ナンパ韓国人と話をしつつ一時間ほど走り、
そろそろ日も暮れだした頃、バスはいよいよカウサン周辺にやってきました。
この時期(4月13・14・15日)のタイは、
ソンクラーンというタイ旧暦の正月祝いの時期です。
そこで何をやるかというと、国中が3日間、誰彼構わず水を掛け合うのです。
毎年その祭り目当てに来る観光客もたくさんいて、街は人の海と化すそうです。

この日はソンクラーンの前日、いわば日本の大晦日みたいなもので、
車窓の外はすでに踊りまくっている人の群れや、
警備隊、タイ名物の屋台などで大騒ぎになっていました。

「うおー!!タイに来たぞー!」

私はすぐにでも叫びたい気持ちでしたが、それをグッと抑え、
韓国人男性に口説かれている知的な日本人女性を演出していました。
そしてバスは目的地停留所に着くと、ポンピングブレーキで静かに停まりました。
…と言っても、車内放送がバス停の名前を言ってくれるわけでもなく、
添乗員が教えてくれるわけでもないので、
なんとなくここかな?という勘で判断し、降りる事にしただけです。
すると、驚いたことに車内に乗っていたいろんな外国人たちが一斉に私に向かって、「ここがカウサンですか?」「ここで降りればいいんですか?」と、
それぞれの国の言葉で聞いてきました。

知るかよ!私が聞きてえよ!

私はそう言いたいのもグッと抑え、
同時に知的日本人女性の演出が成功したことを密かに喜んだのでした。

荷物を肩に担ぎ、バスのステップを一歩一歩踏みしめる私。
降りた。
ついにカウサンの地へ降りた。

しかし、降りた瞬間に祭りの物凄い人ごみに流されました。
そのおたおた加減たるや、スターウォーズのC3POです。
同じホテルに泊まるといっていた韓国人はどうしたかと振り向くと、
なんと2人はバスから降りるや私のことには目も触れず、
仲睦まじげに手をつないで人ごみに流れて消えていきました。

ホモだったのかい!!

どうりで一人の男性の方がつまらなそうに怒っていた訳です。
さすがタイ(色んな意味で)
まあ、同じホテルに泊まる気は毛頭なかったのでいいですけど。
さあ、気を入れ替えてこの人ごみをかき分けて進むことだけに集中しよう。
目指すは電話BOX。
いよいよあの人に連絡を取るのです。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・タイ在記 入国〜カウサンへの道-3
2007年06月17日  [Web全体に公開]
・選挙特番blog
2007年06月18日  [Web全体に公開]
【閲覧中】タイ在記 入国〜カウサンへの道-4
2007年06月19日  [Web全体に公開]
・タイ在記 合流−1
2007年06月24日  [Web全体に公開]
・タイ在記 合流−2
2007年06月30日  [Web全体に公開]

6件のコメント


  1. byぶんぶん on 2007年6月19日 @21時13分



    ホテル王、玉の輿計画、残念でした。

    で、本当にカウサンの地?だったんだよね。




  2. byほげ〜 on 2007年6月20日 @0時29分



    短い間隔だといいですね。

    異国情緒がわいてきます。

    イイヨ〜!イイヨ〜!(-o-)ノ




  3. by〆鯖 on 2007年6月20日 @8時35分



    オチはホモですか…

    あの人とは誰?

    +(0゜・∀・) + ワクテカ +しながら待ってます




  4. byくるりん on 2007年6月21日 @6時21分



    C3POの大冒険ですね!

    (笑)

    いよいよあの人…?

    誰だろう……世津子さん?




  5. byポンスケ on 2007年6月22日 @2時43分



    小説を読んでいるみたい。それから?それから?




  6. byサム on 2007年6月22日 @22時48分



    カウサンのあの人?誰だろ?知り合いの女子プロレスラー…がカウサンに居るわけないし謎だ 知り合いが居るとは言っても文化も言葉も違う国に行った事自体も謎だ(‾∀‾)



ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。