選手時代には達成当時史上最多、史上初だった記録をいくつも打ち立て、監督としては史上5人しかいない通算1500勝を達成して3度の日本一を経験した野村克也さんが11日に84歳で亡くなりました。野村さんが風呂場で倒れているのを家政婦の方が見つけ警察に通報、病院に運ばれた後に野村さんの死亡が確認されたそうです。死因は虚血性心不全。2017年12月に亡くなった妻の沙千代さん同じでいわゆる「突然死」だったそうです。野村さんは沙千代さんが亡くなって以降かなりの喪失感があってプライベートではあまり元気がなかったと報じられていましたが、テレビ番組での饒舌ぶりを見ていたので「突然死」にはただただ驚くばかりです。

現役時代の通算ヒット数、通算ホームラン数、通算打点は全て歴代2位ですが、これらはすべて巨人の選手に抜かれるまで歴代最多でした。特にホームランは通算300号、400号、500号は野村さんが史上初で、600号は王貞治さんが史上初、年間最多ホームラン記録も野村さんが打ち立てた52本を1年後に王さんが55本にまで伸ばしたという具合で、巨人との因縁が何かとあるようです。選手の時にも、監督になってからも、今では当たり前になった戦術をたくさん導入してチームを強くしました。クイックモーションやギャンブルスタートなど、メジャーリーグのチームも導入するものもあったとか。具体的な戦術だけでなく、考えて野球をするという思想を日本の野球に浸透させたことも野村さんの功績だと言われていますよね。直感的な采配の長嶋巨人とID野球の野村ヤクルトが90年代に交互にリーグ優勝をしていたのも懐かしいです。「長嶋が向日葵なら俺は月見草」、現役の頃に語った言葉といわれていますが、もはや代名詞という感じです。

そういえば、巨人V9時代にあったある交流がID野球の礎になっているのかなと思うんです。リーグ優勝が決まると当時も祝勝会が行われていましたが、一人だけ顔を出さなかったのがレギュラーのキャッチャーだった森祇晶さん。森さんが何をしていたかといえば、日本シリーズで対戦する可能性があるパリーグのチームの情報を野村さんに毎回のように聞きに行ったんです。南海が相手の時にはさすがにできなかったでしょうが、野村さんは惜しげもなく森さんに阪急やロッテのことを教えていたそうです。こういった交流が間違いなくID野球の礎になったはずです。そして、森さんと野村さんは当時から「キャッチャーの地位を高められるように頑張ろうな」と語り合っていたそうです。そして、森さんは伊東勤さん、野村さんは古田敦也さんをそれぞれリーグを代表する名キャッチャーに育て上げ、誓いを実現させました。

こういうことを並べているとまさに「巨星墜つ」という言葉がふさわしいように感じます。ご冥福をお祈りいたします。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
NPBアウォーズが1126日に行われ、MVPや新人王など記者投票で決まる各賞が併せて発表されました。大方の予想通りの顔ぶれが受賞しましたが、「どうしてこの人に?」という投票があったことが話題になったとか。


夕刊フジのウェブサイトによると、ベストナインとセリーグMVPの投票で巨人の大竹寛投手にそれぞれ1票ずつ入っていたことを報道陣から聞かされ「どうして自分が?」と戸惑っていたとか。それ以前にもこういった投票があったそうです。プロはもちろん高校も社会人も女子野球もチェックしている大の野球好きとして知られる伊集院光さんがこの投票方式について「責任持って投票していることをファンがわかるような方法にするべきでは」とNPBアウォーズ翌日のラジオ番組でコメントしたのです。奇をてらったつもりはないとしても根拠を持って投票してこそMVPなどの賞の権威が保てるだろうと言う意味をこめているのかと思います。その方法として伊集院さんは投票詳細の開示を提案したのです。

