今日は感動した本を紹介させていただきたいと思います



アメリカンピットブルという犬に興味があり、去年の1月にちょうど大阪にいたので、ネットで調べた京都のグローリー犬舎というブリーダーさんのところに家族でお邪魔しました



突然なのに厚かましくご自宅に入らせてもらい、1時間以上話を聞かせて下さいました



うちは闘犬ではなく家庭犬の血統のピットを育てているので、世間の悪いイメージのこの犬の誤解をなんとか解きたいと話しておられました



グローリーさんの初代犬のタッズについて書かれた『タッズよありがとう』という本をぜひ皆さんに読んでいただきたいです



一気に読んでしまいましたが、感動して何度も泣きそうになりました



グローリーさんが言われるには、日本は犬を殺す国なので、すべての犬を殺さずに済むようペットシェルターを作りたいのだそうです



保護されて飼い主や里親が見つからない場合、1週間で殺処分はどう考えても非情ですもんね



出来ることがあれば協力していきたいです



皆さんもどうぞよろしくお願いします

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1