昨年は春が90回、夏が100回と高校野球の甲子園大会が相次いで節目を迎えましたが、今年は社会人野球の都市対抗大会が90回の節目を迎えました。春のセンバツ高校野球よりも2年遅く1927年(昭和2年)にスタートしましたが、戦争による中断期間が短かったためセンバツよりも2年早く92年目で90回目の大会を迎えました。

でも、気になるのは都市対抗野球が「社会人の甲子園」ともいえるはずなのに高校野球ほどのムーブメントがなかなか起きないように見えることです。会場の東京ドームの周りはカードによっては巨人戦に負けずとも劣らずの人出があるんです。ただ、メディアの注目度には何となく温度差を感じるんです。前にも言ったことがあるかと思いますが、ここ数年は開催期間が夏の甲子園を目指す高校野球の地方大会と被ることが多く、東京ドームに出場チームを送り出している県の地元新聞の扱いが高校野球の県大会よりも明らかに小さいという県もあるとか。実業団チームが幅を利かせているからか、その企業にゆかりのある地域しか盛り上がらず、学校からかなり離れていても県内にあるからと応援ムードができる高校野球のようにはいかないようなんです。「都市対抗」だからそれでいいと思う人もいるかもしれません。でも、「企業城下町にいればいやが上にも盛り上がるけど、川を渡れば企業の恩恵を受けているわけじゃないから盛り上がる義理も義務もない」と突き放してしまう人がいると高校野球よりも扱いが小さくなってしまうのかもしれません。

ドラフト候補と言われるような力のある人が出てきても高校野球の注目投手やスラッガーの方が注目度が高いこともあります。「甲子園で活躍したあの人が都市対抗に出た」という触れ込みになれば注目度が出てくることもあります。ただ、甲子園に出たことない人だと注目のされ方は大きくないんです。地元高校・大学出身者が同じ県内の実業団に入って都市対抗に出るとなればその人を中心に盛り上げることだってできるはずなのに、ともどかしくなることもあります。

いろいろとぼやいてしまいますが、都市対抗90回を迎えるにあたって社会人野球賛歌「我街(われら)の誇り」が作られたことに今、期待しています。都市対抗野球の大会歌ではありませんが、センバツ高校野球の大会歌として「今ありて」が65回大会を記念して1993年に作られた時みたいに浸透してくれれば、都市対抗への人々の見る目が変わるだろうと思っています。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ジャニーズ事務所のジャニー喜多川代表が9日に87歳で亡くなり、翌日はニュース番組も情報番組もこの話題一色になりました。また、スポーツ紙は中日の石橋選手が高卒ルーキーとしてセ・パ分立後球団初となるスタメンマスクをかぶり、プロ初安打初打点の活躍をみせた試合を1面にした東京中日スポーツ以外の5紙がトップの扱いになりました。本当に大きな出来事なのかと実感しました。

60年近くの長きにわたって、しかも途切れることなく時代をリードするアイドルを送り出してきたジャニー代表の千里眼というか時代感覚は誰もまねできないかもしれません。ジャニーズ全体でミリオンセラーとなった作品数は12、私は意外に少ないと思いました。だって、AKB48だけで40作近くになるし、乃木坂46、欅坂46に広げて秋元康プロデュース作品のミリオンを数えれば50を超えてしまいます。ただ、歴史的な背景が違っているため単純に比較するのは乱暴かもしれません。48グループと坂道シリーズの場合は握手券や選抜総選挙の投票権目当てに何枚も買う人がいるから簡単にミリオンセラーにできるという特殊性があるとはいえ、時代的に言えばCDやダウンロードで音楽を気軽に楽しめる状況になりミリオンセラーが出やすくなりました。しかし、ジャニーズで初のミリオンセラーが生まれた80年代は現代と比べるとまだ気軽とは言えず、この頃に達成したミリオンセラーというのは世の中に本当に知れ渡った証拠と言えるかもしれません。また、秋元プロデュースのグループは知名度の広まり方が限定的というか深く狭いのに対して、ジャニーズの場合は深く広く知名度が広まっていくのでミリオンセラーの作品数が秋元作品の4分の1以下であっても影響力が大きいような気もします。

