ジャニーズ事務所のジャニー喜多川代表が9日に87歳で亡くなり、翌日はニュース番組も情報番組もこの話題一色になりました。また、スポーツ紙は中日の石橋選手が高卒ルーキーとしてセ・パ分立後球団初となるスタメンマスクをかぶり、プロ初安打初打点の活躍をみせた試合を1面にした東京中日スポーツ以外の5紙がトップの扱いになりました。本当に大きな出来事なのかと実感しました。

60年近くの長きにわたって、しかも途切れることなく時代をリードするアイドルを送り出してきたジャニー代表の千里眼というか時代感覚は誰もまねできないかもしれません。ジャニーズ全体でミリオンセラーとなった作品数は12、私は意外に少ないと思いました。だって、AKB48だけで40作近くになるし、乃木坂46、欅坂46に広げて秋元康プロデュース作品のミリオンを数えれば50を超えてしまいます。ただ、歴史的な背景が違っているため単純に比較するのは乱暴かもしれません。48グループと坂道シリーズの場合は握手券や選抜総選挙の投票権目当てに何枚も買う人がいるから簡単にミリオンセラーにできるという特殊性があるとはいえ、時代的に言えばCDやダウンロードで音楽を気軽に楽しめる状況になりミリオンセラーが出やすくなりました。しかし、ジャニーズで初のミリオンセラーが生まれた80年代は現代と比べるとまだ気軽とは言えず、この頃に達成したミリオンセラーというのは世の中に本当に知れ渡った証拠と言えるかもしれません。また、秋元プロデュースのグループは知名度の広まり方が限定的というか深く狭いのに対して、ジャニーズの場合は深く広く知名度が広まっていくのでミリオンセラーの作品数が秋元作品の4分の1以下であっても影響力が大きいような気もします。

48グループの研究生は全体で100人程度ですがジャニーズJrは300人もいるとか。48グループの場合は正規メンバーになればチームAなどといったチームのどれに入るかというだけになりますが、ジャニーズの場合はジャニー代表が適材適所を見極めたうえで新たなグループを次々と作っていたとか。交換留学という形で乃木坂のメンバーがAKBに一時的に加わったりAKBのメンバーがSKE48のメンバーを掛け持ちをしたりするようなケースがあっても48グループの一員という位置づけが変わることはない。一面的という感じでしょうか。それに対してジャニーズの場合はグループそれぞれのコンセプトを明確にしていって多面的なアクションをしていけた。それがジャニーズの強みだったかもしれません。ジャニーさん亡き後のジャニーズでもこのような展開を続けていけるのでしょうか? 欽ちゃんこと萩本欽一さんが追悼のコメントで「たくさんアイドルを育てたけど一番大事なジャニーさんを育ててないよとツッコみたい」と記していたのが印象に残ります。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
1月27日の夕方、NHKで大相撲初場所千秋楽が中継されている最中に「人気アイドルグループの嵐が来年いっぱいで活動を休止することをファンクラブ会員向けサイトで発表」と速報をうち、その日の夜にメンバー5人揃っての会見が行われました。特にNHKラジオでは夕方5時のニュースをこの日の全取組終了後に放送する予定でしたが、関脇・玉鷲の初優勝が確定したあととはいえ取組が2番残っている状態で速報をうつというドタバタぶりでした。

それにしても驚きました。2020年12月31日までということですから2年弱の猶予がありますが、活動休止という区切りへのカウントダウンが始まったわけです。去年9月に活動を終えた安室奈美恵さんの場合は「引退」へのカウントダウンは1年で経済効果は300億円といわれていましたが、嵐の場合は2年で500億円以上になるとか。他の周辺的なものを含めれば3000億円までに経済効果が膨らむという試算もあります。いやぁ、SMAPの解散や48グループの選抜総選挙での経済効果も足下に及ばないのではないかと。

2年という時間はスポンサーや放送局とのやりとりをスムースにできるようにするため、そしてファンへ感謝の気持ちをくまなく伝えるための時間と考えているとか。会見の中でこの時間設定について誠意に欠けるという指摘をした記者がいたことが話題になっていましたが、もしかしたら記者としては「安室ちゃんが引退までのカウントダウンで1年という時間を設定して十分な活動を出来たから2年のカウントダウンなんて長すぎる。活動休止の意思を翻意して芸能界全体を混乱に陥れるようなことがあったらどうするつもりか?」と考えていたのかなと思います。といっても、誠意を持って事細かに休止に至るまでのことを説明してくれたことで納得できた人が多かったのではないかなと。物騒な言い方をするならSMAPのようなハードランディングではなくソフトランディングできたのが良かったのかなと思います。

テリー伊藤さんは「これからも普通に嵐に接していればいい」とテレビ番組で発言していたそうです。私も同じ意見です。2020年12月31日がどんな日になるのか、とにかく迎えてみてから感じることでしょうから。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨年限りでTBSがラジオの野球中継のレギュラー放送を取りやめたため、プロ野球のラジオ中継の体制がいろいろなところで変化しています。

なぜ変化が起きているかと言えば、TBSに同調した系列局がなかったからのようです。ラジオのことでコメントを書き込んでいるメディア系ブログのオーナーに言わせれば「ナイター以上に聴取率を獲っている番組があるなら、小さなパイを取り合う意味はない。だからTBSがナイターから撤退する判断は正しい」とか。ただ、一方でラジオの野球中継は魅力的なコンテンツであることに変わりはないという見方もあるためか同調して野球中継を辞めた放送局はなかったようです。

