まずはお断りから。
新システムになってちょっと読みにくくなっているところがあるので、改行などの調整をしています。100本以上あるので一気にやるわけにはいきませんが、気長によろしくお願いします。

さて、今回はラジオの話を。
わたしはワンセグを見ることが出来る携帯を持ってはいますが、同じスポーツイベントをラジオで放送していたら必ずと言っていいほどラジオを選びます。
「ラジオはうるさい」と言う人もいるでしょうが、手元にあるポケットラジオからひしひしと伝わる熱気と言うものを一度味わうと忘れられなくなってしまうものもあるし、テレビってある程度腰をすえる気持ちにならないと内容が頭に入らないような感じもするんです。だから、ラジオを選ぶんだろうと思います。

今年の日本シリーズ最終戦も結末の部分はラジオで聞きました。時間的には仕事場のテレビで見ていても問題がなかったのですが、ここは敢えて外に出てラジオを聴くことにしました。どのダイヤルで聴こうかチューニングを合わせていると、RKBの茅野アナが実況しているダイヤルにチューニングがあいました。
茅野アナは2006年のクライマックスシリーズ第2ステージ最終戦でで日本ハムに敗れた時、2007年の第1ステージで千葉ロッテに敗れた時とソフトバンクのシーズンエンドの瞬間をラジオで実況していて、心中冷静にいられないだろう状況でも印象的なコメントを残しているんです。2006年には決着するまで投げ続けた斉藤投手を「あなたは間違いなく、誰もが認めるソフトバンクのエースです!」と語り、2007年の敗北の瞬間には千葉ロッテの第2ステージ進出を告げる花火を見て「この光景を忘れないで2008年のシーズンに臨んで欲しい」と語りかけていました(記憶違いのフレーズがあるかもしれません)。
もしかしたら、福岡では「茅野が最終戦をしゃべったら負ける」なんていわれたかもしれません。でも、わたしは茅野アナが勝利の瞬間を伝えるのを今度こそ聞いてみたいと思い、ダイヤルをキープしました。9回2アウトで攝津投手がマウンドに上がって、3ボール2ストライクまでカウントがもつれていく中でソフトバンクの選手たちの戦いぶりを振り返っていき、そして決着ついたところでスタジアムは歓喜の渦に。「富士の頂上よりも高く、鷹は12球団の頂に!」こういうフレーズを待っていたんです。決着までのほんの数分ですけど、いいものを聞かせてもらったなって思いました。
TBS系の地方局のアナウンサーの方、特にパリーグチームのお膝元にある放送局のアナウンサーの方のラジオ実況って、遠距離受信をしてでも聞きたくなってしまうんです。茅野アナがしゃべっていたRKBのホークス戦はもちろん、北海道HBCの日本ハム戦も往年の「はっきり言ってライオンズびいきです」の文化放送ライオンズナイターを彷彿させる実況で面白いです。

来年も多分、なんだかんだとラジオに耳を傾けてスポーツを楽しむでしょう。うるさいと言われても熱気を体感するために。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
16日(水)にサッカー天皇杯の3回戦が行われました。
ふたを開ければ、
勝ち上がった16チーム中7チームがJ1でないんです。大学のサッカー部に勝った湘南ベルマーレは置いといて、J1対J2の勝負でJ2が5チーム勝ち、JFLの松本山雅がJ1のアルビレックス新潟に勝ったんです。つまり6試合で「ジャイアントキリング」が起きたんです。

サッカー、それも天皇杯のように高校生からプロまで同じ土俵で戦うトーナメントでは、ジャイアントキリングは「あるある」になってしまいます。ハンデがあるわけではないから、上位のチームが下位のチームに負けることはありえない話ではありません。

その一方で
上位のチームが下位のチームに格の差を見せ付けることもあります。J1で優勝を目指す柏レイソルががけっぷちのヴァンフォーレ甲府から6点も奪うし、清水エスパルスが今年からJ2のガイナーレ鳥取に5-0で圧倒することもあります。サッカーって、格と数字だけでは勝負を読みきれないものなんですよね。

このあとはしばらくJリーグの終盤戦が続いて、Jリーグが一通り終わったところで天皇杯の続きが行われます。となると、お互いベストメンバーをぶつけ合う戦いに、天皇杯もなります。楽しみに待ちたいですね。

ところで、知り合いが天皇杯のことで少々憮然としているんです。
テレビ中継が少なすぎる!って。ナビスコカップさえ放送できるスカパーで放送ができないのはどうしてなんでしょうね?

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
SPORAがリニューアルされたそうで。
これからもどうぞよろしくお願いします。

リニューアル後最初はクライマックスシリーズのお話を。

2011年のプロ野球クライマックスシリーズは結局のところレギュラーシーズン1位の福岡ソフトバンクと中日が勝ち抜け
リーグ王者の面目を保って幕を閉じました。

さて、このCSみたいなプレーオフ制度を採用していた韓国で異変が起きているんです。儒教的な考えがあるんでしょうか、レギュラーシーズンで上位に行けば行くほど優位に立つ方式のプレーオフ制度が韓国プロ野球とサッカーのKリーグで行われていました。
最近のKリーグは一度たすきがけのトーナメントで2位チームへの挑戦者を決めてそしてレギュラーシーズン1位のチームと王座決定戦をやる方式に変わっているようでCSのスタイルからやや遠くなっていますが、野球はレギュラーシーズン4位対3位のプレーオフから始まり、そこを勝ち抜けたチームが2位と、さらに勝ち抜けたチームが1位と対戦して韓国王者になるという流れで変わりはありません。日本よりも階段が1段多いような形になっているそうです。そんな韓国のプロスポーツの中で、
Kリーグがクライマックスシリーズの形に似たプレーオフ制度を完全に辞めてしまうとか。

来年から行われる新方式は、スコットランドプレミアリーグで行われているような方式になるとか。まずレギュラーシーズンで一通りの順位を決め、上半分と下半分に分ける。その後は上半分同士と下半分同士の総当り1回戦をやって最終順位を決め、上半分の最高成績のチームが優勝と言うわけです。
スコットランドの場合はレギュラーシーズンとポストシーズンの勝ち点の合計で優勝と降格チームを決めていたようですが、韓国はどんな風になるんでしょうか? こんな方式をJでやったら、前半そこそこの成績を残していた
今年の浦和レッズあたりは今の今まで降格圏争いなんてしないで済んだし、後半になって順位を悪くしたサンフレッチェ広島や横浜Fマリノスあたりが降格圏争いしていたかもしれませんね。来年のKリーグってどうなるのか気になりますね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3件中 1~3件目を表示


1