25日、世間があっと驚く卒業宣言がありました。
AKB48の前田敦子さんがコンサート最終日に自ら切り出しての「卒業宣言」です。卒業宣言は25日の夜ということで、報道が本格化したのは翌日の26日。東京のスポーツ紙6紙中4紙がこの話題を1面にしているわけですから、それだけ衝撃的なものだったといえるのでしょう(トーチュウはアロンソのF1マレーシアGP優勝、デイリーは阪神・金本のマリナーズとの親善試合での特大アーチ)。

あっちゃんの卒業を知ったのは当日の夜10時くらい。Yahooトピックスの一番下の段に見出しがあったことに気づきました。そのときには速報を目にした程度だったので「そんなことがあったんだ」くらいにしか感じませんでしたが、翌朝以降のスポーツ紙やワイドショーで詳細が伝えられるようになると「すごいことなんだ」って思うようになって来ました。14歳からAKBの中心を担い、そして「AKBといえばあっちゃん」というイメージを日本中に植えつけたあっちゃんがAKBを離れる決断をしたわけですから。

中野美奈子さんみたいに「引退」するわけではないのに、このニュースに接するうちに「何でそういう決断を?」という関心を持つようになってきました。そこで、日刊スポーツの深層探求連載を見てみましたが、わかったことと言えば、あっちゃんのまじめさゆえの決断だったと言うこと。あっちゃんは絶対的なエースと言われる一方で憎まれる存在でもあった。「神7」と言われる存在でもそういう存在はいないでしょう。もっと言ってしまえば、過去にこんな二律背反を併せ持ってしまうようなアイドルはいなかったのではないかと思います。正負両方の重圧を心身両面で受け止め続けていったあっちゃんは時に倒れてしまったこともあります。AKBのほかのメンバーも倒れてしまったことはありますが、あっちゃんが他より多かったような気もします。それでも重圧から逃げ出すことなく、気丈にセンターを守り続けたことは大変なことだったでしょう。ただ、そういう自分が他のメンバーにとって高い壁になっていることに気づいたことに悩んでいたことが「私のことが嫌いでもAKBを嫌いにならないで」と言う言葉になり、卒業につながっていくような気がします。別の報道で「総選挙恐怖症」といって、この重圧から逃げたくなったから卒業を決断したという見方を示していましたが、それは違うかと思います。

いつ卒業して、その後どうするつもりかはまだハッキリしていないようですが、今回の選択が間違っていないことを時間をかけてでも証明して欲しいものです。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
なでしこリーグ開幕まで1ヶ月を切りました。

INAC神戸レオネッサは澤不在でもなんだかんだで調整は順調に進んでいるみたいですし、岡山湯郷ベルはホステスを務めたトーナメントで優勝したということでこちらも順調な感じみたいです。そんな中、なでしこリーグの関東地区4チーム(ジェフ千葉日テレベレーザ浦和レッズアルビレックス新潟)と常盤木学園高校が17日から4日間にわたって合同合宿を行い、千葉県各地で練習試合を行いました。中でも浦和レッズの荒川選手が練習試合で大活躍をみせたことが新聞各紙に大きく取り上げられました。視察に訪れたなでしこジャパンの佐々木監督は荒川選手のなでしこジャパン復帰を検討しているとか。昨年はケガに泣いた荒川選手でしたが、復活に向けてかなりいいアピールになったようです。

荒川選手といえば独特のアフロヘア。あの髪型からメディアは「ボンバー」とか「ボンバーヘッド」と荒川選手を呼ぶことが多い印象がありますが、サッカーファンの間では「ボンバー」より「ガンちゃん」と呼ぶ人の方が多いみたいです。実家のラーメン屋の名前から「ガンちゃん」と呼ばれるようになったということで、最初に所属していたベレーザのファンはもちろん、荒川選手が現在所属しているレッズのファンにも程なく浸透しています。サッカーブログをいくつか見てみても荒川選手のことは「ガンちゃん」と呼んでいることが多いみたいです。ファン感覚とメディアの感覚の違いなんですかね? 呼び方の違いが出てくるってことは。