投票詳細の開示は、中央競馬の馬のMVPというべき年度代表馬や世代・種目別の最優秀馬を決めるJRA賞の投票で行っています。各賞が発表されたその日にJRAのホームページでどこのメディアの誰がどの馬に投票したかを見ることができるようになっています。ただ、投票した人が開示をしたくないと申し出たらその人の投票内容は開示されないことになっています。同じメディアでも開示した人も開示しない人もいるようで、メディアで拘束するというわけでなく個人の意志に任せているようです。

権威を保つための方法なら、Jリーグアウォーズのベストイレブン、MVPのように当事者、つまり選手・監督に投票させる方法もあるかもしれません。Jリーグの場合、すべてのチームの監督と試合時間などの一定用件を満たした選手が投票権を持ち、記者には一切投票権がありません。現場にいる人たちの実感が反映されるためか、94年のペレイラさん(当時・読売ヴェルディ川崎)みたいに記者の予想を裏切る意外な人選で驚かれることもあります。プロ野球でも日本プロ野球選手会が選手会に加入する選手(選手会に入っていれば外国出身者でも投票できる)の投票で独自にMVPを決める取り組みがありますが、NPBアウォーズには反映されません。オールスターでも選手間投票で追加選出する制度があるので、記者投票60%と選手間投票40%という風な配分をつけた上での合計点で決めるという方法もありそうです。

誰もが納得できるような方法は難しいかもしれませんが、いろいろと検討する価値はあるかもしれません。では、また次回です。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
国内のプロ野球はシーズン全日程を終えて秋季練習を行っていますが、セリーグ優勝の巨人原辰徳監督がこれからのプロ野球のために大胆な提言を2つしました。

ひとつはセリーグでのDH制導入。日本シリーズでパリーグのチームが7連覇しているのはDH制があるからと考え、バッティングに秀でている選手を今まで以上に加えられるし、投手は切れ目のない打線と戦うことで技量向上が期待できるのではないかと考えているようです。そんな原監督の考えについて、スポーツ報知が巨人ファンに向けてネットでアンケートをとったところ約4分の3の人が賛成しているとか。見ているファンとしては、ピッチャーが打席に入って攻撃の流れが停滞するよりもDHが打席に入ることでいつ点が入ってもおかしくない状況を作るべきと考えている人が多いようですが、私はリーグのアイデンティティを守るためにはDH制は導入すべきではないと思います。セリーグもパリーグもDH制を使うようだと、これまでできたセリーグの個性が壊れてしまいそうで怖いんです。それを犠牲にしてでも強くしないといけないという気持ちはわかりますが、若手選手の育成の仕方などリーグの土台を揺るがすことなく見習えるところから取り組む方がいいと思いますが。横浜DeNAの中畑清前監督もDHだけがパリーグが日本シリーズで勝てる要因ではなく一貫した育成体制を確立していることも要因なんだとスポニチのコラムで語っています。

もう1つはFAの人的補償を廃止すること。新たな選手を迎え入れることがうれしいことだけでなく、誰かと引き換えになることで悲しいことにもなってしまうからというのです。私はこの意見には賛成します。FA移籍で大物選手が加わるのと引き換えに若手選手が新天地に向かうことで飛躍のチャンスを掴むこともありますが逆に信頼関係にあった指導者と選手を一方的に引きはがすことにもなってしまいます。というか、プロ野球選手会が出場機会に恵まれない選手のために提案している「現役選手ドラフト」がFA人的補償の機会がない球団に魅力的なものになれば、原監督の不安はすぐに解消できるとも思っていますが。

これからのための提案は決して無益になるとは思いません。きっと何かのヒントを与えてくれると確信しています。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
23日にSMBC日本シリーズが終わり、福岡ソフトバンクが3年連続の日本一を史上初のポストシーズン10連勝で飾りました。ジャイアンツ-ホークスの日本シリーズで4連勝のスイープ決着となったのは「杉浦忠4連投4連勝」「御堂筋パレード」で知られる南海時代の1959年(昭和34年)以来60年ぶり。2度目のスイープ達成は今年で70回目となった日本シリーズで初の快挙です。一方、ジャイアンツが4連敗で日本シリーズを終えたのは1990年に西武ライオンズに敗れて以来3度目。日本シリーズで2度スイープを喫した唯一の球団だった巨人としてはワースト更新となってしまいました。

