょうか? ともかく、三木谷さんを泣かすようなことがないようにヴィッセルの皆さんには頑張ってもらいたいですね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3件中 1~3件目を表示


1