昨年の女子ワールドカップの間、荒川選手は「元なでしこジャパンの荒川さん」としてメディアに多く露出しました。そういうこともあってか、荒川選手はよからぬ形で「なでしこ」の肩書きを背負ってしまった感があります。そして、なでしこから離れている間に、荒川選手がレジ打ちをしているスーパーに来る買い物客から「もう辞めたんですか?」と荒川選手本人に問うこともあったらしいです。

もはや過去の人と思われていた人が復活するなんてこと、芸能界では最近よく聞きます。今度はガンちゃんの番です。チームを、なでしこを、どうかまた盛り上げてほしいです。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
東日本大震災から1年。あっという間に過ぎ去ってしまった感があります。その1年というのは、「当たり前の1日」が過ぎていくことに日々ほっとしていたように思います。

そんな当たり前をかみ締めて2012年の3月を迎えたのがベガルタ仙台の手倉森監督。鹿島アントラーズとの開幕戦を震災1周年の前日に迎え、1-0で勝利した後に、勝利の喜びとともにシーズンの開幕を迎えたことの安堵感を口にしていたそうです。翌日3月11日の新聞記事には、会場のユアテックスタジアム仙台が「震災の象徴から復興の象徴へ」とありました。昨年の4月29日の「復興キックオフデー」で浦和レッズを迎え撃ったときもものすごい盛り上がりでしたが、1周年を迎えた瞬間と言うのもベガルタやアントラーズのサポーターにとって忘れられないものでしょうね。

Jリーグは20年目。歴史をまた刻んでいきます。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
アルガルベカップ、なでしこジャパンは残念ながら優勝を逃しましたが、オリンピックに向けて手ごたえを感じることの出来た大会になりました。
なんといっても、澤選手がいない中でもアメリカを破り、ドイツと接戦を演じたのは何よりの収穫になったと思います(ドイツ戦の決勝点は決めたドイツの選手をほめたほうがいいゴールです。追いつかれても冷静に相手DFをかわしてワントラップして決められるんですから)。ワールドカップアジア3次予選の最終戦でウズベキスタンに敗れて「本田がいなければ話にならない」と言われるようになったザックジャパンとは大違いと思う人もいるのではないでしょうか?

さて、なでしこジャパンはこの先もオリンピックを目指しての戦いの日々を送っていきますが、来月4月15日から「なでしこリーグ」が始まります。
昨年は女子ワールドカップ後に爆発的に観客動員が伸びました。が、これは澤選手、川澄選手、大野選手らなでしこジャパンの中心メンバーが多くいるINAC神戸レオネッサの試合に限っての話だったような気がします。宮間選手がいる岡山湯郷ベルや坂口選手(今年日テレベレーザに移籍)や上尾野辺選手がいるアルビレックス新潟レディースの試合もワールドカップ直後の試合は多くのお客が集まりましたが、INACが来なければ平年よりやや多い程度に留まったようです。男子同様抜群の観客動員を例年は誇っていた浦和レッズレディースもまた然りのようです。
今年は、INAC戦にしか客が集まらないなんてことにならないようにして欲しいものです。Jリーグのように「おらが町のチーム」を盛り上げていく機運が高まってくれればと思うんです。もっと言ってしまえば、「おらが町にもなでしこジャパンの選手がいるんだから、澤や丸山カリナはいないけどなでしこリーグを見に行こうよ」なんて声をかけるファンが増えてくれればと思います。今年はスペランツァFC大阪高槻が1部に復帰。丸山カリナ選手を獲得するは、吉本興業とタッグを組んでチーム運営に取組むはで話題を集めていますが、今年の高槻は1部残留を目指すシーズンになるのではないでしょうか? それに対して優勝争いは今年もINAC、日テレベレーザ、浦和レッズが中心になると言う見方が大勢を占めていますが、私は岡山湯郷ベルに注目しています。昨年はやや好調不調の波が大きかったようですが、それが落ち着けば一角崩しを間違いなくしてくるはずです。

