久しぶりにサッカーの話を。
と言っても、2、3週書かないだけなんですけど、
何となくそう思ってしまいます。サッカーブログでないのに。

おととしの夏、北京オリンピックが行われていた頃です。
ある朝、テレビではしょこたんこと中川翔子さんが
テレビ局主催の野外ライブに出演した様子が流れています。
しょこたんならではのフレーズ連発のMCが
歌より長めに流れていたのではと思ってしまうこともあります。
そんな中、テレビから「貪欲ですかぁー!?」。
北京オリンピックのサッカーでは
なでしこジャパンが格上相手でも5点も奪うような
積極果敢な攻撃をこれでもかといわんばかりに見せて4位入賞。
一方、男子の反町ジャパンは煮えきれないまま、
1勝もできないままに予選敗退。最悪の成績になってしまいました。
オリンピックが終わって、
なでしこリーグ、Jリーグに代表たちが戻るとどうでしょう?
当時男女とも1部リーグにいる某クラブでは
女子チームが五輪代表経験者中心にゴール量産!
コロっと負けてしまうことがあったにしても
勝ったときには5点以上は当たり前。8点取った試合もありました。
しかし、男子チームは決定力不足に悩んで結果を残せません。
だって、ボールを回すにしても前へ前へ行けばいいのに、
横にしか動かないんですから。
だからなんです、
しょこたんのあの言葉が浮かんできたのは。
「女子を見習って貪欲に攻めてくれ!」なんて
仲間内にいっていたことがあります
(ちなみにそのチームに対しては、
2年たった今も「男子は女子の貪欲さ、ひたむきさを見習え」
という声が飛んでいます)。

さて、広州アジア大会では男女ともサッカー日本代表は好調。
女子は見事金メダルを獲得しました。
意外なことにアジア初タイトルなんです。
北京オリンピックでもなでしこジャパンを率いていた佐々木監督は
オリンピック以後、公の場で常々「目標は世界一!」と言い続けています。
ある週刊誌では
「ワールドカップでベスト4と言い張る岡田監督よりも説得力ある」
なんて言っていたこともあります。
1点も与えずに金メダルなんて! 
参加数が少ないと言ってもすごいことです。
5月か6月の女子アジア選手権で苦戦を強いられた頃が嘘みたいです。
さぁ、来年は女子ワールドカップ。本当に世界一を目指す戦いです。
一方、男子の関塚ジャパンも決勝進出。
前評判はあまりよくありませんでしたが、
みんなでせめてみんなで守るというやり方が浸透してきたからか、
こちらもメダル獲得。
関塚監督と言えば猛烈な攻撃力を武器に
川崎フロンターレをACLベスト8に押し上げるような
チームに育て上げた人です。
そういう人が手がけるチームというのは気持ちがいいもんです。
ゴールへの貪欲さというのも感じられるようになってきた気がします。
こちらは来年ロンドンオリンピックへの予選が待っています。
長所を伸ばして是非、5連続五輪を。
そして、北京では見せられなかった
ゴールへの貪欲さを見せてほしいものです。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
意外に早く止まった横綱白鵬の連勝記録。
ただ、止まった相撲そのものは
いい意味で言い訳の仕様がないものだったと思います。
稀勢の里が見事なくらいに横綱を攻略してしまいましたからね。
こういう言い方がいいかどうかわかりませんが、
彼のキャリアで
最高のパフォーマンスを見せたんではないでしょうか?
 ただ、稀勢の里は日本人力士の中で
大関に一番近い存在といわれています。
つまり、外国人出身者が幅を利かす上位陣に
風穴をあける期待がかけれているんです。
だから、「こういう言い方がいいかどうかわかりませんが」
という断りをつけたんです。
今回の相撲が「キャリア最高」でなく
「キャリア屈指」のパフォーマンスになり、
この先に本当の「キャリア最高」のパフォーマンスが見られれば、
きっと、上位陣に風穴をあけられるようになるはずです。

さて、白鵬の連勝は63で止まりましたが、
これはあくまで15日×6場所=90日制での63連勝であり、
双葉山の69連勝や谷風の63連勝と
表面上の数字だけで比較するのは
少々乱暴ではないかと思うところがあります。
メジャーリーグで「近代野球の時代とされる20世紀以降で」
と断りをつけて通算記録を比較するように、
大相撲の連勝記録も「(現在の日本相撲協会が誕生した)昭和以降で」
という断りをつけて比較しているメディアもありますが、
これでは物足りないと思ったんです。
日本のプロ野球やメジャーリーグで
時代背景や技術の進化を勘案した係数で
年間ホームラン本数を比較するように(そういう研究があるそうです)、
何かしらの係数で比較する考え方ってないのかなって思って、
自分なりに考えて計算してみました。
数学や統計学を専門的に勉強しているわけではありませんが、
双葉山の時代または谷風の時代と比べて
現在は何倍の本場所開催日数になっているのか、
この「何倍」という数字を係数として考え計算してみました。
そうしたらどうでしょう? 大変な数字がでてしまいました。

谷風が活躍した18世紀後半は
10日×2場所=年20日ということで、係数は4.5。
彼の最長連勝記録は現在と違う数え方ではありますが63。
さぁ、63×4.5を計算したら…283.5!
つまり、単純な係数ではありますが、
今の90日制で当時の谷風と時間的に同じ長さとなる連勝記録が生まれたら、
283連勝以上していたということになります。3年間負けなしってことです。
双葉山はどうでしょうか? 
69連勝していた昭和10年代は11日×2場所=年22日制から
13日×2場所=年26日制に移行していた時期なので、
真ん中とって年24日制で計算してみます。
この場合の係数は3.75。69×3.75を計算すると…258.75。
谷風よりかはやや短いですが、これもこれですごい数字です。