TBS系列の地方局は巨人戦についてはラジオ日本、西武戦・ロッテ戦については文化放送と提携することになったため(DeNA戦は基本的にTBSが地方局向けにアナウンサーと解説者を立てて放送)、TBSラジオでしか聴けなかったアナウンサー・解説者の声やTBSで作成したチャイムが文化放送で聞かれるようになりました。地方局では当然逆のケースが見られています。中でも印象的だったのは福岡でホークスの日本一をTBSラジオの放送で実況したことのあるアナウンサーが実況した、文化放送にもネットされたソフトバンク-西武の中継。ある程度ライオンズファンに気を遣ってしまって勝手の悪い放送になってしまうと思いきや、TBS時代と同じようなテンションでソフトバンクの得点や好プレーを伝えていました。ある意味安心しました。

文化放送のアナウンサーが西武の得点や好プレーを熱いテンションで伝えるようにTBS系列のアナウンサーは地元チームのプレーを熱いテンションで伝えているイメージがあったので、それが維持できていると感じられたわけで。こういう地方の特色が出る野球中継って、文化の域に達している気がするんです。なるべくこの火が消えないことを祈るばかりです。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
またパラリンピックの話をば。といっても、テレビの取り組みの話です。

NHK総合テレビで平日の夜11時台に放送している「ニュースチェック11」は放送中に視聴者の意見をツイッターで募集し、それをテロップ表示しています。そのテロップを見ていると明るい見立てを語る政治家や企業人に「甘い! 庶民の気持ちをわかってない!」と一喝しているように見えるものもあれば、出演者のコメントをネタにした大喜利のようなものもあって千差万別。スポーツニュースに関しても色々な意見が届けられています。そんな中気になったのはパラリンピックのこと。「テレビでもっとやって」「テレビでもっと放送して」というテロップが12日あたりからひんぱんに出ているんです。

オリンピックと同じように総合テレビとBS1で朝9時から深夜0時までみっちり放送して欲しいのか、民放でも中継して日本勢の戦いをできる限り多くリアルタイムで見られるようにして欲しいのか、言いたいところはいくつも考えられますが、「NHKだもん。オリンピックでやれることをパラリンピックでもできるでしょ?」という考えに集約されるかもしれません。競技数、種目数がオリンピックより少ないし朝からメダルがかかるような大きな競技がたくさん行われるわけではない。そういう状況を差し引いたとしても、物足りなさを感じる人がいるのはそういう気持ちでいるからかもしれません。ツイッターを使う人の意見ですから「『もっと見たい人はネットで見て』という感覚はけしからん」というわけではないかと思いますが、パラスポーツを何の気なしにテレビで見るためにはオリンピック並みの放送の質ではなくて量が必要だろうという意見を視聴者の多くが抱いているのかもしれません。

オリンピックと同じくらいの質があればいいと言えるようになるのは、量に満足ができてからということでしょうか。2020年の東京大会ではホストブロードキャストととしてやらなければならないという後ろ向きの理由になるかもしれませんが、恐らく民放でも競技のライブ中継が始まると思います。そこで庶民とパラスポーツの間にある隙間をどこまで埋められるかが問われるでしょう。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
オリンピックが終わって2週間ほど経過しましたが今度はパラリンピックの番。9日から韓国の平昌でパラリンピックが始まります。リオ大会まで積極的に放送していたスカパーや民放は目立ったことをしないようですが、NHKでは地上波・BSの中継に加えて、webでの配信にも力を入れていくとか。

パラリンピックのテレビ放送が本格的に始まったのは1998年の長野大会だったと記憶しています。ただ、当時はまだ生中継はほとんどなく、デイリーダイジェストで1日の競技の結果をまとめて伝えていました。当時、準備に手間取ることが多くスケジュール通りにはいかないので競技の生中継は難しいといわれていましたが、今回は当日の昼間に行われる競技の多くは生中継されるようになるとか。隔世の感があります。おととしのリオ大会でもNHKでは地上波のサブチャンネルなどで生中継をやっていましたが、冬季大会でもこの流れが続いているようですね。ただ、リオ大会ではあったラジオ中継は予定されていないようです。NHKがリオで初めてパラリンピックのラジオ中継をすると知った時には「ついに来たか」とわくわくしたものですが、冬の大会はまだのようです。

webでのライブ配信もいいですが、テレビのように誰でも簡単に接することができる環境が整うようになればパラスポーツと庶民の距離はどんどん近くなるはず。今、パラスポーツの注目度はパラリンピックがあるたびに来るブームで終わってしまうかもしれません。でも、ブームが来るたびに知名度が高まって、オリンピックと同じくらいの位置づけになることだってあり得るのではないでしょうか。
不謹慎な言い方ですが、パラスポーツの美人アスリートがメディアで多く取り上げられ、競技会の会場に追っかけが現れるなり、「激ヤバお宝○○」とか「セクシー流出○○」と銘打たれる写真誌でセクシー美女アスリートと紹介されるなりしてくるとまた知名度が高まってくるかもしれません。とにかく、パラリンピックも楽しみにしていきましょう。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

22件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 >>