あっ、10日からはJ2に続いてJ1も開幕。20年目のJリーグも楽しんで、盛り上げていきましょう。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今年も3万5500人が参加した東京マラソン。市民ランナーに混じって多くの著名人も挑戦したようですが、悲喜こもごもの結果だったようで…。そんな中で注目を集めたのがロンドン五輪男子マラソンの代表争い。これまで以上の盛り上がりを見せていました。

この争いの中で私の中で浮かんだイメージと言うのが今回のタイトル。レース2日前に話が始まります。主要なエリートランナーが出席した公式会見でのこと、五輪有力候補と目される「公務員ランナー」川内雄輝選手とこの東京に勝負をかける「プロランナー(無職ランナーとも言われる)」藤原新選手が舌戦を演じました。

(25日付デイリースポーツから一部抜粋)
川内「確か去年は藤原新さんが(2時間)7分台と言っていたと思うけど、今年は言わなかった。なので7分台を明言しておきます」
藤原(笑みを浮かべながら)「言わなかったのは、その方が(川内の言う)7分台が(話題に)持ち上がると思ったから。そういう意味だよ、川内くん」。
川内「新さんが日本記録狙いなのが分かった。ますますモチベーションが上がります」
藤原「(ペースメーカーの外れる)25キロ以降は一緒に引っ張りあっていこうね」
川内「分かりました」
藤原「後ろにピッタリ付くのは駄目だからね。交代だからね」

まるでプロレスのタイトルマッチ前みたいな挑発合戦。真意のほどはわかりませんが、言葉尻だけをつかめば、藤原選手が川内選手をまるで見下すような物言いをしていたような印象があります。
そしてレースは藤原選手の「完勝」。最後の最後に「皇帝」ゲブレセラシエを追い抜き2位でフィニッシュし、五輪代表の切符を引き寄せることになりました。一方、川内選手は給水のミスなどがありましたが14位とまさかの大敗を喫してしまいました。積極的にレースを組み立てていった藤原選手が常に優位に立ってこういう展開に出来たのかと思います。もしかしたら、あの舌戦で精神的にも優位に立てたからこその結果かなとも思います。

川内選手と藤原選手、他の実業団選手を比べるとき、調整の仕方を主にイメージして「川内選手はプロレスラーで藤原選手と他の選手は総合格闘技の選手みたいなもの」と思っていました。川内選手の場合はレースに数多く出て本命のレースに備えるという調整方法をしていますが、それは週に数回全国各地を回りながら試合を重ねて本命のタイトルマッチや大型トーナメント(新日本の「G1クライマックス」や全日本の「チャンピオンカーニバル」)に備えるというプロレスラーのように見えます。もう一方の選手たちは本命のレースに向けてピッチリとメニューを組んで練習やレースを重ねて本命のレースに向かう傾向があるように見えます。藤原選手も独自のメニューを入れた練習をしてはいますが、べらぼうにレースに出るわけではないので、後者に当てはまるのではないでしょうか。こういった人たちは大きな試合を目指してあらゆるメニューで力を蓄える総合格闘技型といっていいと思います。プロレス型の川内選手は練習の仕方ばかりでなく、けじめのつけ方もプロレス型なのかもしれません。

東京マラソン翌日、もはやお約束となった勤務先の学校での記者会見。川内選手は「期待にこたえられず申し訳ないと思って…」と、頭を丸めて来たとか。さぁ、五輪本番なのか、それとも秋以降のマラソンなのか、そのあたりはわかりませんが、叩きのめされた藤原選手にリベンジするチャンスはきっと来るはず。這い上がってリベンジなんてストーリーもプロレス的ですね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1