計算の仕方こそ乱暴かもしれませんが、
双葉山や谷風という伝説的な横綱って本当にすごいものなんだなって
思ってしまいます。
200連勝を期待するわけにはいきませんが、
まだまだ白鵬にはチャンスがあるはずですから、
尊敬する伝説の横綱たちを越えるチャレンジをつつけてほしいと思います。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今年の日本シリーズは千葉ロッテマリーンズが
「史上最大の下克上」を完結させて5年ぶりの日本一となりました。
4勝2敗1分。24年ぶりの引き分けあり、
シリーズ史上初の15回5時間ゲームあり、
良きにつけ悪しきにつけ
野球らしさを見せたシリーズだったのではないでしょうか。
中日・千葉ロッテそれぞれに延長勝ちが1つずつあったのですが、
ふと思い出したことがあります。

Jリーグがまだ前後期制だった頃、
年間王者を決めるチャンピオンシップが
セカンドステージ終了後にホーム&アウェイで行われていました。
はじめは単純に2試合の合計点が多いほうが優勝だったんですが、
ある時期から勝ち点制をしいたんです。
90分で勝てば3、Vゴールで勝てば2、引き分けなら1という感じ。
99年、清水エスパルスとジュビロ磐田の静岡ダービーで行われたとき、
お互いVゴールしたため、双方勝ち点2。
そのため、PK戦で優勝を決めたなんてことがありました。
そんな勝ち点制を今年の日本シリーズに当てはめたとしたら…。
9回で勝てば3、延長で勝てば2、15回引き分けなら1という風にすると、
千葉ロッテが第6戦の時点で日本一が確定していたんです。
千葉ロッテは第6戦までで9回の勝ちが3、引き分け1で勝ち点は10。
同じく中日は9回までの勝ちが1、延長勝ちが1、引き分け1で勝ち点6止まり。
つまり、第7戦で中日が9回で勝ったとしても勝ち点で1及ばなかったんです。
引き分けで日本一決定というのもなんとも不思議ですが、
短期決戦での1勝の重みが今まで以上に増してくるような気がします。
でも、クライマックスシリーズ以上に勝ち負け勘定が複雑になりそうですね。
ドキドキするプロ野球シーンも土曜日の日韓チャンピオンシップでひとまず終了。
来年の春が楽しみになるように選手たちにはじっくり練習していただきたいですね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
最近のサンフレッチェ広島といえば、
槇野選手が主導してやるゴールパフォーマンスが注目されています。
しかし、このパフォーマンスについて
審判たちの見方がいろいろあるみたいです。
ある審判は親切にも時計を止めてやらせるし、
またある審判はある程度やらせてから「早く戻りなさい」という。
別の審判は「槇野君、勘弁してよ」と言って全くやらせないらしい。

プロの試合なんだから、
パフォーマンスを全く否定するわけにはいきません。
ただ、試合を止めてまで長々やるのはいかがなものか?
という意見も理解できます。
サッカーの場合、
試合の途中で次のプレーに移る時間をかけすぎてしまうと
「遅延行為」として審判からイエローカードをもらってしまいます。
よくある遅延行為と言えば、
リードしているチームのゴールキーパーが
試合終了間際になるとゴールキックをなかなか蹴らないということですね。
パフォーマンスも審判によっては遅延行為と見なしているようです
(「今日またやったらイエローだよ」と注意する人もいます)。

プロ野球ではエコのためと
観客を退屈させないためのスピードアップ策として
「3アウトチェンジになったら駆け足でベンチに戻る」
「コーチや監督がフィールド上の選手を集めて
タイムをかける時は選手たちにテキパキと伝える」
「アトラクションをダラダラやらない」など励行するように呼びか
けています。そんな中でパフォーマンスを工夫していると思うのが
巨人の「らみちゃん」ことラミレス選手。
ホームランを打ってベンチに下がるところで
毎年旬の芸人のギャグなどを見せています。
そのギャグの元ネタを持つとある芸人が
「もっとやってよ」なんて注文をつけたのですが、
ラミちゃんは「時間制限の中で精一杯やっている」とピシャリ。
メリハリも肝心なんでしょう。

さて、サンフレッチェに話を戻しましょう。
ナビスコカップ決勝を前日に控えた2日付の新聞に
サンフレッチェのペドロビッチ監督が
最近パフォーマンスをやらせてもらえていないことに不安を感じたのか、
選手たちに
「ゴール後にパフォーマンスをやるならすばやく集まれ。
集まるのが遅いから止められるんだ」と言ったとか。
パフォーマンスがチームのモチベーションに
不可欠なもの考えるようになってきたのでしょうか?
寛容に受け止めてもらえる指導者はそうそういないでしょう?
そんなニュースを耳にしてナビスコカップの決勝を見ていたのですが、
3ゴール中パフォーマンスをしたのは1度だけでした。
そのときにはゴールキーパーまですばやく集まり、
矢を放つ格好をしました。
しかし、他の2度はパフォーマンスをする余裕を通り抜けて
喜びがとにかく爆発しているような表情を選手たちはしていました。

ナビスコ決勝で優勝できず実現しなかった
サンフレッチェとっておきのパフォーマンス、
いったい、いつ見られるんでしょうか?
とにかく楽しみにしたいですね。

それでは、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1