48グループの研究生は全体で100人程度ですがジャニーズJrは300人もいるとか。48グループの場合は正規メンバーになればチームAなどといったチームのどれに入るかというだけになりますが、ジャニーズの場合はジャニー代表が適材適所を見極めたうえで新たなグループを次々と作っていたとか。交換留学という形で乃木坂のメンバーがAKBに一時的に加わったりAKBのメンバーがSKE48のメンバーを掛け持ちをしたりするようなケースがあっても48グループの一員という位置づけが変わることはない。一面的という感じでしょうか。それに対してジャニーズの場合はグループそれぞれのコンセプトを明確にしていって多面的なアクションをしていけた。それがジャニーズの強みだったかもしれません。ジャニーさん亡き後のジャニーズでもこのような展開を続けていけるのでしょうか? 欽ちゃんこと萩本欽一さんが追悼のコメントで「たくさんアイドルを育てたけど一番大事なジャニーさんを育ててないよとツッコみたい」と記していたのが印象に残ります。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
現地時間の1日、アメリカ・メジャーリーグが大揺れに揺れました。大谷翔平選手が所属するエンゼルスの先発投手陣の一角を担っていたスカッグス投手が遠征で訪れていたテキサス州の宿舎で急死したのです。この日にも試合が予定されていましたが、エンゼルスの対戦相手だったレンジャースの関係者が中止にすることを発表し監督が弔意のコメントを発表するという異例ずくめ対応がとられました。翌日の試合は行われましたが、エンゼルスの選手や監督はスカッグス投手の思い出話をかわしてから試合に向かったとか。事件性はないといわれていますが死因はわかっていません。

今回は死因がまだわかっていませんが、1980年代あたりだとアスリートの突然死の原因としてドーピング違反になる薬物の過剰摂取が疑われることがありました。ドーピング検査では違反が見つからなかったのに突然死のあとに検死してみると薬物摂取のあとが見つかったということがあり、フェアプレーの担保のためだけでなくアスリートの生命を守るためにもドーピングをやらせないようにしようという考えが広まりました。そのおかげか、最近でこそこういう原因とみられる突然死が少なくなりました。
また、一般の人より脈拍が少ないのに血液の拍出量が多い、いわゆるスポーツ心臓で引き起こされるという循環異常で突然死したという人も昔はいました。ただ、最近は運動量を心拍数に合わせてコントロールして負担を少なくするように考慮する仕組みが構築されるようになって突然死が一時期よりかはなくなってきたような気がします。こういった取り組みの精度を高めていくことがスカッグス投手のような人を出さないようにする足掛かりになるかもしれません。

ただ、新手のドーピングが原因で命を落としたという人が現れないとは言い切れません。それに極限以上の鍛錬にこだわる人が全くいないとは言い切れません。当事者意識がないところで言ってしまいますが、こういったことを遠ざけるための努力をするのが当然だと思われるような人が圧倒的多数になることを祈る以上のことはありません。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
FIFA女子ワールドカップフランス大会でなでしこジャパンは25日の決勝トーナメント1回戦でオランダに1-2で敗れ、3大会連続のベスト8とはいきませんでした。決勝トーナメント1回戦だけに限ればここ一番での詰めの甘さが攻撃でも守備でも出てしまったかと思います。守りの面では致命傷になったPK献上という形で出てしまったわけだし。

今回のなでしこジャパンの顔ぶれを見ると、高倉体制下でU-17女子ワールドカップを優勝を経験した選手がいたとはいえワールドカップ未経験が過半数。それにけが人続出で戦術練習が不十分では…という報道もあったし、戦列復帰のめどが立たない選手を選出したことへの批判的な意見もありました。優勝できなくてもせめてメダルを、という期待をかけていたファンも多いかもしれませんが、来年の東京オリンピックでの捲土重来への足掛かりがいろいろな意味でできたと考えた方がいいかもしれません。そんな中、新たな構想も明らかになりました。

