こんばんは。
大道具作りが、完成目の前です。

1c24a859.jpg 私はつくづく大道具の才能がないと思います。
板切って、金槌トンカチやればできるだろうと思っていました。
実際、試合の大道具はそんな感じで作っていたのですが、芝居における大道具は芝居中何気なく開けるドアだけでも、実物と同じ雰囲気を出すために、どれだけの完成度が求められるか、今回身をもって知りました。
知っただけで、それに完成度は伴っていませんので“広田頑張りましたけど大雑把だね”と、ご愛嬌で勘弁してください。

これは劇中使うトイレのドアです。
ドアノブの取っ手から、蝶番まで全て自分でつけたため、釘は曲がって打たれているわ、ねじ山はつぶれるわで、かなり破壊感漂っています。
今日はペンキも塗りました。
これがけっこう体力仕事で、ベストキットの修行シーンさながら、手首のスナップを利かせて塗ってみました。
芝居では、急遽もう一曲歌を歌うことになり、作詞と振り付けにも終われることになり、ますます充実してきております。

それから、GAORAさんで放送中のインフォメーション番組では、一足先に鶴見亜門さんとのコラボレーションが実現しておりますので、お楽しみに。
それでは、また次回。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・公式サイト更新
2006年09月19日  [Web全体に公開]
・割れ目からヒダ
2006年09月21日  [Web全体に公開]
【閲覧中】大道具完成間近
2006年09月26日  [Web全体に公開]
・歌トレ
2006年09月29日  [Web全体に公開]
・マッスル
2006年10月02日  [Web全体に公開]

3件のコメント


  1. by on 2006年9月26日 @16時58分



    さくら〜!ファイツ〜!




  2. byポンスケ on 2006年9月26日 @22時48分



    ドアの補強、綺麗な仕上がりですね。




  3. byミート on 2006年9月28日 @22時16分



    ちょうつがいって、蝶番とかくのですねー(゜-゜)

    いやー勉強になりますなぁ(^^;)

    これからは、蝶番さくらさんと呼ばせていただきやすo(^o^)o

    なんちってーp(^-^)q



ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。