先ほどもふれましたが、日本シリーズは今年で70回目。誕生当初4年間は「日本ワールドシリーズ」という名前で行われ、現在の「日本選手権シリーズ」になってからでも66年目なんです。その長い歴史でホークスの日本一が10回目だったというのは何となく意外な感じ。セ・パ分立直後の1950年代前半こそパリーグの王者として君臨していましたが川上哲治さんや別所毅彦さんが主力で戦後最初の黄金期を迎えていた巨人にことごとく敗れ、50年代半ば過ぎには三原マジックや「神様仏様稲尾様」の活躍などで急成長を遂げた西鉄ライオンズにパリーグの覇権を握られ、やっと日本一になったのは第10回大会のこと。対戦した当時の巨人はONがやっと揃うようになり、チームを率いた水原茂監督がこの年限りで退任するということで過渡期だったとも言えます。対して南海は若い力が確実に根付き鶴岡親分こと鶴岡一人監督の考えが浸透してきた頃。何となく今年のホークスとジャイアンツと重なる部分がありそうな気がします。その後に南海ホークスが日本一になったのは1964年の1回だけ。翌年からの巨人V9にぶつかるはチーム自体が弱体化するは…で日本一になかなかなれず、福岡移転から10年を迎えた1999年にやっと日本一になりました。そこから実は8回日本一になったことになるんですね。

パリーグが現在のクライマックスシリーズ制度を始めたのは2004年のこと。それ以降ポストシーズン全勝で日本一というケースはありませんが、ファーストステージ初戦に敗れて以降全勝の準パーフェクトというのも史上初なんです。単純に同一シーズンのポストシーズンで10連勝というのも史上初。福岡ソフトバンクは本気を出せば強いというのがよくわかります。言い方よくないでしょうけど、埼玉西武がリーグ優勝できたのはレギュラーシーズン後半にたまたま福岡ソフトバンクが調子を崩したからなのかなと思ってしまいます。元西武監督の東尾修さんは「厚かましいくらい強い」とホークスの強さを称していますが、これから数年の間もホークスが君臨する時代が続くかもしれません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
以前このコラムでも取り上げた高校野球の球数制限。甲子園大会について1週間で500球を目安にすることを専門家会議が理事会に提案することになるそうです。WBCやU-18ワールドカップのような1試合当たりの球数制限を期待していた人たちには拍子抜けだったかもしれませんが、選手層が薄いチーム対する配慮が必要だからそうしたと考えれば腑に落ちる気がします。

その一方で驚いたのはバットの太さ制限の強化です。来年をめどに現在の基準から5%ほど細くするとか。社会人野球のように金属から木のバットに戻すことは難しいにしても木のバットに近い反発力にするために更に細くしようというわけです。夏の甲子園の後にあったU-18ワールドカップで攻守それぞれで木のバットへの対応ができていないのが露呈してメダル獲得を果たせなかったことや今年の夏の甲子園で打球を顔面に受けて骨折してしまった投手がいたことを問題視したためだといいますが、今年の夏に掛布雅之さんが提言したように無駄な投球数を抑制できるという効果まで考えていたかどうかはわかりません。

また、茨城国体では智辯和歌山の選手全員が最後まで木のバットを使うことにしたそうです。中谷監督は「3年生は卒業して大学に進学したり社会人やプロに進んだりしたら木のバットを使わなければならないから早めに慣れさせたい」という理由で実行させるといいます。プロ入りを意識した選手が個人的に国体で木のバットを使ったケースはあるそうですが、チームぐるみで使うのは珍しいとか。その上、初戦の相手である星稜もこの試合限定ではあるものの木のバットで応戦するといいます。この試みが今後どうかかわってくるか、楽しみにみてみたいです。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

84件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>