27日付のスポーツ報知によると、JFA(日本サッカー協会)がなでしこリーグのプロ化を再来年にも実行させるように準備を進めるというんです。現在なでしこリーグ自体は完全なプロリーグになっていませんが、INAC神戸レオネッサのようにトップチームの選手全員とプロ契約しているチームは別にして、一部の選手と個別にプロ契約を結んでいるのが現状です。プロ化が実現すれば、国内の女子スポーツリーグとしては女子プロ野球、卓球のTリーグに続くもので、バスケットボールのWリーグ、バレーボールのVリーグの先をいくことになります。

女子サッカーの場合はJリーグクラブの傘下にいる女子チームが多くいるのでハードルは高くないでしょう。ただ、下部組織の育成機構を男子並みにしっかりさせたものにしないとプロ組織として長く続けることができなくなるかもしれません。その辺のことはINACや現在2部のスフィーダ世田谷のようにJクラブの母体がない女子だけのクラブには難しい部分になるかもしれませんが、足並みをそろえられればヨーロッパの有力リーグと同じくらいの力を持つことだって可能でしょう。そして、日本を目指す大物選手が現れるのが普通になるかもしれません。そういう意味では夢のあるプランでしょうか。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
まずは先週お話しした久保選手のこと。レアルマドリード入りが決まったそうです。この際、ヤンキースでホームランアーティストとなりレッドソックスのファンを黙らせたベーブルースのように、バルサのファンを驚かせ黙らせる活躍をしてもらいましょう。ただ、「レアルに行った久保はバルサに優勝できなくなる呪いをかけた」なんて言われないようにしてほしいですが。

さて、今回はまたダゾーンの話を。プロ野球の巨人戦中継を始めたために注目度が高まったわけですが、いささか気がかりなことがまた見えてきた気がします。サッカー日本代表が招待を受けて参加している南米選手権・コパアメリカがダゾーンのみの放送になっているんです。私の考えが古いのかもしれませんが、日本代表戦が地上波・BSで見られないのはどうなのかなと。オリンピック代表候補が中心であるとはいえA代表の試合が見やすい状況にないって…。

去年10月に行われたボクシングの村田諒太選手のWBA世界ミドル級王座防衛戦がダゾーンでしか見られないと知った時にはがっかりしたのを覚えています。井上尚弥選手の海外防衛戦がWOWOWで生中継されたあと同じ日の夜(プライムタイム)にフジテレビが録画放送したように、ネットニュースなどで村田選手が負けたのを知ったとしても、ダゾーンの生中継の後にプライムタイムあたりで地上波で見られればと思いました。女子プロテニス協会主催のWTAツアーもダゾーン独占で大坂なおみ選手の試合もまた、CSのGAORAやNHKのBS1で放送される錦織圭選手の試合よりも見やすくないですね。深夜の録画放送であっても大坂選手の試合を地上波で見られればと思う人、少なくないと思いますが。

さて、サッカーに話を戻します。今回のコパアメリカは女子ワールドカップと日程的にぶつかるから地上波・BSでフォローできないという理屈も成り立つでしょう。が、地上波なら女子ワールドカップを放送しているフジテレビ以外の局が名乗りをあげればいいでしょうし、BS・CSならトゥーロン国際大会と女子ワールドカップを抱えるNHKやJ SPORTSでなくWOWOWやスカサカがやれるように調整して、インターネットを使わなくても気軽にみられる代表戦のメリットを守れるようにしてほしいと思うのは私だけでしょうか? スマホでもパソコンでも気軽にみられるからこだわる必要はないというのでしょうか? いろいろ悩みます。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

485件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>